風俗バイトの探し方

風俗求人の嘘を見破る方法!誇大広告やダミー店にもう騙されない!

2019年5月23日

こんにちは、ふう子(@fukohimeno)です。

風俗求人サイトを見ていると、嘘の情報がかなり多くないですか?

お店側は女の子を集めるために、実際には存在しない架空の店舗の求人広告まで出稿している場合もあります。

事前に聞いていた日給保証が出なかったり、祝い金詐欺に騙されたという話を私はよく耳にします(´+ω+`)

この記事では、そんな嘘の風俗求人情報やダミー店を見破る方法をご紹介していくので、あなたは絶対に騙されないようにしましょう!

嘘の風俗求人広告を見抜くポイント

一度でも風俗バイトの面接に行ったことのある女の子なら分かると思いますが、いざ面接を受けてみると、風俗求人サイトに書かれていた待遇と全然違ったというのはよくあることです。

あまりにも給料面の待遇が良すぎる場合は、やはり疑ってかかった方がいいです。

例えば、風俗求人サイトを見ていると、

  • 大◯枚以上
  • 日給保証アリ
  • 入店祝い金プレゼント

などの文言をよく見かけませんか?

日給保証や入店祝い金についてはある一定の条件をクリアしたら貰えることが多いですが、問題は「大◯枚以上」の方です。

この「大◯枚以上」というのは、一日出勤したら○万円以上稼げますっていう意味ですが、現実的に考えてそんなにも稼げるはずがない金額が書かれている場合があります。

あなたは騙されないように気をつけてください。

そこで、このような嘘の風俗求人広告を見破る方法についてお伝えしますが、その前に風俗嬢のバック率の相場についてご説明します。

豆知識

風俗嬢のバック率の相場は、一般的にはお客様の支払った料金の5~6割が女の子にバックされることになります。

多数の常連客を抱えていてお店の売上に貢献している女の子やアイドル並に可愛い女の子なら、それ以上のバック率にしてもらえる可能性もありますが、それでも7割ぐらいが上限です。

上記のことからも分かるように、

通常は最初からいきなり5~6割以上のバック率にしてもらえることはまずありません。

もしそれ以上の割合が書かれていたら、明らかに嘘だということが分かります。

次にお客様向けのホームページを見て、そのお店の料金システムを調べてみましょう。

例えば、お客様が支払う料金が60分16,000円だった場合、女の子の取り分は以下のようになります。

バック率5割の場合:16,000円×0.5=8,000円
バック率6割の場合:16,000円×0.6=9,600円

この金額に指名料とオプション代が加わることになりますが、風俗求人広告に書かれている内容がこの金額よりも明らかに多いときは嘘だということになります。

まずはお客様向けのホームページもしっかりと確認し、双方の金額が合うのかチェックしてみてください。

オナクラのダミー店を見破る方法

風俗業界では、オナクラや性感エステなどを謳った架空の店舗名で風俗求人広告を出すことがあります。

この架空の店舗のことを「ダミー店」と呼びます。

当然ながら、そのオナクラや性感エステは存在せず、実際はファッションヘルスなどの風俗店の可能性があります。

では、何故実際に存在しない架空の店舗名で女の子の募集をかけるのか分かりますか?

実はファッションヘルスやデリヘルで働くのに抵抗のある女の子でも、「脱がない」「舐めない」「触られない」で稼げるオナクラや性感エステなら働きたいと考えている女の子が多いためです。

こうして何も知らずにオナクラや性感エステの面接にやって来た女の子を、言葉巧みにファッションヘルスの方が稼げると勧めて、ヘルス店で働かせようとする悪質な風俗店が存在しています。

しかし、これは少し調べれば簡単にダミー店と見破ることができます。

以下の点に注意して、この風俗店なら大丈夫そうだと思ったお店だけ応募するようにしましょう。

まず、最初にチェックすべきなのが、お客様向けのホームページの有無を調べることです。

次にそのホームページが毎日しっかりと更新されているか、Googleなどで検索したときにそのお店の情報が出てくるかどうかを調べましょう。

ほとんどの風俗店は架空の店舗までお金をかけることができないので、お客様向けのホームページを作っていない場合がほとんどです。

仮にホームページがあった場合でも、大抵は更新されていないのですぐに怪しいと分かるはずです。

風俗求人情報には何で嘘が多いの?

Googleで「風俗 求人」と検索してみると、約2,600万件のサイトが出てきます。

実は、これらの90%以上が誇大広告だと言われています。

検索にヒットしたサイトに書かれている高待遇の求人広告は、ほとんどが嘘だと思っておいた方がいいでしょう。

その理由の一つとして考えられるのが、

風俗バイトは普通のアルバイトと違って、本当のことやマイナス面を書いてしまうと、誰も面接に来なくなってしまうからです。

しかも、他の風俗店が良い条件ばかり書いているので、自分のお店も嘘の良い条件で風俗求人広告を出さないと女の子が面接に来なくなってしまいます。

風俗店にとって、良い女の子を確保できないと死活問題になってしまいます。

他の風俗店に良い女の子を取られるのも絶対に避けたいことでしょう。

なので、多少大げさな表現をしてでも、女の子に面接に来てもらおうと思っている経営者が本当に多いのです。

どのお店もこのようなことを繰り返しているので、余計に嘘の風俗求人情報が溢れかえってしまいます。

ふう子は風俗店の肩を持つ気は一切ありませんが、風俗求人情報とはそのようなものだと思っておいた方が無難です。

また、風俗業界に限らず、多少条件を盛って書くのはどんな業種にでもあることだと思います。

日給保証や祝い金詐欺に要注意!

風俗求人サイトを見ていると、以下のような文言をよく見かけませんか?

  • 大◯枚以上
  • 脱がない、舐めない、触らせない
  • 日給保証アリ
  • 入店祝い金〇〇万円プレゼント
  • 面接交通費支給
  • 採用率100%

実はこれらの高待遇の条件は、

女の子を面接に来させるための嘘の内容、もしくは風俗店側が魅力を感じた女の子にのみ出している条件なのです。

ひどい風俗店になると、お客様一本あたりの手取りも多めに書いているお店まであったりします。

もちろん全部が全部嘘だというわけではありませんし、真面目に経営している風俗店もたくさん存在しています。

最近では、『 Qプリ 』みたいに誇大広告を規制したり、風俗求人サイトに掲載するお店の審査基準を厳しくしているサイトもあります。

あなたはこのような嘘の文言に騙されないように、面接に行く前にしっかりと風俗求人広告に書かれている内容が本当なのかどうかを確認しておきましょう。

面接中に騙されたと気づいたときの対処法

風俗求人広告に書かれていた内容を信じて、いざ面接に行ってみると、実は嘘の情報だったとなると本当にガッカリですよね。

この場合、容姿レベルがお店の求める基準に満たしていないので日給保証などが出なかった場合と、風俗求人広告の内容が最初から嘘だった場合の二つのパターンが考えられます。

実はバック率にしても、女の子の容姿レベルによって変わってきたりします。

もし面接に行って、安いバック率を提示されたのなら、あなたの風俗嬢としての価値がそれくらいだと判断された可能性があります。

この場合、諦めて他のお店を探すか、もう一度交渉してみるしかありませんが、問題は風俗求人広告の内容が最初から嘘だった場合です。

もし面接官の話が少しでも怪しいと思ったのなら、

ふう子
事前に聞いていた内容と話が違うので、一度考えさせて頂きます。

とキッパリ断るようにしましょう。

一番最悪なのは面接官に説得されて、そのまま入店してしまうことです。

風俗店はそのお店だけではありませんし、もしそのお店が気になっているのなら、後日もう一度面接を受けに行っても何も問題はありません。

ふう子はこのような事態を避けるために、初めから大手グループ店に絞って面接を受けるようにするのもいいと思います。

まとめ

嘘の風俗求人広告に騙されないためには、上記のことに加えて本当に信用できる風俗求人サイトから応募することが何より重要です。

多少大げさな表現の風俗求人広告があるのはどうしても仕方のないことですが、本当に信用できる風俗求人サイトを使うことで、嘘の風俗求人広告に騙される確率をグ~ンと減らすことができます。

また、風俗求人広告に書かれている内容が真実なのかどうかを調べるためにも、まずはあなたの気になっていることなどを一度実際にお店に問い合わせてみましょう。

当サイトでご紹介している風俗求人サイトなら、お店側にメアドを知られることなく問い合わせができるのでとても便利です!

ふう子もお店を探すときによく活用してますよ(o^-^o)

-風俗バイトの探し方

Copyright© 風俗バイト超入門 , 2019 All Rights Reserved.