デリヘルとホテヘルの違いを徹底比較!バイト未経験で働くならどっち?

風俗バイトに慣れている女の子でも、ちょっとわかりにくいのがデリヘルとホテヘルの違い。

 

現在では、店舗型の風俗店よりもデリヘルやホテヘルなどの派遣型の風俗店の方が主流ですが、この2つの風俗店の違いについて知っている女の子は意外と少ないですよね。

 

そこで今回は、デリヘルとホテヘルの違いについて徹底比較していきたいと思います。

 

どちらの風俗店で働くべきか迷っている女の子も、この記事をぜひ参考にしてみてくださいね!

▼風俗求人を探すならQプリ▼

Qプリ

デリヘルとホテヘルってそもそもどんな風俗店?

デリヘルとホテヘルってそもそもどんな風俗店?

デリヘルとホテヘルの違いを比較していく前に、まずはそれぞれの風俗店の特徴についてご紹介しておきます。

 

デリヘルとホテヘルがそもそもどんな風俗店なのか知っておくだけでも、お店選びをする際にとても役立ちます!

 

ぜひ、この機会にそれぞれの風俗店の特徴を覚えるようにしてくださいね。

デリヘルの特徴

デリヘルは他の風俗店のように特定の店舗を構えず、お客様の待つ自宅やホテルに女の子を派遣してサービスを行なうのが特徴です。

 

現在では、風俗の代名詞と言っても過言ではないほどに店舗数、在籍数ともにトップクラスの業種となっています。

 

近場移動でも遠距離移動でも、お店のドライバーの送迎で行くことがほとんど。

 

1回1回の接客の合間に移動時間が発生し、遠方への移動や渋滞などの影響で、中には移動するのに時間がかかることもあります。

 

デリヘルのプレイ内容については後ほど詳しく解説しますが、デリヘルは本番行為が禁止されているので、手コキ、フェラチオ、素股などでお客様をフィニッシュさせてあげます。

 

また、基本的にはお客様とお店のスタッフが接することは少ないのが特徴です。

 

なので、デリヘルで働いた場合、お客様から料金を預かったりといった金銭のやり取りが発生するケースが多いです。

ホテヘルの特徴

ホテヘルは繁華街を中心に数多くのお店が存在していますが、日本全国どこにでもあるというものではありません。

 

風営法で定められた地域の中に「受付所」があり、お客様は受付で女の子を指名、支払いを済ませたあと、近隣のラブホテルやレンタルルームなどに移動し、その部屋に女の子が派遣される形になります。

 

また、繁華街などに受付の許可地域が限定されており、お客様も近隣のホテルに入られることがほとんどのため、ホテルまでは徒歩移動というのも珍しくありません。

 

基本的なプレイ内容はデリヘルと同じですが、女の子はお客様と金銭のやり取りをする必要がなく、プレイのみをすればいいと言うのもホテヘルの特徴の一つです。

 

ちなみにホテヘルは関西では特に人気がある業種です。

デリヘルとホテヘルの違いを徹底比較

デリヘルとホテヘルの違いを徹底比較

次はいよいよデリヘルとホテヘルの違いについて詳しく解説していきますね。

 

それぞれの風俗店の違いがよくわかるように、「プレイ内容」「接客時間」「システム」「営業時間」の違いをまとめてみました。

プレイ内容

お店によってコンセプトやウリが違ってくるので、多少の違いはあるにせよ、デリヘルもホテヘルも基本的なプレイ内容は同じです。

 

部屋に入ってお客様に挨拶をしてから軽く会話をし、シャワーを浴びる。

 

その後は人によって流れは変わるにせよ、以下のプレイをすることになります。

  • ディープキス
  • 全身リップ
  • 手コキ
  • フェラチオ
  • クンニ
  • 69(シックスナイン)
  • 素股
  • ローションプレイ

風営法でも定められている「本番行為」は含まれていません。

 

ただし、ホテヘルはプレイする場所がホテルかレンタルルーム、デリヘルはホテルのほかに自宅も含まれるという点が異なります。

 

「知らない男性の自宅に行くのは怖い」

 

と考えてしまう女の子は、ホテヘルを選んでもいいかもしれません。

 

また、デリヘルでも自宅はNGにして欲しいとお店に要望を伝えれば、自宅出張NGにしてくれるお店も多いです。

接客時間

お店によってもコースの時間は多少変わってきますが、通常デリヘルの接客時間は60〜120分程度、ホテヘルは45〜90分程度が一般的です。

 

デリヘルは車での移動があるので、時間的なロスが発生してしまいますが、その分ホテヘルよりロングコースで入るお客様が多いのが特徴です。

 

ロングコースは料金も高いので、それだけ女の子の取り分が増えることになります。

 

逆に、ホテヘルはデリヘルと比べると接客時間が短めですが、その分デリヘルのように遠方に移動することがないので、効率よく稼ぎたい女の子におすすめです。

 

ホテヘルは受付所から徒歩圏内にあるホテルで接客することになるので、時間を有効に使うことができます。

システム

デリヘルとホテヘルでは、プレイ内容は基本的に同じですが、お客様がお店を利用するときのシステムについては大きな違いがあります。

 

まずデリヘルは電話一本で女の子を呼ぶことができるのが特徴です。

 

受付スタッフがお客様からの電話を受けた後、ドライバーと一緒にお客様の待つ自宅やホテルに出張してプレイすることになります。

 

次にホテヘルですが、お客様は一旦お店の受付所に来店する必要があります。

 

そして、受付所にある写真を見て女の子を選び、その場で料金を支払います。

 

その後、近隣のホテルに移動してプレイを行うことになります。

 

このときお客様は先に一人でホテルに入室し、その後、女の子がやって来るのを待つことになるのが一般的ですが、お店によっては女の子と一緒にホテルまで行けるお店もあります。

 

ちなみにホテヘルはデリヘルのようにお客様の自宅に出張してプレイすることはないのが特徴です。

営業時間

デリヘルは店舗型の風俗店と違って営業時間の規制がないため、24時間営業することが可能です。

 

デリヘルなら深夜でも働くことができるので、昼間のお仕事が終わってから風俗バイトをしたい女の子にもおすすめの業種です。

 

その一方で、ホテヘルは風営法の関係で24時までしか営業することができません。

 

それ以降はデリヘルの形で営業している店もあります。

 

法律上、ホテヘルは店舗型の風俗店と同じ扱いになるのが特徴です。

 

そのため、デリヘルと比べるとどうしても働ける時間帯が限られているので、長時間働きたい女の子には不向きの業種かもしれません。

デリヘルとホテヘルの指名までの流れ

デリヘルとホテヘルの指名までの流れ

ここでは、デリヘルとホテヘルのそれぞれの指名までの流れを見ていきます。

デリヘルはネット上の情報が全て!

まず、デリヘルで指名を増やすためには、ネット上の情報が全てとなります。

 

ネットに掲載される「パネル写真」、サイト上で公開されている「日記」などで、自らのセルフプロモーションが必要になります。

 

身バレが防げるラインで自分の趣味を公開したり、プレイを連想させるような日記を書き、それを見たお客様が電話をかけるという流れです。

 

なので、慣れてくると、自分の苦手なジャンルのお客様に引っかからないような記事を書いたりすることもできます。

 

全ての入り口が「ネット+電話」ということなので、自分自身のセルフプロモーションがしやすいのもデリヘルの特徴になります。

ホテヘルはパネル写真が生命線!

それに対してホテヘルは受付でお店のスタッフが実際にパネル写真を見せて女の子を薦めます。

 

お客様の多くは、その日に繁華街を歩いているお客様になります。

 

なので、一番の取っ掛かりは「パネル写真」になるのです。

 

もちろんネットに載せている情報を見て足を運ぶお客様もいらっしゃるので、ネットの日記なども大切にはなりますが、それ以上にパネル写真が全てになります。

 

そのため、ネットではモザイクをかけるけど、パネルはモザイクなしで!なんて女の子も多く存在しているのが特徴です。

 

思わぬ身バレに繋がってしまうことがあるのは、デリヘルよりもこのホテヘルかもしれません。

 

もちろん親や彼氏とかなら、万一の来店を想定してお店の人にも「NG」を出しておくことはできますが、さすがに近所のおじさんや昼職の取引先、同級生などまでは防ぐことが難しいです。

デリヘルとホテヘルのどっちで働くのがおすすめ?

デリヘルとホテヘルのどっちで働くのがおすすめ?

あくまでもふう子の考えになりますが、風俗バイトが初めての女の子ならホテヘルの方がおすすめです!

 

ホテヘルの場合、受付スタッフが対面でお客様の受付をすることになるので、変なお客様が付きにくいからです。

 

デリヘルより無茶なことをするお客様も少ないです。

 

また、大手のホテヘルだと受付所にモニターが設置されてることが多いので、そのようなお店の場合は、事前にお客様の顔を確認することができます。

 

そのため、知り合いにホテヘルで働いてることがバレにくいというメリットがあります。

 

ただし、ホテヘルは地域によってはお店がほとんどないところが存在し、デリヘルより店舗数が少ないので、どうしても選べるお店が限られてきます。

 

しかも、営業時間も限られてるため、たくさんのお店の中から自分に合ったお店を探したい方や深夜も働きたい方はデリヘルで働いた方がいいでしょう。

 

ちなみにふう子が何故デリヘルで働いてるかというと、ホテヘルより延長を取りやすいというメリットがあるからです。

 

また、自宅に呼ぶお客様は指名が取りやすく、3時間のロングコースとか当たり前だったりします。

 

中には、お客様の自宅に行くのに抵抗がある方もいると思いますが、もし稼ぎを重視するのならデリヘルで働いた方がいいと思います。

 

自宅に呼ぶお客様だと、一緒にご飯を食べたり、お友達感覚でお仕事できるのも良いです。

 

なので、結局のところ、デリヘルとホテヘルはそれぞれメリットもあればデメリットもあるので、自分の生活スタイルや働き方に合わせてどちらの風俗店で働くのか決めた方がいいでしょう。

まとめ

さて、ここまでデリヘルとホテヘルの違いを書いてきました。

 

最後にそれぞれの特徴をまとめると、デリヘルは日本全国どこにでもあり、お客様は割と長めのコースに入りやすい。

 

写真や情報は自分で管理できるので、運の悪い身バレが置きにくいという特徴があります。

 

その一方でホテヘルは、受付所が繁華街にあってホテルまで徒歩移動が多いので、多くの本数をこなしたい女の子におすすめ。

 

しかし、パネル写真から身バレのリスクもあるのが特徴です。

 

いずれにせよ、この記事のデリヘルとホテヘルの違いを参考に、ぜひ後悔のない風俗ライフを送ってくださいね!

 

不安なことも多い業種ですが、お金を得、自分の理想を実現させたことを思い描きながら一緒に頑張っていきましょう。

PAGE TOP