ソープランド

ソープランドの講習内容を徹底解説!研修の流れや実技内容を紹介

2019年5月24日

風俗のお仕事の中でも、1番稼ぐことができるのが「ソープランド」です。

しかし、風俗初心者の女の子には、少しハードルが高く感じるお仕事でもありますよね。

ソープの仕事に興味はあるものの、どんなサービスをすればいいのかよく知らない。

講習を受けるって聞いたことあるけど、自分でも出来るか心配。

こういった疑問や不安から、一歩踏み出せない子も多いです。

そんな悩める女の子のために、今回は「ソープランドの講習内容」から「定番プレイの解説」までをまとめました。

是非、最後までお付き合い下さい。

ソープランドは実技講習を受けないと働けないの?

一般的に、ソープランドでは「実技講習」を受けた後でないと、働き始めることはできません。

これは風俗業界のなかでも、ソープ店ならではの決まりといえるでしょう。

そのため、採用が決まってから実際にお客様を相手にするまで1週間ほどかかる場合があります。

それを聞くと「え!合宿でもあるの?」とびっくりするかもしれませんね。

でも安心して下さい。

その1週間、みっちりと講習を受けるわけではありません。

お店と自分の都合を合わせてから、2~3時間ほどの講習を受ける場合がほとんどです。

その実技講習では、お客様をお迎えしてからお見送りするまでの一連の流れを学ぶことができます。

ソープランドのサービス時間は60分~120分と長めの設定です。

そのため、女の子の体を使った責めのテクニックの指南を受けることはもちろん。

プレイの合間のトークや、お客様を飽きさせないようにサービスするコツなど様々なことを教えてもらいます。

ソープランドのお仕事はとても稼ぎがいい仕事です。

それは同時に、その稼ぎに見合った丁寧でハードなサービスを提供できる女性になることが要求されています。

ですから「単に、本番をすればお金を貰える」という考え方では、ソープ嬢はつとまりません。

また、実技講習を受けることによって、女の子はソープランドでの仕事内容をリアルに知ることが出来ます。

実際に講習を受けてから「私にはやっぱり向いていなかった」と辞める女の子もいます。

向き不向きのあるお仕事なので、しょうがなですよね。

しかしそんな子が、実技講習を受けずにお客様をとってしまうと、どうでしょう?

例え仕事内容に抵抗があったとしても、そこで逃げ出すことはできません。

このように、実技講習は自分の覚悟や適正を確かめるための機会になります。

またお店側からしても、実技講習というハードルを設けることによって「単にお金が目的のやる気のない女の子」をふるいにかけることができます。

一旦入店してしまえば、お店側は女の子とお客様の様子を知ることはできません。

ソープランドではお客様が高いお金を払っている分、サービスが悪いとクレームも入りやすいのです。

お店はそれを警戒しています。

そして、入店前に実技講習を受けることは、ソープ未経験の女の子でもそれなりにサービスの技術を身につけることができるということ。

クレームのリスクを下げることにも繋がります。

この様に「働く前に、あらかじめ実技講習を行っておく」ということは、女の子にとってもお店にとってもメリットがあるものなのです。

ソープランドの具体的な講習内容

現在、ソープランドでは実技講習を行っている店舗が多いです。

しかし、なかには他の方法で講習を行っているお店も存在します。

現在主流となっているのは、「実技講習」「DVD講習」「口頭やマニュアルでの講習」の3種類です。

どのような講習方法なのか、具体的に見ていきましょう。

実技講習

実技講習とは、講師に直接指導してもらいながら、実際のサービスを行い体験するものです。

講師を担当するのは、お店の店長、現役ソープ嬢、実技講習専用スタッフなどお店によって様々です。

この実技講習、人を相手にするということで「恥ずかしいから嫌だなぁ」なんて思われがちです。

しかし、その羞恥心さえ乗り越えれば、他のどの講習方法よりも効率的に技術を身につけることが可能です。

とくに高級店では、高レベルのサービスが要求されるため、実技講習に力を入れているところが多いです。

稼げる体にならないと、お仕事はつとまらないということですね。

また、丁寧な指導を身をもって体験でき、その場で直接見ることができるので、実際に仕事を始める際の不安を軽減することもできます。

そして、素人の女の子でも実技講習によってテクニックが身につけることができるので、新人ソープ嬢としていいスタートダッシュをきることも可能です。

DVD講習

大衆店ではあまり高度なテクニックが求められないため、講習用のDVDを視聴するだけということもあります。

DVDには、プレイの一連の流れについての説明が収録されており、これを視聴するだけでおおまかなことは理解することができます。

そのためソープランドで働いた経験があるという女の子などは、これを見るだけでも十分プレイの内容が把握できます。

また、店舗によってはDVDの貸しも可能です。

何度か繰り返して見て理解を深めたいという子は、スタッフに声をかけて自宅で視聴することもできます。

口頭やマニュアルでの講習

店舗によっては、口頭やマニュアルでプレイ内容を説明するだけということもあります。

この方法だと講習にとられる時間が少ないので、女の子は気軽に受けることができますね。

しかし、こういった店舗はソープでありながらマットプレイが無いなど、サービスの幅が狭いお店であることが多いです。

覚えることが少ない分、簡易的な講習で済むというわけですね。

しかし、ここで注意したいのは「女の子のお給料が低い可能性がある」ということ。

マットプレイが無いソープは、短時間コース格安店ということも考えられます。

ガッツリ稼ぎたい女の子には向いていかもしれませんね。

お店によっては講習なしの場合もある

なかには、「講習無し」というお店も存在します。

このような店舗は、ソープランドでの接客経験があり、ある程度技術を持った女の子にオススメです。

講習に時間を取られることなく、すぐに仕事を始めることができます。

しかし、いくら講習が無いといっても一連のプレイの流れなどはお店のスタッフに確認をとっておいた方が安心です。

クレームやトラブルなどをあらかじめ防ぐことができます。

ソープランドで働くならマットプレイやスケベ椅子を極めよう!

ソープランドのサービスには「スケベ椅子」や「マットプレイ」など、ソープならではといわれる定番サービスが存在します。

このプレイを楽しみに来店するお客様も多いですから、これらのサービスを一通りマスターしないと一人前のソープ嬢にはなれません。

具体的にどのようなサービスなのか、見ていきましょう。

スケベ椅子でのサービス

スケベ椅子とは、お客様の体を洗う際に使う、U字に凹んだお風呂の椅子です。

座面の中心が凹んでいるため、座っているお客様の男性器や肛門を刺激することができます。

体を洗うと同時に性器を責めることに使われます。

そして、このスケベ椅子を使いながら行われるサービスとしてはこんなものがあります。

タワシ洗い

女の子のアソコの毛をタワシの様に使い、お客様体を洗うプレイです。

壺洗い

壺洗いとは、女性器を壺に見立てお客様指などを挿入し、1本1本洗うサービスです。

その際、軽く男性器の挿入なども行います。

このようにスケベ椅子に座っているお客様相手に、自分の体を使いながら様々なサービスを行います。

エッチな雰囲気を途切れさせないようにしながらも、お客様と自分の体しっかり洗うのは至難の技です。

マットプレイ

マットプレイとは、エアーマットの上でローションを使いながらお客様の体を刺激するサービスです。

肌と肌を合わせ、女の子が滑らかに動くことでお客様に快感を与えます。

もちろん、ローションでマッサージすることだけが、マットプレイではありません。

マットプレイならではの色々な体位や責め方が存在し、それらのテクニックを使ってお客様に癒やしの時間を提供します。

ここでは、代表的なマットプレイでのサービスを一部ご紹介します。

全身リップ(千流下りなど呼ばれることも)

首筋や太ももなどお客様の性感帯をリップします。

ソープでのリップは「吸い舐め」という方法が使われることが多いです。

空気も吸い込みながらチュッチュと音をたてて舐めることで、お客様はより興奮してくれます。

アナル舐め

お客様に四つん這いになってもらったり、うつ伏せになってもらったりしながら、アナルを責めます。

このようなハードなサービスを受けれるのもソープランドの特徴です。

カニバサミ

お客様に仰向けになってもらい、女の子は添い寝するように密着。

そして、女の子の太ももの裏側とふくらはぎをつかって男性器をカニのハサミで挟むように刺激します。

このようにマットプレイでは、女の子は全身をつかってお客様に奉仕します。

この間、基本的にお客様が動くことはなく、ひたすら女の子の技に身を任せることになります。

責め方の種類も大変多く、これらのテクニックをマスターするのは大変です。

また、プレイ中はお客様に体重をかけないようにしたり、バランスの悪い体勢もとることがあるため、体の動かし方に慣れるまでは時間がかかります。

筋肉痛を伴うような全身運動なので、良いサービスが出来るソープ嬢は筋肉がつき引き締まった体をしていることが多いです。

店長やスタッフ相手に本番をすることはあるの?

現在では、ソープランドの講習は「サービスの良い先輩ソープ嬢」や「元ソープ嬢のベテランの女性」を使っている店舗が大手を中心に増えています。

確かに、一昔前までは店長や男性スタッフが本番講習をするという行為は一般的でした。

そして、それと同時に自分の性欲を満たすために女の子に本番行為を要求する、悪質な経営者やスタッフの存在が問題となっていました。

しかし今の時代、ネットなどで簡単に情報を発信できるので、そのような被害が発覚すれば、たちまちお店は商売が出来なくなってしまいます。

そのため業界全体で、女の子に配慮した内容の講習を行う流れがおこっているのです。

講習相手が女性だと、女の子も安心できますよね。

また、星の数ほどの男性を満足させ、トップクラスのテクニックを持ったソープ嬢の実技講習を受けることが出来るということは、とても貴重な経験です。

お客様への気遣い、雰囲気作りやさりげない仕草など「ナマで見られるからこそ」得られるモノ多いはず。

先輩達のテクニックを直接学びたいという女の子は、是非そのような講習を行っているソープランドを探してみてください。

そして、お店側としてもベテランソープ嬢のテクニックを、若い女の子に継承させることでお店の人気を保ちたいと思っています。

実技指導は緊張のため恐縮してしまう女の子も多いです。

しかし、あなたに「教わる熱意」があるのなら、講師役のスタッフやお店の人たちも快く協力してくれるはずです。

セクハラ講習のあるお店はすぐに辞めよう!

自分が「ヌキたい」がために、男性スタッフなどが行う実技講習のことをセクハラ講習といいます。

このようなことを行う店舗は現在ほとんどありませんが、万が一悪質なスタッフなどに当たってしまうと被害にあう可能性があります。

指導の枠を超えた行為などを強要された場合は、その場から逃げましょう。

このような被害に遭わないためには、あらかじめ店舗の評判をネットで調べておくことが大切です。

「〇〇店 セクハラ講習」などと検索すればソープ嬢などの口コミがヒットするかもしれません。

怖い目にあわないためにも、事前の下調べは必要です。

他店から移籍した女の子も講習を受けた方がいい理由

ソープで働いた経験がある子でも、店舗を移った時には「改めて講習を受けるべき」といわれています。

けれども「ソープで働いた経験があるのなら、講習なんて時間の無駄じゃない?」と思う女の子は多いはず。

しかし、それでも講習を受けることをオススメするのには理由があります。

それは「お店ごとのコンセプトの違いを理解する必要がある」からです。

一言でソープランドといっても、大衆店から高級店まで様々なランクのお店が存在しますよね。

  • 学生服を売りにしている、若い女の子を揃えている店舗
  • 熟女系の落ち着いた女性を揃えている店舗

と、お店によって女の子の雰囲気も様々です。

そして、これら店舗ではそれぞれのコンセプトに合った接客が求められます。

女の子の着るものから雰囲気や仕草など。

お店によって、来店するお客様が求める「女性像」が違うのです。

例えば、お客様は上品な高級ソープに来ているのに

  • 女の子がフランクで友達のような話し方
  • 素人っぽい雰囲気でギャル

これでは期待ハズレでがっかりしてしまいます。

そしてもし、この様な女の子がソープで働くなら、若い子などを揃えている素人系の店舗のほうが人気が出るはずです。

このように、講習を受けるということは単にテクニックの向上のためだけではなく、そのお店のカラーなどを知るために行われることがあるのです。

接客内容やお客様への対応の仕方など、お店によって細かく違っていたりもします。

その違いを理解するために、ソープ経験者でも講習を受けることをオススメするのです。

どうしても講習が嫌な場合はマットなしのお店で働こう

実技講習を受けるということは、ソープ嬢として効率良く技術を学べるということです。

しかし、それがわかっていたとしても「やっぱり恥ずかしいから、実技講習は嫌だな。」という女の子もいますよね。

そんな子にピッタリなのは、マット無しのお店を選ぶということです。

マットプレイは難しいプレイでもあり、素人にはすぐに習得出来るものではありません。

そのため、実技講習のキモとなっているともいえます。

ですから、マットプレイがそもそもないお店を選べば、実技講習が不要な場合も多いです。

また、マットプレイが無いということは体への負担を減らすことができます。

まったくの業界初心者の女の子は、まずそういったお店から始めて見るのがいいかもしれません。

まとめ

ソープランドはお給料が良い分、それなりのテクニックを要求される仕事です。

覚えることも多く体力も使いますが、頑張る子には結果もついてきます。

自分が働こうとしているお店は、どんな講習をしているのかを知る、その講習は自分に合ったものなのかを考える。

そのようなことに注意して、必要な技術は効率良く身に着けましょう。

また、セクハラ講習の被害にあわないためにも、店舗の評判チェックは必須です。

今回の記事を読んで少しでも「講習への不安」が解消できたなら、自分にピッタリの店舗を探して問い合わせる事から始めてみてください。

-ソープランド

Copyright© 風俗バイト超入門 , 2019 All Rights Reserved.