アリバイ対策

風俗嬢のためのアリバイ対策の方法!絶対にバレたくない方必見!

2019年5月25日

今回は、風俗バイトのことを誰にも知られたくない女の子のために、アリバイ対策の方法をご紹介していきます。

彼氏にバレるのが怖い、家族にそのうちバレそうで毎日ビクビクしながらお仕事をしている、もしくはバレるのが怖くて風俗で働くのを躊躇してる方にぜひ読んでいただきたいです。

この記事を読むことで完璧なアリバイ対策がわかりますし、風俗で働いていることが彼氏や家族にバレずに過ごすことができますよ(*^ー゚)b

アリバイ対策を完璧にして、安心して風俗で働けるようにしましょう。

そもそもアリバイ対策って何なの?

アリバイ対策とはひと言で説明すると、風俗で働いていても普通のお仕事をしているように見せる対策のことです。

難しい言葉に直せば、「現場不在証明」という言葉になります。

つまり、実際は風俗のお仕事をしているが、一般企業や飲食店などで働いているように偽装することです。

アリバイ対策は詳しく分類すると、

  • 風俗店がしてくれる対策
  • 女の子が自分で行う対策
  • アリバイ会社を使って行う対策

の3つがあるのをまずは覚えておいてください。

彼氏や家族に風俗のお仕事のことがバレないように、ホームページに載せる写真を加工してくれたりなど、お店側も様々な対策をしてくれます。

では、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

風俗店がしてくれるアリバイ対策

風俗店で働き始めたときに、お店側がやってくれるアリバイ対策は主に以下の5つです。

お店側も女の子に辞められてしまうと売上に影響するので、これらのアリバイ対策には積極的に協力してくれます。

店内に設置されているカメラでお客様の顔を確認

これは店舗型の風俗店に関してですが、来店されたお客様の顔をモニターを介して見ることができます。

モニターで確認することにより、お客様の中にお友達がいたり、副業で風俗をしている人は本業の会社の人がいたりする場合、そのお客様にはつかなくていいようにお店側が考慮してくれます。

もしお客様に知り合いがいたら、何か複雑な気持ちになっちゃいますよね。

お店で使用する写真を加工してくれる

写真は指名やお客様を呼ぶために大事なツールなので、ほとんどのお店が写真撮影については協力的です。

もし写真を撮らないと名前だけ紹介ぺージに載るため、せっかく出勤しても指名が少なくなり、結局は撮影が必要です。

これはどんな風俗店もそうなのですが、撮った写真は加工、もしくはモザイク処理をしてくれます。

よく風俗雑誌で見かける目だけ隠してる写真もそうですし、口元を隠してる写真もそうですね。

また、髪の色や服の色を修正してくれるお店もあります。

送迎エリアをNG指定できる

デリヘルの場合、お客様の自宅やホテルに行ってお仕事をします。

もし地元近くまで派遣エリアがある場合、地元周辺でのお仕事をNGにすることができます。

また、「ここって〇〇君の家じゃないかしら」と知り合いの家にお仕事が入ったとしても回避してくれます。

アリバイ会社を用意してくれている

大きな風俗店では、だいたい専用のアリバイ会社を用意しています。

こちらについては、詳しくはあとで記載しますね。

接客したくないお客様の電話番号をNG指定できる

これは先ほどの送迎エリアのNG指定と似ていますが、知り合いに風俗をよく使っている人がいたとします。

もしかしたら自分が働いているお店も使っているかもしれない。

そういったときに、知り合いの電話番号が分かっていれば予めお店側に伝えておいて、ホテルでバッタリなんてケースを防ぐことができます。

風俗嬢が自身で行うアリバイ対策

次は、風俗嬢の女の子が自分自身でできるアリバイ対策の方法についてご紹介していきます。

お店がしてくれるアリバイ対策に加えて、これらの対策もすることで、彼氏や家族にバレる確率をさらに下げることができます。

風俗店との連絡履歴を見られないようにする

これはほぼ「浮気」を隠すのと似ていますが、風俗店との連絡はなかったことにするのが一番です。

基本的に出勤の希望や、イベントのお知らせはメールやLINEで行われるため、スマホの管理はとても重要です。

日頃からスマホをロックしている女の子は大丈夫かもしれませんが、働き始めて急にスマホをロックすると彼氏に疑われる原因になります。

もしロックしていてもしていなくても、履歴はこまめに消すようにしましょう。

風俗店で働いていることを悟られないように振る舞う

風俗で働くと石鹸の匂いがついたりします。

なので、彼氏と同居していたり、彼が家に遊びに来る場合は一度自分の家でシャワーを済ませるか、匂いがキツくない石鹸を持ち歩きましょう。

香りがキツイ石鹸は肌荒れの原因になるので、そういった意味でも無添加無着色、無香料の石鹸やボディソープを持ち歩くのはオススメです。

ちなみにお店が無香料の石鹸やボディソープを用意してくれているケースもあります。

また、急に派手になると身近な人からは不思議がられます。

今まで無頓着だったネイルをやってみたり、今までの趣味とは全く違うような服を着たりすると、「どうしたの?最近」ってなっちゃいます。

写真やメモで、風俗店で働く前の自分を振り返ることができるものを用意しておくのがオススメです。

デリヘルの場合、服装が女性らしくコンサバ趣向のお店が多いため、普段カジュアルな格好が好きな女の子だと、突然コンサバ風の服を買い始めたり着ていると驚かれることがよくあります。

この場合、待機所に置かせてもらうか、途中で着替えるなどしましょう。

余談ですが、彼氏や旦那さんなど夜のパートナーがいる場合も要注意です。

もし風俗で覚えたことを実践する場合は、あくまでも小出しに少しずつ披露をしないと、突然テクニシャンになったとビックリされてしまいます。

発言やお金の使い方に注意する

ふう子は彼氏にコレでバレたことがあります。

男友達や彼氏がいる場で風俗の話が出て、それにのっかってしまったのです。

不思議に思った彼氏に最終的に送迎の集合場所で遭遇するという、今思えば身の毛がよだつ話です。

なので、話題には気をつけましょう。

風俗嬢しか知りえない話などを「雑誌で見たんだけど」と切り出すのも気をつけた方がいいです。

また、風俗のお仕事は1回の出勤でかなりの金額を稼ぐので、急にお金使いが荒くなりやすいです。

洋服屋さんであれもこれも買ったり、飲食代を「奢るよ~」って言って奢るのも周りから不思議がられます。

今までと同じように振舞いましょう。

地元から離れたところで働く

通勤時間がかかりますが、彼氏や家族にバレることを考えると、たとえ通勤するのに時間がかかったとしても離れたところが良いです。

もし風俗で働いていることを知られたくなければ、地元では働かないようにしましょう。

週末だけ風俗で働く場合は泊まりで行ったり、彼氏や家族には近くの会社で働いているように見せかけて、その分を差し引いた時間だけ勤務するなど工夫して働くのがオススメです。

アリバイ会社がしてくれるアリバイ対策

アリバイ会社とは、風俗で働く女の子のために一般企業になりすましてくれる会社のことです。

例えば、家族に「〇〇商社ってところで働くことにした」と言うと、「緊急連絡先を教えといてね」と言われると思います。

そのときに教える連絡先を準備してくれるのがアリバイ会社です。

アリバイ会社は、他にも以下のようなアリバイ対策をしてくれるので、風俗嬢にとってはとても心強い会社です。

一般企業名で名刺を作成してくれる

名刺があると何かと心強いシーンがあります。

例えば、彼氏に「会社の名刺とかないの?」と聞かれたときに、一般企業名が入った名刺があればすぐに出すことができます。

「私の部署(役職)はないんだよ」で乗り切れる場合もありますが、企業によっては個人個人に用意しているところもあるため、名刺があるところが普通と思っている人には、名刺があるとかなり心強いです。

アリバイ対策用の給与明細を発行してくれる

給与明細もきちんとあれば心強いですね。

彼氏と同棲するときなど、自分の収入を彼氏に見せたりするときに一番見せやすいのが給与明細。

「うちの会社ないんだ」なんて普通は言えませんよね。

そういったときに使えるように、それっぽい金額で給与明細を作ってくれます。

アリバイ対策用の電話番号を用意してくれる

彼氏や家族に緊急連絡先を教えてと言われたとしましょう。

自分の電話番号を教えてしまうと、仕事中に電話をかけてくる場合を考えるとややゾっとしますし、自分の携帯番号でよかったらそもそも聞いてきませんよね。

あとは、何かしらボロが出てしまったときに聞いてくる場合もあるので、電話番号を用意してもらうのは心強いです。

もし、その電話番号に誰かがかけてきたとすると「〇〇はただいま席を外しております」とそれっぽく対応してくれるので安心です。

アリバイ対策用のメールアドレスを用意してくれる

職業によってはない会社もあるかと思いますが、一般の企業だと個人用のメールアドレスが大抵は存在します。

「xxxxxx@〇〇office.co.jp」といったように@以降が会社の名前になったドメインのものですね。

アリバイ対策会社はそういったものも用意してくれます。

源泉徴収票・在籍証明書・社員証も発行してくれる

さらにアリバイ会社は証明書も発行してくれます。

源泉徴収票・在籍証明書・社員証などの証明書だけではなく、雇用契約書や内定通知書まで発行してくれるのは本当にすごい。

基本的には、労働にかかわる証明書はすべて発行してくれるのでとても便利です!

社員証なんかは実際にあると、カバンの中に入れておけばオフィスに行ってる感が出て疑われにくそうですよね。

アリバイ会社は直接契約することも可能

お店がアリバイ会社を用意してくれることもありますが、自分で直接アリバイ会社と契約することもできます。

地方の風俗店や、まだオープンしたばかりの風俗店などはお店単位で用意していない場合があるので、こういったときは直接契約しましょう。

料金は月5,000円~10,000円ぐらいが相場です。

アリバイ会社を利用する料金は必要経費ですし、風俗の収入からしたら、ふう子はこの金額なら安いと思います。

アリバイ対策してもらうときの確認事項

何も考えずにただアリバイ会社を使うだけだと、返ってあらさがしされて、風俗で働いていることがバレることもあります。

なので、きちんとアリバイ対策をお願いするときは細かくチェックをしましょう。

アリバイ会社によって仕組みが違うので細かく確認する必要があります。

  • 作ってもらった名刺の会社は実在するのか
  • 電話はかけたらどうなるのか
  • メールアドレスは個人で作ってくれるのか
  • 給与明細の内容(振込名義等)

もし作ってもらった名刺の会社が実在する場合、電話番号は応対してくれるところに変えた方がいいです。

アリバイ対策用の電話番号にかけたらつながりません、と言われるのであれば、お店に協力してもらって、かかってきたらそれっぽく答えるようにお願いした方が良いでしょう。

メールアドレスを個人で作ってくれない場合は、自分でGメールでアドレスを作るのもアリです。

また、お店が風俗店以外に何か経営している場合、そこの電話番号を借りてアリバイ会社にお願いしたりすると良いでしょう。

あとはアリバイ会社と契約するときは、しっかりその会社員として働いているフリをすることを忘れずに。

どのような仕事で何時まで働いていることにするのか、会社の飲み会や勤務日など、自分の置かれている状況に合わせてきちんと脳内で作り上げておくこともとても重要です。

アリバイ会社で発行してもらう書類について

実は、アリバイ会社で発行してもらった書類は、公的機関には提出することができません。

たとえば賃貸契約を結ぶときなど、給与明細を3か月分提出する場合があります。

そのときはアリバイ会社で作っていただいたものは使えませんのでご注意を。

また、旦那さんに内緒で風俗で働いている人妻の方も、アリバイ会社で作った源泉徴収票を旦那さんの会社に提出する場合も同じです。

上手くアリバイ対策をして風俗で働こう!

まずは自分自身が疑われないように生活することが大事です。

風俗で働いていることがバレる一番の理由が、女の子自身の不注意によるものがほとんどで、つまりは自分で防げることが多いのです。

なので、浮気がバレないようにするのと同じで、匂いや服装には気をつけたり、連絡先をこまめに消すことはアリバイ対策の初歩であり基本です。

個人的には彼氏や家族と同居している場合、風俗一本に絞らず、何かアルバイトでもいいので働いて、それと同時に風俗で働くことがオススメです。

友人関係もアルバイト仲間で話せますし、源泉徴収票もアルバイトでも出せますからね。

ちなみに一人暮らしの場合は、風俗一本でもいいでしょう。

ただし、彼氏が遊びに来たり、彼氏の家に行く前などのケアは入念にお願いしますね。

まとめ

アリバイ対策は人によって状況が様々なため、お店のスタッフや一緒に働く女の子に聞いてみて参考にするとより良いでしょう。

先ほども述べましたが、まずは自分自身の油断が一番危ないので、風俗で働き始めても何も変わらないというのが一番です。

風俗のお仕事そのものは報酬が高額で、自分の好きなペースで働けるので女性にはとてもありがたい職業です。

女の子がいなければ風俗店は儲からないのでとても大事にしてくれます。

多少のワガママも普通の職場より聞いてくれますし、働きやすい環境です。

ですが、友人や知人、彼氏や家族にはバレたくないと思いますので、しっかりアリバイ対策をしてたくさんお金を稼ぎましょう。

-アリバイ対策

Copyright© 風俗バイト超入門 , 2019 All Rights Reserved.