風俗の面接攻略ガイド

風俗の体験入店制度とは?応募から体入までの流れを徹底解説!

2019年5月24日

いざ風俗のお仕事を始めようと思っても、どのようなお仕事内容なのか、本当に自分でもできるお仕事なのか不安に思っていませんか?

そんな女の子のために、風俗店には「体験入店制度」が用意されています。

体験入店は、実際に店舗で働くことができるので、お店と自分の相性が合っているかどうか、店舗の集客力などを見ることができるチャンスでもあります。

今回の記事では、そもそも体験入店とはどのような制度なのか、体験入店するメリットや注意点などを分かりやすく解説していきます( ´∀`)bグッ!

風俗の体験入店ってどんな制度?

風俗の体験入店ってどんな制度?

風俗の体験入店は、一言で説明すると、実際にお店のお仕事を体験することができ、正式に入店するかどうかを決めることができる制度のことです。

一般的には、体験入店のことを略して「体入」という呼び方をすることが多いですが、1日だけお試しで働けるので、お店と自分の相性を事前に確認することができます。

お店によっては体験入店期間を3日、もしくは1週間に設定している場合もあるので、もし気になる女の子は面接時に確認してみてください。

体験入店が始まれば、お店側がお客様を1人か2人つけてくれます。

その際、お店の常連客や新人風俗嬢の扱いになれているお客様をつけてくれるので、安心して体験入店することができます。

体験入店期間中のお仕事内容は、正式に入店してからのものと同じ内容になります。

風俗の体験入店は、こちらがお店の雰囲気や客層を知ることができる良い機会でもありますが、逆にお店側から「この女の子は真面目に働いてくれそうか」など見極められる機会でもあります。

もしこの体験入店期間中に、お店やお客様からの評価を上げることができれば、入店後に大きなメリットがあるので、風俗で稼ぎたい女の子はしっかりと頑張るようにしましょう。

ふう子
体験入店期間中に働いた分のお給料は、その日のうちに現金で受け取ることができますよ。

風俗求人の応募から体験入店するまでの流れ

風俗求人の応募から体験入店するまでの流れ

次は、風俗求人の応募をしてから体験入店するまでの流れを解説していきます。

基本的には、以下の4つのステップを踏んでから体験入店することになります。

  1. 応募
  2. 面接
  3. 入店準備
  4. 講習
  5. 体験入店

1:応募

風俗店で体験入店をするには、まずは求人に応募をして面接を受けなければいけません。

もし風俗求人サイトで気になるお店を見つけたら、電話かメールでお店に問い合わせをしてみましょう。

その際、当サイトでご紹介している風俗求人サイトから問い合わせをすれば、こちらの連絡先を知られることなくお店側とやり取りすることができるのでおすすめです。

最近では、LINEなどのアプリから気軽に応募できる風俗店も増えています。

この応募連絡の際に面接日時を調整することになるので、あらかじめ自分の都合の良い日時の候補をいくつかピックアップしておきましょう。

2:面接

面接当日になったら、事前に約束しておいた場所に出向いて面接を受けます。

通常は、お店の事務所で面接することがほとんどですが、最近では出張面接をしてくれるお店も増えています。

例えば、自分の家から少し離れたところで面接をしたい、いきなり風俗店の事務所に行くのが不安なのでカフェで面接をしたいなど、希望があれば事前に伝えておきましょう。

しかし、ふう子はお店の事務所で面接を受けることをおすすめします!

お店の雰囲気や待機場所などを見ることができますし、面接後にすぐに体験入店することもできるからです。

即日体験入店を希望する場合は、応募連絡の際にスタッフに伝えておくとスムーズです。

3:入店準備

面接が終わったら、次は入店するための準備を行います。

お店のホームページに載せる写真の撮影やプロフィールの制作、お仕事内容の説明をこのときに受けることになります。

風俗未経験の女の子の場合、お店のスタッフが丁寧にお仕事内容を説明してくれますので、何か分からないことがあればしっかりと教えてもらいましょう。

4:講習

風俗店の講習では、お客様を接客するときの具体的な流れや実技のやり方などを教えてもらえます。

お店によっては実技講習をせずに口頭でお仕事内容を説明したり、マニュアルやDVDを使って講習するところもあります。

ひと昔前の風俗店では、店長や男性スタッフが実技講習するところがほとんどでしたが、最近では先輩風俗嬢や女性講習師が講習を担当するケースが増えています。

ちなみに風俗バイトの経験がある女の子なら、実技講習は省略してもらえることもあります。

5:体験入店

講習が終わり次第、いよいよ体験入店として実際に働いていきます。

体験入店は、そのお店のお仕事をやっていけそうか、そのお店で本当に稼げるのかをチェックする大切な機会です。

初めてお客様と対面するときは緊張すると思いますが、一生懸命接客するようにしましょう。

もし接客中に何か困ったことがあれば、お店に電話をすればすぐにスタッフが駆け付けてくれるので安心です。

体験入店が終わった後は、そのお店に正式に入店するのかどうかをもう一度しっかりと考えるようにしてください。

面接後に体験入店の打診がない場合

通常、面接が終わった後に、そのまま体験入店をしてみないか聞かれることがほとんどです。

もし体験入店の打診がない場合や面接の結果をその場で教えてもらえなかった場合は、不採用になった可能性が高いので注意が必要です。

風俗店で体験入店するメリット

風俗店で体験入店するメリット

風俗店で体験入店するメリットをまとめると以下のようになります。

体験入店は、そのお店のことを知る絶好のチャンスでもありますし、他にも色々とメリットがあるので積極的に体験入店するようにしてみてください。

お店の雰囲気が分かる

実際に体験入店してみることで、お店の雰囲気や居心地の良さ、働きやすさなどを詳しく知ることができます。

そのお店の待機場所が、どのようになっているのかも直接見ることができるのは大きなメリットです。

備品の補充がきちんとできているか、店舗の清掃状態なども見ておくと、お店のスタッフへの教育状態なども知ることができます。

正式に入店してみてから、「こんなはずじゃなかったのに・・・」といった事態を前もって防ぐことができます。

在籍している女の子の様子が分かる

ふう子は今まで様々な風俗店で働いてきましたが、女の子同士の仲が良いお店もあれば、いつも女の子同士がギスギスしているお店もありました。

実際に体験入店してみることで、在籍している女の子の様子がよく分かります。

いくらお給料や待遇の良いお店であっても、待機室の雰囲気が悪いお店では働きたくないですよね。

また、在籍している女の子のレベルなども分かるので、自分がそのお店でどれくらい稼げそうなのかある程度は判断することができます。

お店の客層が分かる

実は、お店の客層は、その風俗店がある地域やお店の価格帯などによって全く違います。

面接で説明を聞くだけでは、そのお店の客層まではなかなか分からないので、実際に体験入店してみることはとても大切です。

どのようなお客様がそのお店を利用しているのかを詳しく知ることができるのは大きなメリットです。

体験入店期間中は待遇が良くなる

風俗の体験入店期間中は、お店のスタッフが積極的にお客様をつけてくれるというメリットがあります。

そのため、体験入店さえすれば必ずお給料を持って帰ることができます。

また、体験入店期間中はバック率を上げてくれたり、保証をつけてくれたりするお店もあります。

風俗求人サイトを見ていると、「体験入店保証金5万円」などと書かれた文言をよく見かけませんか?

これは接客人数や内容に関係なく、体験入店さえすればもらえるお金のことです。

ただし、お店によっては保証金をもらうための条件を出される場合もあるので、面接時によく確認しておきましょう。

風俗に体験入店するときのチェックポイント

風俗に体験入店するときのチェックポイント

せっかく風俗業界で働くからには、ガッツリとお金を稼ぎたいものですよね。

そのためにも客入りがよくて繁盛しているお店を選ぶことがとても重要です。

体験入店するときには、正式入店した後のことまで考えて、以下のことをチェックしてみましょう。

具体的なお仕事内容について

風俗店に体験入店するにあたってまずチェックして欲しいのが、そのお店の具体的なお仕事内容についてです。

基本プレイにはどのようなプレイが含まれているのか、有料のオプションにはどのような種類のものがあるのかを確認するようにしてください。

特に基本プレイはNGにすることができないので、自分が抵抗なくそれらのプレイを行えるかどうかはとても重要なことです。

そもそも基本プレイをこなすことができなければ、後々お客様から地雷嬢扱いされたり、お店に苦情が来たりします。

そのため、風俗店に体験入店するときは、最初にお仕事内容をチェックするようにしてください。

バックの金額はいくらなのか

風俗店のお給料は完全歩合制を採用しており、お客様が支払った料金をお店と女の子で折半する仕組みになっています。

通常、お客様が支払ったコース料金の50%が女の子の取り分になりますが、お店によってはバックの金額が60%のお店もあります。

バックの金額は風俗バイトでの稼ぎに直結するので、体験入店するときに必ずチェックしておきましょう。

また、指名料やオプション代も全額もらえるお店もあれば、半分しかもらえないお店もあるので忘れないように確認しておいてください。

雑費や罰金などの引かれものがあるか

風俗店によっては、お給料から雑費が引かれる場合があるので注意が必要です。

この雑費とは、お客様を接客した際に使用したイソジンやローション、バスタオル代などの費用のことを表していますが、お店によってはこれらの費用を女の子が負担しなければいけない場合があります。

また、遅刻や無断欠勤をした場合に罰金を取られるお店もあるので、体験入店をするときにこれらの引かれものについてもチェックしておきましょう。

体験入店でお店の集客力を探る

お店の待機方法が集団待機の場合、体験入店するときに同僚の女の子の顔ぶれを見ることができます。

女の子たちがずっと暇そうにしている様子なら、そのお店はお客様が少なく、あまり稼げていない可能性が高いです。

そもそもお店が潤っていないと、そこで働く女の子も稼ぐことが難しいです。

待機中にお店の電話の音がよく鳴っているのかどうかも確認してみましょう。

もし電話の音がよく鳴るようでしたら、お客様が多い証拠です。

また、同僚の女の子たちとスタッフの連携が取れているのかどうかも探ることで、そのお店の良し悪しがある程度分かります。

お店の客層を見極めよう

通常、体験入店時には、比較的マナーの良い常連さんなどをお客様としてつけてくれる場合が多いです。

それは風俗に慣れていない女の子のために、お店のスタッフがお客様を選んで配慮してくれるからです。

そのため、体験入店時についたお客様がマナーの良い男性であるほど、お店が良い常連さんを抱えていると判断することができます。

逆に、体験入店時に酔っ払い客や本番強要を求めてくるようなお客様ばかりだったときは、そのお店の客層はかなり悪いと言えます。

客層の悪いお店は、正式に入店してからも苦労することが多いので、断ることも考えておきましょう。

スタッフの対応をチェックしよう

お店のスタッフの対応や行動を見ることで、そのお店のレベルが分かります。

まずお店のスタッフの対応がいい加減だったり、何事にもルーズなお店で働いても稼ぐことができません。

そのようなお店になるとわざと給与計算を間違えたり、お給料を誤魔化されたりすることがあります。

逆に、優良な風俗店になると、女の子が働きやすいようにきちんとフォローしてくれたり、スタッフの電話対応や言葉遣いなども丁寧な場合が多いです。

風俗店に体験入店するときは、スタッフの対応や行動をチェックしておくことで、正式に入店してからの働きやすさも変わってきます。

風俗に体験入店するときの注意点

風俗に体験入店するときの注意点

上の章でも述べたように、体験入店するときにはお給料や待遇が良くなります。

お店のスタッフも積極的にお客様をつけてくれるので、この時期に接客したお客様を大切にしておくと、正式入店後の指名やリピートに繋がりやすくなります。

体験入店はお店を観察できるチャンスでもあり、同時に自分を最大限売り込める場でもあります。

しかし、体験入店期間中に手を抜いたりしてしまうと、正式入店後には指名が一気に減ってしまい、全く稼げない風俗嬢になってしまうので注意が必要です。

また、お店側といい関係を保ちお金を稼いでいくためにも、スタッフや他の女の子、お客様にも礼儀正しく接するようにしましょう。

ふう子は、体験入店期間中にスタッフに横柄な態度をとり、正式入店後に新規のお客様やフリー客をまわしてもらえなくなった風俗嬢を今まで何人も見てきました。

ふう子
ちなみに体験入店するときは、1店舗だけ体験入店するのではなく、何店舗か体験入店したうえで働くお店を決めるようにするのがおすすめですよ。

面接当日に体験入店できない場合もある

面接当日に体験入店できない場合もある

実は、面接当日の体験入店を歓迎するお店が多い一方で、面接当日には体験入店できないお店もあります。

例えば、ソープランドの場合、初心者が講習を受けてお店のシステムを覚えるのに時間がかかるため、後日の体験入店になる場合があります。

ソープランドは実技講習をみっちりとするお店が多いので、実際に体験入店するまで一週間ぐらいかかるお店もあります。

また、面接で採用になっても、入店準備や講習などをする時間が必要なため、面接が終わってから実際に体験入店するまでだいたい2時間ぐらいかかることが多いです。

なので、もし面接時間が遅い場合は、その日のうちに体験入店をすることができません。

お店によって体験入店のシステムも異なるため、面接当日に体験入店をしたければ、応募時にあらかじめ問い合わせておくのが確実です。

体験入店に関するよくある質問

体験入店に関するよくある質問

これまで体験入店するときのチェックポイントや注意点などを解説してきましたが、まだまだ体験入店に関する疑問などが多いと思います。

そこで、ふう子がこれから体験入店してみたいと思っている女の子によく聞かれる質問についてズバリお答えしていきます。

体験入店時に働いたお給料はいつもらえるの?

風俗のお給料は基本的に全額日払いです。

そのルールは体験入店であっても全く同じなので、その日に稼いだ分のお給料は帰るときに受け取ることができます。

また、ほとんどの風俗店では現金手渡しになりますので、すぐにお金が必要な場合でも安心です。

体験入店時に入店祝い金はもらえるの?

風俗求人サイトを見ていると、「入店祝い金〇万円」とよく書かれていますが、入店祝い金とは正式に入店したときに受け取れるお祝い金のことです。

入店祝い金はあくまでも入店後にもらえるお金なので、体験入店を終えて正式に働くことを決めるまでは受け取ることができません。

もし入店祝い金を確実に受け取りたいのなら、面接の際にスタッフに入店祝い金を受け取るための条件などを確認してみるようにしましょう。

面接や体験入店に必要なものは?

面接を受けた後にすぐに体験入店したい場合は、必ず身分証を持っていきましょう。

身分証がないと体験入店することができません。

風俗の面接は普通のアルバイトと違って、履歴書は必要のないところが多いです。

また、面接に行く服装は普段着やジャージなどではなく、清潔感のあるものを着ていくと面接官に良い印象を持ってもらえます。

もし分からないことがあれば、応募するときに問い合わせて不安は解消しておきましょう。

体験入店してみて嫌だった場合は断っていいの?

風俗の体験入店は、そもそもお試しの場です。

風俗の職種柄、合う人もいれば合わない人もいるのは当然ですし、お店側もそれはもちろん分かっています。

そのため、体験入店してみて風俗のお仕事に抵抗があったり、そのお店のカラーに合わないと思った場合は遠慮くなく断っても大丈夫です。

お店側からしても、正式入店後にやっぱり合わないから辞めるってことになると、入店準備や講習などに費やした時間が無駄になってしまいます。

お店側に迷惑をかけないためにも、体験入店してみて嫌だった場合はすぐに断るようにしてください。

体入荒らしする女の子はお店側から敬遠される

体入荒らしする女の子はお店側から敬遠される

上の章でも述べたように、体験入店期間中は保証をつけてくれたり、お店側が積極的にお客様をつけてくれたりなど条件面がかなり優遇されています。

その特典を目当てに体験入店期間中だけ働いて、体験入店が終わればすぐに退店し、また別の店舗で体験入店する女の子が少なからずいます。

複数店舗でこのような行為を繰り返すのは、迷惑行為なのでやめるようにしましょう。

体入荒らしをしていると、同地域内や系列店でマークされ、そのうち風俗店で働くことができなくなってしまうので注意が必要です。

まとめ

今回は、風俗の体験入店制度について詳しくまとめてみました。

風俗のお仕事に初めて挑戦してみるのは、不安でとても勇気がいるものですが、風俗のお仕事だからといって身構える必要はありません。

まずは実際に体験入店してみて、お仕事内容を知ることが重要です。

どんなお店なのか、どんなサービスがあるのか、自分の雰囲気に合っているお店なのかどうかなど、しっかりと体験入店期間中に確認しましょう。

あなたもしっかり稼げて、自分に合う風俗店を探してみてくださいね。

-風俗の面接攻略ガイド

Copyright© 風俗バイト超入門 , 2019 All Rights Reserved.