本指名の増やし方

正しい素股のやり方とコツ!現役デリヘル嬢がマンズリとの違いも解説!

風俗で働くにあたって、必ず最初に覚えるべきテクニックとも言えるのが素股です。

風俗業界では当たり前のように素股という言葉が使われていますが、未経験の方にしてみたら、

「素股ってなに?やり方は?」
「どんなテクニックを使えば良い?」

このような疑問だらけだと思います。

私も風俗で働くことになった当初は、素股のことは何もわかりませんでした。

今回は素股のやり方とテクニックについて、私の風俗経験をもとに徹底解説していきます。

素股のやり方がイマイチわかっていない、テクニックを身につけたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

風俗求人を探すならQプリがおすすめ!

今なら体験入店で1万円、面接に行くだけで交通費2千円をプレゼントしてもらえるキャンペーンを実施中。

数ある風俗求人サイトの中でも特に信頼性が高く、稼げる求人情報もたくさん掲載されているので、この機会にぜひ無料登録しておきましょう!

\ 祝い金1万円をGET! /Qプリの詳細はこちら

素股とはどんなプレイなの?

素股とは、わかりやすく言えば、ペニスを太ももなどで挟んでこする行為のこと。

疑似挿入行為、と表現されることもあるのですが、その名の通り挿入はせず、まるで挿入しているかのような視覚や感覚を味わうものです。

うっかり挿入してしまわぬよう、手を添えてペニスを固定したり調整したりするのが基本。

「それだけのことが気持ちいいの?」

と疑問に思われるかもしれませんが、実践してみるとわかります。

素股は、上手にできるようになればお客さんにとって非常に気持ちの良いプレイで、素股でフィニッシュしたいというお客さんも多いはずです。

ちなみに、素股はいろいろな体位でプレイが可能。

バリエーション豊富に楽しむことができますよ。

後ほど体位の紹介もしていきますね。

素股とマンズリの違い

素股と混同されやすいのが、マンズリと呼ばれる行為。

確かに、両方とも疑似挿入の刺激を楽しむ…という点では似ているとも言えます。

ただ、素股とマンズリには一つ大きな違いが。

それは、ペニスに手を添えるか添えないか、粘膜の接触があるかないか、という部分です。

素股の場合、誤って挿入したり射精したりすることを防ぐため、女性は常に手でペニスをおさえて調整しながらプレイします。

また、妊娠や性感染症のリスクを最小限にするため、性器同士が触れないようにしなければなりません。

しかしそれとは反対に、手は使わずにそのまま性器同士をこすり合わせる行為のことをマンズリと呼ぶのです。

正直、素股と比べてマンズリは様々なデメリットの可能性があるためオススメできません。

手でおさえない分、マンズリは挿入のリスクが高くなります。

また、性器同士が直接触れ合うため妊娠や性感染症のリスクが高まってしまいます。

手でおさえながら、性器同士が接触しないように行う素股のほうが安全だと言えるでしょう。

素股とマンズリは一緒にされてしまうこともよくありますが、両者は大きく違います。

私の経験から言うと、素股中にお客さんから

「手を添えないほうが気持ちいいから、手をはなしてくれない?」

なんてお願いされる確率は結構高いです。

しかしそれはもはや、素股ではなくマンズリ。

さまざまなリスクが高くなってしまうので手は絶対に添えたまま、笑顔で上手にお断りしてくださいね。

正しい素股のやり方

では、素股とはどういうプレイなのかという基本がわかったところで、ここからは正しい素股のやり方を詳しく説明していきます。

基本的なやり方を紹介しますので、こちらをマスターしたら、自分なりにいろいろと工夫やアレンジを加えていってみてください。

1.まずはお客さんを勃起させよう

素股をする際の基本として、勃起しているペニスで行うようにしてください。

まだ勃起もしていない状態から、素股でイかせるというのはかなり上級テクニックになります。

正直素股はかなり体力を使いますので、最初にどれだけペニスに刺激を与えて射精感を高めておくかということは重要です。

お店で決められている接客の流れに沿えば、最初から素股をするという手順にはなっていないはず。

シャワーを浴び、ベッドではまずキスや全身リップ、フェラなどを行うのが基本。

素股の過程に入る前に、ほかにも手コキやパイズリなんかを駆使して、なるべくお客さんを気持ちよくさせておくことがコツです。

2.ローションはたっぷり使おう

お客さんをしっかり勃起させ、素股の手順に入ったら、まず大切なのはローションをケチらないということ。

太ももや手、そしてお客さんのペニスと、素股で触れ合う部分にはまんべんなくローションを伸ばしておいてください。

素股の経験があまりないという方でも、ローションさえたっぷり使えばかなり気持ちの良い素股をすることが可能です。

3.素股の体位になり、腰を動かす

ローションを準備できたら、いよいよ素股の体位に入ります。

どういった体位で素股を行うかというのは、お客さんの好みやその時の流れで決めていきましょう。

どの体位でプレイするとしても、大切なのは必ずペニスに手を添えておくこと。

そして、性器同士が直接触れないように動くことです。

亀頭部分を手で包み込む、指の股を上手に使って性器に触れているかのような感覚を与えるなどの工夫をしましょう。

詳しい体位については、次の項目で詳しく説明しますね。

どの体位でも共通しているのは、素股のスピードは常に一定ではなく、リズムやスピードを変えて行うということ。

常に一定の刺激を与えていては、お客さんが飽きて萎えてしまいます。

最初はゆっくりじわじわと、後半になるにつれて激しく…といった具合で緩急をつけましょう。

男性器に触れている手の圧力や触り方を変化させるというのも、刺激が変化するので良い方法ですよ。

素股の体位と腰の動かし方

素股にはいくつもの体位があります。

素股がワンパターンだとお客さんが途中で飽きてしまうことがあります。

プレイに飽きた結果、本番交渉してくるお客さんは珍しくありません。

本番交渉される前に、いろいろな素股でお客さんを満足させちゃいましょう。

特に騎乗位素股と対面座位素股は、私たち女性側に主導権のある体位なので、まずは覚えておくことをおすすめします!

騎乗位素股

素股の中で、最も基本的な体位です。

素股は挿入なしの行為ですが、正直お客さんに主導権があると興奮のままに挿入しようとして来たり、その気がなくてもペニスのサイズ等によってはうっかり挿入してしまったり、なんてことが起こる可能性があります。

騎乗位素股はそのようなアクシデントを防ぐことのできる、女性主導の体位の代表。

お客さんにはあおむけで寝てもらい、ペニスにローションをたっぷり伸ばしましょう。

自分の手と、お尻や股などペニスに触れる部分にも伸ばしておくとなお良いです。

準備が終わったら、お客さんにまたがりましょう。

自分のお尻側から手を伸ばし、股の間からペニスを握ります。

そのままペニスをお尻側にゆっくりと移動させて、手で握ったまま腰を落としていきます。

そして、その後腰を動かしていってください。

お尻側にペニスを移動させず、前で固定したまま動くパターンもあります。

ただ、この場合は太ももの付け根でしっかりとペニスを固定しなければ挿入のリスクが高まるので、注意が必要です。

騎乗位素股をすると、お客さんの視覚的にはまるで騎乗位で挿入しているかのように見えるはずです。

より挿入しているように感じてもらうため、腰を落とす際に感じている演技をしたり、腰を動かすときに手も同時にペニスをしごいたりなどの工夫をしましょう。

これはどの体位であっても共通のことですが、お客さんがイきそうになってきたら、動きを激しくしてイかせてあげてくださいね。

ただ、激しく動く際に滑ってペニスが入ってしまわないように注意してください。

対面座位素股

こちらも騎乗位素股に次いで、女性に主導権のある体位です。

しかも騎乗位素股よりも密着度が高く、お客さんに喜ばれることの多い体位なのでマスターすることをオススメします!

お客さんにはあぐらをかくように座ってもらい、ローションを伸ばします。

その後は自分とお客さんの間にペニスが挟まるような形でまたがり、しっかりと手でペニスを握り、動いていきます。

上半身をなるべく密着させ、恋人のようにイチャイチャ感を出してあげると興奮がたかまります。

また、キスや首筋を攻めてあげても、興奮から射精感が高まるようなので試してみてくださいね。

個人的には、お客さんにあぐらをかいてもらうときには、壁を背にしてよりかかってもらう形だとやりやすかったです。

正常位素股

上記の2つの素股とは異なり、ここからはお客さんが主導権を持つ体位になります。

ペニスと自分の股や手にローションを伸ばしたら、通常のセックスと同じように、女の子があおむけで寝ころびます。

それから自分の性器をカバーするように股に手を添えて、そこにお客さんのペニスを挟む体勢になりましょう。

そこからはお客さんに動いてもらう形になりますが、手は絶対に離さずに固定していてください!

これが、挿入を防ぐための策です。

自分の手と股が一体で女性器だとイメージし、力を入れたり抜いたりして刺激してあげるとお客さんはイきやすくなります。

また、イきそうになると腰の動きが激しくなる男性がほとんどなので、後半になるにつれて注意が必要になります。

立ちバック素股

セックスの立ちバックの体勢での素股になります

応用編にはなりますが、シャワールームなんかで行うと興奮するお客さんが多いので、最終的にはマスターしておきたい体位。

女の子が壁など体を固定できる方向を向いて立ち、そのまま寄りかかる姿勢になります。

お尻を少し突き出して、自分の股部分に手を添え、そこにペニスを挟みましょう。

この体位もお客さんに動いてもらう形なので、手をしっかり固定し、挿入を防いでください。

寝バック素股

こちらはお客さん主導の体位のなかでも、女の子がもっとも楽な体勢でいられる体位です。

女の子がうつぶせで足を閉じて横になり、閉じた太ももの間にお客さんがペニスを差し込んで動きます。

女の子は自分の体の下から股に手を伸ばし、ペニスをおさえるようにしてください。

最も太ももの間が締まり圧力が強いため、この体位が好きなお客さんは多いですよ。

ここまで5種類、基本の素股の体位を紹介しましたが、中でもお客さんが主導を握る体位は、素股自体に慣れるまで避けたほうが良いと私は思っています。

なぜならお客さんが自由に動ける体位は、どうしても挿入のリスクが高くなってしまうから。

まずは騎乗位素股と対面座位素股といった女の子が主導を握る体位をマスターしてから、バリエーションを増やすのが安全です。

素股でお客さんを気持ちよくさせるコツ

素股というのは、本番のない風俗店においてはコース内でも終盤に行う場合がほとんど。

まるで挿入しているかのような視覚と気持ちよさ、一体感のため、お客さんの中には

「最後は素股でイきたい」

という方は多いです。

素股でお客さんを気持ちよくさせるには、「正しい素股のやり方」の項目でもお話ししましたが、素股に入る前にいかにお客さんを興奮させて、射精感を高めておくかという部分が重要です。

前戯にあたる全身リップやフェラ、手コキなどは手抜きをしないように丁寧に行いましょう。

十分に感度を高めておけば、素股はお客さんにとってより一層気持ちよく感じるのです。

また、素股の最中には感じている演技やエッチなセリフを言うと効果的。

・かわいい喘ぎ声を出す
・ペニスをおさえていないほうで自分のおっぱいを触ったり乳首をいじったりする
・「気持ちいい」「おっきいね」などお客さんをほめるような言い回し

このように、とにかくお客さんの興奮を誘うような反応を、大げさと感じるくらいに実践してみてください。

男性は視覚や聴覚でも感じる生き物なので、ただ単調に素股をするよりも格段に気持ちよくなってくれるはずです。

素股中に本番・挿入させないためのテクニック

素股でプレイをするにあたって一番怖いこと…それが、挿入に至ってしまうことです。

本番強要で流されるまま挿入に至ってしまうケースや、お客さんのペニスのサイズ的にうっかり挿入してしまった、なんてケースは残念ながら無い話ではありません。

しかし、素股を正しくマスターすれば、本番や挿入は防ぐことが可能です。

・ペニスに添える手は絶対に離さない
・素股に慣れるまでは、お客さんが主導の体位はなるべく避ける
・本番強要や挿入を試みる余裕もないくらい、しっかりと気持ちよくさせる

この3つが、素股中に本番・挿入させないために重要なテクニック。

前戯から素股までひとつひとつのプレイを丁寧に行えば、だいたいにおいて本番や挿入は防ぐことが可能なのです。

素股中にペニスが膣に入ってしまったときの対処法

素股のテクニックを磨けば磨くほど、ペニスが膣に入るのは防ぐことができます。

しかしどうしても、アクシデントはつきもの。

偶然入ってしまった…なんて展開もないとは言い切れません。

もしも悪意なく、本当にうっかり入ってしまったという場合は速やかにペニスを抜き、二回目以降は絶対にないように細心の注意をはらってください。

お客さんに対しては、悪気がない場合は軽く怒る程度の反応にしておきましょう。

思い切り怒りたくなる気持ちもわかりますが、感情のままに動くと雰囲気が悪くなったり、評判が悪くなったりすることにつながりかねません。

しつこく本番強要してきたり、無理やり挿入してこようとしたり、という場合はプレイを中断し、スタッフに連絡すると伝えてみてください。

だいたいのお客さんはあきらめるはずです。

その後プレイを再開するかどうかは、お客さんの態度を見て判断しましょう。

私の経験上は、そこまで言えば謝って紳士的になってくれる場合がほとんどですが、もしも逆ギレするような場合はスタッフに連絡して対応をお願いしてくださいね。

本番禁止というのはお店の決まり。

スタッフに連絡したからと言って女の子が責められる理由はありませんので、毅然と対応しましょう。

素股の性感染症と妊娠のリスクについて

素股を正しい方法で行ったとしても、性感染症と妊娠のリスクが全く無いかといえば、それは違います。

ここからはそれぞれのリスクを最低限に抑える方法を紹介しますので、ぜひしっかりと確認しておいてください。

性感染症について

素股を正しく行ったとしても、残念ながら性感染症に感染する可能性はあります。

性感染症は、粘膜同士が触れ合ったり、体液が粘膜に触れたりするだけで感染するものも多いのです。

素股はお互いの粘膜部分が非常に近い状態で行うプレイですし、気を付けていたとしても、女の子の愛液やお客さんの先走り液(カウパー)が出てしまうことは避けられません。

素股による性感染症のリスクをなくすには、方法はただひとつ。

コンドームを着用するということです。

妊娠について

素股は挿入するわけではないので、

「絶対に妊娠の心配はない」

と思っている方は意外と多いです。

しかし実は、素股による妊娠の危険性も全くないとは言い切れません。

例えばお客さんが、女の子の性器に非常に近い部分で射精してしまったとします。

女の子のほうも素股によって感じていた場合、性器が通常よりも膨らんで広がっている場合があり、そこから精液が入りこむ可能性がゼロだとは言い切れないのです。

予防策としては、必ず射精するときに性器から離れた場所で出してもらうことを徹底する、もしくは、やはりコンドームの着用が確実です。

素股の際にコンドーム着用を必須にしている風俗店は、実はそんなに多くありません。

しかし自分の身を守るためにも、素股の際にコンドームを使用すると性感染症や妊娠の面では安全だ、ということは覚えておいてくださいね。

素股って生理中でもできるの?

結論から言えば、生理中の素股は可能ですが避けるのが無難です。

素股であれば挿入はしないから生理中でも全く問題ない、と思う方もいるでしょう。

実際、風俗店では生理中でも海綿という吸収力の高いスポンジを膣に入れ、出勤することは可能です。

そのようにして働いている女の子もいますので、生理中でも素股はできなくはありません。

しかし個人的には、生理中の素股はやめたほうが良いと思っています。

生理のときの女の子の体は非常にデリケート。

海綿によって出血を止めることはできても、性器は傷つきやすく雑菌も増殖しやすくなっているため、素股であっても避けたほうが良いですよ。

まとめ

今回は、素股のやり方をメインに、挿入を防ぐテクニックやもしもの時の対処法をまとめました。

素股は正しく行うことでお客さんに満足してもらえる可能性はとても高くなりますし、性感染症や妊娠のリスクも最小限に抑えることが可能になります。

風俗店で働くにあたって必ずマスターしておきたい技のひとつなので、しっかりと練習して徐々に身につけていきましょうね。

今回まとめた素股のやり方を読んでイメトレしたり、素股が出てくるAVを見たりして、ぜひ勉強してみてください!

風俗求人を探すならQプリがおすすめ!

今なら体験入店で1万円、面接に行くだけで交通費2千円をプレゼントしてもらえるキャンペーンを実施中。

数ある風俗求人サイトの中でも特に信頼性が高く、稼げる求人情報もたくさん掲載されているので、この機会にぜひ無料登録しておきましょう!

\ 祝い金1万円をGET! /Qプリの詳細はこちら

テキストのコピーはできません。