本指名の増やし方

風俗で一番稼げる曜日・時間帯・時期をデリヘル嬢が徹底解説!

風俗業界で働くからには、できるだけ効率よく高収入を稼ぎたいと思いませんか?

そこで重要になってくるのが、風俗店に出勤する曜日や時間帯などです。

この記事では、現役デリヘル嬢のふう子が、風俗で一番稼げる曜日・時間帯・時期などについて詳しく解説していきますので、ぜひ覚えておいてくださいね(o^-^o)

風俗店が忙しい曜日は金曜日と土日

風俗店が忙しい曜日は金曜日と土日

同じ日数、風俗店で働いたとしても、出勤する曜日によって稼げる金額が全然違ってきます。

お店の知名度によって稼げる曜日は多少変わってきますが、風俗のお仕事はやはり平日より週末の方が稼ぐことができます!

基本的には、以下の順番でお店が忙しくなるので、もし風俗で稼ぎたいなら金曜日と土日は必ず出勤するようにしてください。

  1. 土曜日、日曜日
  2. 金曜日
  3. 月曜日
  4. 木曜日
  5. 火曜日、水曜日

土曜日、日曜日

一週間の中で一番稼ぐことができるのが土曜日と日曜日です。

会社勤めをしているほとんどの男性が土日休みなので、どの風俗店も平日と比べると客足が伸びます。

特に土曜日は風俗業界にとってかき入れ時なので終日忙しくなり、どの時間帯に出勤しても稼ぐことができます。

日曜日の夜は、次の日のお仕事に備えて家でゆっくり過ごしたい男性が増えるので、若干暇になってしまいますが、それでも平日の夜と比べると稼ぎやすいのは間違いありません。

もし日曜日もガッツリ稼ぎたければ、普段よりも少し早めに出勤するなどして対応するといいでしょう。

また、土日は金曜日の夜よりも酔っぱらっているお客様が少ないので、働きやすいというメリットもあります。

女の子によっては休憩する暇もないぐらい忙しくなってしまいますが、その分、頑張れば頑張るほど稼ぐことができる曜日でもあります。

金曜日

サラリーマンの男性は週末休みの人が多いので、金曜日のお仕事帰りに風俗街に繰り出す人がたくさんいます。

翌日の土曜日は休みなので、時間を気にすることなくハメを外したい人、一週間頑張ったご褒美に風俗を利用したい人などでお店が混み合うので、金曜日の夜はまさに稼ぎ時です。

19時から21時のゴールデンタイムはもちろん、デリヘルなら深夜の時間帯もお客様がとても多いです。

ただし、金曜日の昼間は暇になることが多いので、稼ぎたい女の子は金曜日の夕方以降に出勤するようにしましょう。

月曜日

よく週明けの月曜日は暇になりがちだと思われていますが、平日の中では意外と稼ぐことができます。

月曜日は美容師、警察官、消防士、飲食店などのサービス業で働いている男性がお休みになるので、他の平日よりもお客様が来られます。

また、月曜日は自営業の男性もお休みの人が多いので、癒しを求めて風俗にやって来ます。

もしサービス業や自営業の指名客を獲得したいのなら、あえて月曜日に出勤してみるのも有りです。

木曜日

サラリーマンの男性はあと一日出勤すればお休みになるので、木曜日の仕事帰りにサクッと風俗で抜いていこうと思っているお客様が少なからずいます。

昼間の時間帯は客入りが悪いので、出勤するなら遅番の時間帯がおすすめです。

また、木曜日は週末の混み合う曜日を避けてのんびり風俗遊びをしたいと考えている常連さんも訪れるので、リピーターの多い女の子ならお茶を引くことはないでしょう。

しかし、常連客を抱えていない女の子は、木曜日は全く稼げない可能性もあります。

火曜日、水曜日

一週間の中で特に暇になってしまうのが火曜日と水曜日です。

サラリーマンの男性はお仕事で忙しいので、とても風俗に遊びに行く余裕がありません。

もし火曜日に稼ぎたいのなら早番の時間帯、水曜日に稼ぎたいのなら午後から夜にかけての時間帯に出勤するとそこそこは稼ぐことができるはずです。

ちなみに火曜日も水曜日も遅番の時間帯は、どのお店も暇なところが多いです。

一週間の中で最も稼げる土日にお仕事を頑張るためにも、一層のこと火曜日と水曜日はお休みを取って休息するのもいいと思います。

風俗店が混む時間帯を選んで出勤しよう!

風俗店が混む時間帯を選んで出勤しよう!

次は、風俗で一番稼げる時間帯について見ていきましょう。

風俗バイトはやはり昼間に働くよりも、夜の時間帯の方がお客様の数が多いので稼ぐことができます。

フリーのお客様に関しても、だいたいどこのお店でも遅番の時間帯の方が入ってます。

その中でも、最も効率よく稼げる時間帯をご存知でしょうか?

ふう子が働いてるデリヘルを例にあげると、

だいたい19時頃から指名が入り始め、20~24時頃が最も稼げる時間帯となるため、風俗で稼ぎたい女の子は、この時間帯に合わせて出勤することをおすすめします。

ファッションヘルス、ソープランド、ホテヘルなどに関しても、夕方から深夜にかけての時間帯がやはり稼ぎ時です。

特に22時を過ぎてからの時間帯は、どのお店も混み合うことが多いです。

この時間帯はお店側も稼ぎ時なので、できるだけ多くの女の子を出勤させるようにしています。

風俗を利用する男性のほとんどが昼間は会社勤めをしていて、お仕事が終わってから風俗に来られるので当然と言えば当然ですよね。

デリヘルは深夜の時間帯が熱い!

デリヘルは深夜の時間帯が熱い!

先ほど、ふう子が働いてるデリヘルを例にあげましたが、実は他の風俗店と違って、デリヘルは「24時間営業」することが許可されています。

ファッションヘルス、ソープランド、ホテヘルなどの店舗型の風俗店は、風営法の関係で深夜0時までしか営業することができません。

その点、デリヘルは24時間営業することができるので、深夜0時で営業が終了してしまった風俗店の受け皿として男性に利用されることが多いです。

デリヘルが最も混む時間帯は20~24時にかけての時間帯だと先ほど書いた通りですが、深夜2時から明け方にかけての時間帯も稼ぎ時です。

なので、デリヘルは深夜の時間帯も稼ぐことができます!

女の子によっては朝の5時まで働く方もいるぐらいです。

また、最近ではお泊りコースを設定しているデリヘルもあるので、深夜でも稼ぎやすいようになっています。

このお泊りコースの接客時間はお店によって違いますが、一般的には5~12時間といった超ロングコースが設定されおり、一通りプレイが終わった後は寝ていてもお金を稼ぐことができます。

ふう子
もし夜中もデリヘルで働けるなら、積極的に出勤した方が絶対に稼ぐことができますよ。

風俗で稼ぎやすい日にちとは

風俗で稼ぎやすい日にちとは

風俗のお仕事は、サラリーマンの男性のお給料が出た直後もとても稼ぎやすいです。

一般企業に勤めている男性なら毎月25日がお給料日なので、月末になると曜日に関係なく客足が増えることになります。

会社によっては15日や20日がお給料日のところもありますが、ほとんどの会社は毎月25日にお給料が支給されます。

そのため、この時期を狙って働くと効率よく稼ぐことができます。

また、毎月1日から5日の間に生活保護費も支給されるので、月初めも風俗好きの男性がお店に来店することが多いです。

イベントや行事のあるときは稼ぎ時!

イベントや行事のあるときは稼ぎ時!

これまで風俗で稼げる曜日、時間帯、日付などについて解説してきましたので、最後に風俗で稼げる時期についてもご紹介しておきます。

風俗業界が忙しくなる時期は、以下の記事でも詳しく解説していますが、やはりボーナスが入るとき、大きなイベントや行事などがあるときは普段よりもかなりお客様が増えます。

関連記事
風俗の繁忙期は稼ぎ時!GWや年末年始は出勤しないと損をする!

続きを見る

これらの時期は風俗業界の繁忙期にあたるため、風俗未経験の女の子でもとても稼ぎやすくなります。

具体的には、以下のイベントや行事のときが風俗で稼ぎまくるチャンスのときなので、ふう子は必ず出勤するようにしています。

  • 夏のボーナスの時期
  • 冬のボーナスの時期
  • 年末年始
  • ゴールデンウイーク
  • お盆休み
  • 祝祭日の前日の夜
  • 大雨の日

夏のボーナスの時期

夏のボーナスが出た直後は男性の懐が潤っているので、この時期は風俗店がかなり混み合うことになります。

公務員の男性なら毎年6月30日、一般企業に勤めている男性なら6月中旬から7月上旬の間にボーナスが支給されます。

ちなみに6月30日が土日祝の場合は、その前日の金曜日にボーナスが支給されます。

この時期は臨時収入が入ってホクホク気分になっている男性が多いので、ガンガン営業して指名客をゲットしましょう。

冬のボーナスの時期

夏のボーナスのときと同様、冬のボーナスが入る時期もたくさんのお客様が風俗店に来られるので稼ぎ時です。

公務員の男性なら毎年12月10日、一般企業に勤めている男性なら12月上旬から中旬の間にボーナスが支給されます。

ちなみに12月10日が土日祝の場合は、その前日の金曜日にボーナスが支給されます。

冬のボーナスが入る時期は、お店側も一人でも多くのお客様に来店してもらうために、様々なイベントを開催しています。

年末年始

一年間の中で一番稼ぐことができるのがこの年末年始です。

冬のボーナスシーズンに加えて、クリスマス、忘年会、新年会などのイベントが目白押しなので、男性のお財布のヒモがかなり緩くなる時期です。

クリスマスに一人で過ごすのが寂しい男性、お酒を飲んだ勢いで風俗に来る男性などがたくさん来店します。

また、「姫納め」や「姫始め」をするために、普段あまり風俗に来ない男性も来られるので、年末年始はお店に出勤するだけで爆発的に稼ぐことができます。

オープンラストで出勤すれば、デリヘルやソープランドなら一日10万円以上稼ぐことも可能です。

ゴールデンウイーク

年末年始の次に稼げるのがゴールデンウイークのときです。

大型連休のときは、暇を持て余している男性がたくさん風俗店にやって来るので、稼ぎたい女の子はGW期間中に旅行などに行かずに積極的に出勤するようにしましょう。

ゴールデンウイークに入ると地方の風俗店も忙しくなるので、地元を離れて短期間だけ出稼ぎに行くというのも有りです。

その場合、観光地の近くにあるエリアで働くのがおすすめです。

お盆休み

お盆休みになると、旅行をして開放的な気分になっている男性や地元に帰省したついでに風俗に来られる男性が増えます。

また、アルバイトをしてお金を貯めた学生さんもよく風俗店にやって来ます。

この時期の男性はとても羽振りがよく、夏休みにパーッと遊びたいと思っている人が多いので風俗街がかなり賑わいます。

祝祭日の前日の夜

金曜日の夜が忙しくなるのと同じ理由で、祝祭日の前日の夜も風俗店が混み合います。

サラリーマンの男性は翌日が休みなので、お仕事帰りに風俗街に繰り出す男性が増えます。

大雨の日

一般的には、大雨の日はお客様が少なそうなイメージがありますが、実は雨が降ると風俗店をよく利用する職業の人たちがいます。

それは土木業、観光業、イベント関係などのお仕事をしている男性ですが、これらの職業に就いている人は大雨になるとお仕事が休みになり、暇を持て余してしまうので、雨天時によく風俗店を利用しています。

また、雨の日になると、「雨の日割引キャンペーン」を実施するお店もあるので、普段より安い料金で風俗遊びをしたい男性も風俗店を訪れます。

特に雨天時は、デリヘルなどの派遣型の風俗店の客足が伸びるので、デリヘル嬢の女の子は雨の日は稼ぐチャンスです。

まとめ

この記事では、風俗で一番稼げる曜日・時間帯・時期などについてご紹介しました。

今回の記事を参考にして、ぜひ出勤する曜日や時間帯を決めていただければふう子も嬉しいです!

もし今回ご紹介した曜日や時間帯に出勤してもお客様が少なかった場合は、そのお店は客入りの悪いお店の可能性があります。

そのときはもう一度、風俗求人サイトで他に稼げそうなお店がないかチェックしてみてくださいね。

-本指名の増やし方

Copyright© 風俗バイト超入門 , 2019 All Rights Reserved.