ピンサロの具体的なお仕事内容

ピンサロはピンクサロンの略称です。サロンと呼ばれることもあります。元々、飲み屋から派生した風俗店なので個室がなく、フロア内のボックス席やパーテーションで区切られたスペースでお客さんのお酒の相手をしながら、性的サービスを行うことになります。

 

実はピンサロは風俗の営業届けではなく、飲食店の営業届けを出しているので厳密には風俗店ではありません。

 

キャバクラのようにお酒メインではないので、お酒が飲めない女の子でも安心して働くことができます。お客さん一人当たりの接客時間が短いのが特徴です。基本的に30分単位での接客になります。

 

ピンサロは法律上は飲食店扱いになるのでシャワーの設備がありません。そのため、おしぼりやウェットティッシュなどでお客さんのペニスを拭いた後、フェラチオをメインとした性的サービスを行います。

 

基本的に口または手でのサービスとなるので、素股をする必要がありません。ピンサロは本番行為や素股がなく、全裸になることもほとんどないので受け身が苦手な女の子、体に大きな傷やタトゥーの入ってる女の子でも働くことができます。店内はお互いの顔がよく見えないぐらい薄暗いので顔バレにしくいです。

 

また、店舗型の風俗店なので、常に店員が店内を巡回していて安心です。昼間から営業しているピンサロもたくさんあります。

ピンサロのプレイ内容

ピンサロは法律上は飲食店扱いになるのでパンツを脱ぐのが禁止されています。先程も書いた通り、シャワーがついてないので、おしぼりでお客さんのペニスを拭いてから、フェラチオで射精させてあげるのがお仕事になります。

 

ピンサロは風俗店なので接客中は当然お客さんにお触りされます。お客さんは主に指入れ、下半身タッチ、ソフトタッチをすることが多いですが、お店によっては指入れを断れる場合もあります。

 

中には指名を取るために自分から進んで股を開いて指入れをさせてる女の子もいますが、もしアソコを触られるのが嫌な場合は「今日は生理痛で…」とか理由を付けて触らせないようにするといいでしょう。

 

なお、ピンサロには「花びら回転」方式のお店があります。花びら回転とはプレイの途中で女の子が入れ替わるシステムのことです。「三回転」であれば3人の女の子が10分ごとに順番に接客していって、 ラストにお客さんに付いた女の子か指名の女の子がお客さんを射精させてあげます。1対1で接客する方式はマンツーマン方式と呼ばれています。

ピンサロで働くメリットとデメリット

実は風俗バイト経験者に最も敬遠されてるのがピンサロのお仕事です。そのため、ピンサロ店は風俗未経験の素人の女の子を狙って求人広告を出すことになります。

 

まずピンサロは客単価が安いし、お金のないお客さんが多いのであまり上客は期待できません。指名料やチップは別にして、ピンサロは時給制のところが多いので、基本的に決まった額のお給料しかもらえず、どうしても稼げる金額が限られてきます。流行ってるお店の売れっ子でも一日五万円稼げたらかなり良い方だと思います。

 

本サロ(本番のあるピンサロ)なんて本番までしても時給5000円しかもらえなかったりします。これだったらファッションヘルスやデリヘルで働く方がよっぽど効率良く稼げますよね。

 

また、ピンサロにはシャワーが完備されておらず、おしぼりでささっとお客さんのペニスを拭く程度なので衛生面にも問題があります。

 

と言ってもピンサロにはピンサロのメリットがあるので、その辺についても書いていきたいと思います。

 

ピンサロは一人のお客さんにベッタリつくわけではないので、接客時間が短く、お客さんとの会話が苦手な人でも安心です。また、店内が薄暗いので年齢をごまかしやすく、裸をはっきりと見られるわけではないので妊娠線などを隠しやすいというメリットがあります。

メリット
○接客時間が短い
○回転率が極めて早いのでテクニックに自信がある女の子は効率よく稼げる
○男性スタッフが店内にいるので安心
○本番行為や素股がない
○容姿やスタイルに自信のない女の子でも働ける
デメリット
×シャワーがないので衛生面に問題がある
×料金が安めなのでお給料が低い
×マナーの悪いお客さんやセコいお客さんが多い

お給料の目安

お給料 時給5,000円〜。
お給料はその日のうちに全額支払われるのがほとんどです。
接客時間 お客さん一人あたり10〜60分程度。
日給相場 --

PAGE TOP