ちょっと特殊なM性感のお仕事内容、SMクラブとはどう違うの?

今回ご紹介するM性感という風俗店は、ヘルス系の風俗店と違って、普通の女の子にはあまり馴染みのない業種かもしれません。SMクラブと似ているようで少し違う風俗店でもあります。

 

M性感では、男性の方から女の子を責めたり触ったりすることがないので働くメリットも多く、よく分からないからという理由だけで諦めるのは勿体無いお仕事です。では、具体的にM性感のお仕事内容を見ていきましょう。

M性感ってどんな風俗店なの?

M性感ではお客さんが受け身になり、女の子側がリードしてお客さんを責める風俗店です。ドMの男性や女の子に徹底的に責められたい男性に人気のある業種です。

 

プレイ中は言葉責めや大人のオモチャを使ってお客さんを責めていくことになります。基本的にMの男性向けの風俗店なので、完全に女の子側が主導でプレイを進めることになり、女の子が受け身になることはありません。

 

前立腺マッサージや羞恥プレイで焦らしたり、SMで使用するような道具を使ったプレイなどを行うこともあります。フィニュッシュは手コキかフェラチオで射精させてあげます。

 

M性感の営業形態は店舗型、ホテル型、派遣型の3通りあり、現在はほとんどがホテル型か派遣型のどちらかです。店舗型は風営法上の届出の問題があるため、現在は横浜曙町以外のエリアではほとんど営業されていません。

 

M性感はSMクラブと比べるとライトな風俗店になるので、SMの経験がない女の子でも比較的働きやすい業種です。痴女系やフェチ系のお店もM性感に含まれます。

Sというよりも痴女!M性感のコンセプトを理解しよう!

M性感というからにはSMプレイをするのだろうと思っている女の子も多いかと思います。しかも実際にお店に来る男性はM寄りの人ばかりです。

 

しかし、M性感のお店でのプレイは、いわゆるSMプレイと呼ばれているものよりもずっとソフトです。女の子側も女王様というわけではなく、Sというより痴女、つまりエッチなことが好きなイヤらしい女の子というコンセプトで接客するのが普通です。

 

つまりM性感のコンセプトとしては、Sな女王様がMの男性を虐めるというのではなく、「エッチな女の子が男性にいたずらをする」というのがスタンダードなのです。そのため、ハードなSMプレイをする必要はありません。

 

女の子側のキャラクター設定はほとんどの場合、「痴女」「女教師」「秘書」が多いのが特徴です。

M性感ならではのプレイ

痛みや罵倒を伴うようなSMプレイの責めとは違い、M性感ではどちらかというと男性の恥ずかしさを煽るようなプレイが基本です。先程も書きましたが、言葉責めや前立腺マッサージなどが代表的なプレイとなります。

 

エッチな女の子に支配され、恥ずかしいことをされているのに気持ちいい、という少し倒錯した快感を男性から引き出してあげるのがM性感で働く女の子のお仕事です。エッチな言葉をたくさん使う言葉責めは非日常を演出する効果も高く、プレイに没入していきやすくなるので積極的にトライしてみましょう。

 

なお、前立腺マッサージとは、その名前の通り男性の前立腺をアナルから刺激してあげることです。まるで女性が感じるような快感を得られるみたいで、射精を伴わずにイク「ドライオーガズム」を味わいたくてお店に来る男性も多いのです。

体力を使う分バックも大きいM性感

ヘルス系の風俗店と違って、M性感でのプレイは男性が一度イッたからといって終わりにはなりません。前立腺マッサージや手コキでイッた後は、潮吹きするまで敏感なペニスを責めてあげることだってあります。

 

ヘルス系の風俗店で提供しているようなプレイやこれまでプライベートで恋人としてきたセックスとは一味変わったプレイがたくさんあるので、最初のうちは戸惑うことがあるかもしれません。初心者にとっては、例えば男性の前立腺マッサージや潮吹きなど、できるできない以前に「よく分からない」プレイも多いですよね。

 

しかし、特殊なプレイも多いですが、男性から責められないのは大きなメリットです。

 

M性感は体力的にはハードなお仕事ですが、その分基本給も高く、色々なオプションのバックも期待できるので、体力に自信のある女の子であればとても稼ぎやすいお仕事と言ってもいいでしょう。そのため、もし自分にもできそうだと思った方は、是非トライしてみて欲しいお仕事です。

PAGE TOP