待遇・環境

風俗嬢が一人暮らしする方法!マンション賃貸に必要な書類も紹介

2019年5月25日

風俗の仕事などナイトワークをしている場合、引っ越しなどでお部屋を借りることが難しいって知っていますか?

風俗嬢は収入が安定してないと見られるので、賃貸契約ができない事があるのです。

そのため、不動産屋にいきなり行っても、相手にしてもらえないという場合もあるのです。

けれども、

  • 実家を出て自立したい
  • 引越し先を探している

など、風俗の仕事をしながら住む場所を探している女の子はたくさんいますよね。

また、風俗の仕事をしていても賃貸契約をして自分の部屋を手に入れている女の子がいることも事実です。

では、どうやって部屋を借りることができたのでしょうか。

実は、風俗で働く女の子が賃貸物件の契約をするには様々なコツがあるのです。

そのコツさえおさえれば賃貸契約も難しくないんですよ。

お部屋探しで失敗しないよう、ふう子と一緒に勉強していきましょう!

そもそも風俗嬢って賃貸物件を借りれるの?

結論からいうと、風俗嬢でも賃貸物件を借りる事は可能です。

しかし、昼職の会社員などと比べるとハードルが上がってしまうため、考えなしに物件を探しては、契約もできず時間を無駄にしてしまうかもしれません。

では、まず一般的に賃貸物件の契約はどのような手順で行われるか、具体的にみていきましょう。

賃貸物件を借りるためには審査がある

通常、賃貸物件を借りるためには、「家主」「管理会社」「保証会社」の入居審査があります。

家主と管理会社による審査

「名前、住所、生年月日、勤め先、勤続年数、月収や年収、業種、仕事内容」などの情報が必要になります。

この時、同時に保証人になってくれる人をたて、その保証人にも上記と同様の情報を提供してもらうことになります。

保証人は原則親類などの身内になりますので、親に頼む人が多いです。

しかし、親が仕事をしていなかったり、働いていてもそれが夜の仕事だと審査に通ることができないことがあります。

そのような理由で保証人に困った時、またはそもそも保証人をたのめる人が居ない時などは保証会社を利用する必要があります。

保証会社による審査

保証会社は契約のために保証人の代わりになってくれる会社です。

しかし、保険会社を利用するために、審査を受ける必要があります。

審査の内容は本人の信用調査が一般的です。

親とは不仲であったり、保証人として協力してもらえない場合などにも保証会社の利用が必要ですね。

風俗嬢が賃貸物件を借りにくい理由

風俗の仕事をしている場合、同世代の昼職の人と比べていいお給料をもらっている事が多いです。

なんてったって稼げるお仕事ですもんね。

では、なぜ風俗のお仕事をしている女の子は賃貸物件を借りにくいのでしょうか?

よくあげられる理由としては、

  • 月により収入額が変わり不安定だから
  • 昼夜が逆転するので住民との生活音トラブルになる可能性がある

という問題があります。

そのようなトラブルを嫌がる大家(アパートやマンションの持ち主)が自分の物件をナイトワークしている人には貸さないと決めていることがあるのです。

そういった条件の物件が多いと、不動産屋はナイトワークの女の子に物件を紹介することができませよね。

そんな不動産屋にあたってしまった場合、「風俗の仕事をしている」というだけで門前払いされてしまう可能性があるのです。

風俗嬢は入居審査には通りにくいが、全く借りれないわけではない

何度もいいますが、風俗のお仕事をしていると審査に通りにくいというだけで賃貸物件を借りることができないわけではありません。

確定申告をして課税証明を提出できるなど、収入を証明できる書類をそろえることが出来れば審査に通ることもあります。

しかし、不動産屋や大家の判断にも左右されるので、書類がちゃんと用意できたとしても100%審査に通るという確証はありません。

保証人がいない場合の対処法

保証人をたてられない場合は、保証会社にお願いするのが一般的です。

保証会社とは保証人の代わりになり、家賃滞納の際には入居者のかわりに貸主に家賃の支払いなどをしてくれる会社です。

もちろん滞納分の家賃は、保証会社が入居者に請求することになります。

保証会社によって契約する際の審査内容は若干異なることがありますが、一般的には身分証明の書類の提出や信用調査をされることが多いです。

信用調査とは

収入に対して家賃のバランスはとれているか、過去に保証会社を利用して返済の滞納などのトラブルがなかったかなど、このような事を調査されます。

調査と聞くと少し不安になるかもしれませんが、保証会社の中にも「ナイトワークOK」としている会社もあるんですよ。

風俗など夜のお仕事をしていると「賃貸契約の保証人はどうしよう?」と同じ悩みを抱える人が他にもいるものです。

そのようなナイトワークOKとしてくれている保証会社を利用すれば、実績もあるのでスムーズに対応してもらえるかもしれませんね。

しかし、保証会社を利用するデメリットもあります。

依頼にはもちろん費用がかかってしまうのですが、これは家賃の50%ほどかかることが多いです。

賃貸物件の契約は初期費用として、まとまったお金が必要になりますので、さらなる出費は避けたいですよね。

可能であれば親と話し合ってみるなどして、保証人をたてたいところです。

賃貸ではなく分譲マンションを買いたい場合は?

賃貸物件の契約の話ばかりになってしまいましたが、「私は分譲マンションを買いたい!」という女の子もいるかもしれませんね。

住宅や車などの大きな買い物をする場合は、ローンを組むのが一般的です。

銀行などからお金を借りて購入し、月々決まったお金を返済していく。

そのようにローンを使った方法で高額の買い物をする人が多いでしょう。

しかし、風俗のお仕事をしている女の子はローンを組むことができません。

このような仕事の場合、月の収入がいくら高くても、それが1年後や2年後はどうなっているのか、長い目でみると不安定な職種に分類されるからです。

また、ローンを組むには確定申告を済ませていることが必要です。

風俗の仕事は月給制ではなくほとんどの店舗が日払いで月々の収入もバラバラです。

また、退店して違うお店で働くことも珍しくありませんよね。

そのため、お店が源泉徴収をしてない場合もありますし、それに伴い確定申告をしていない女の子が多いです。

確定申告をしていないと、残念ながら収入の証明ができないため、そのような女の子はローンを組むことができません。

しかし、ローンを組めないだけであって、分譲マンションを購入できない訳ではありません。

「現金で一括購入する」という方法があります。

よほど審査に厳しいマンションでないかぎり、現金による一括購入の場合は職種の影響は受けません。

しかし、何千万という大金を現金で用意するということは並大抵のことではありません。

それでも「分譲マンションを購入したい!」という熱意のある女の子は、その大きな目標をモチベーションに風俗のお仕事に励むのもいいかもしれません。

風俗嬢が入居審査を通過する方法

お部屋探しはただでさえ時間と労力を使う作業です。

インターネットで物件をさがして、何件もピックアップして不動産屋に電話して・・・。

しかし、風俗のお仕事をしていると、なかなか入居審査に通らずに物件探しを繰り替えさないといけない場合があります。

昼のお仕事をしている人とくらべて、さらに手間が増えてしまうというわけです。

昼も夜も働いていることは変わらないのに、そんな目にあってしまうなんて悔しいですよね。

実は、ナイトワークの女の子が審査に通るにはいくつかのコツがあるんです。

嫌な思いをせず時間を無駄にしないため、ポイントを抑えていきましょう!

水商売OKの不動産会社で部屋を紹介してもらう

不動産屋のなかには、ナイトワークをしている人の賃貸契約をサポートしてくれる会社があります。

インターネットなどで「風俗 賃貸」などで検索してみるのもいいかもしれません。

その様な不動産屋だと自分の職業も堂々と伝えらますし相談しやすいです。

繁華街近くの不動産会社で部屋を紹介してもらう

繁華街は風俗店やキャバクラなどのお店が多いため、そういった場所にある不動産屋に相談にのってもらうのもオススメです。

そのような不動産屋は、繁華街で働いている人の賃貸契約の相談にのることが日常茶飯事なのでナイトワーク歓迎のお店が多いです。

むしろそういった夜のお仕事をしている人達をメインターゲットにした不動産屋もあるほどです。

入居審査がやさしい物件を紹介してもらう

不動産屋に直接足を運んで、入居審査がやさしい物件を紹介してもらうものいいでしょう。

物件によっては「収入があれば職種に制限をつけない」といった審査基準をとっているものもあります。

しかし、どの物件がそのような審査基準かはインターネット上で知ることはできません。

そのため、直接出向くのが1番手っ取り早いといえます。

審査に強い不動産屋に頼む

審査に通ることが出来るかどうかは、不動産屋と大家の話し合いで決まります。

そのため、熱心に審査を通そうとしてくれる不動産屋だと審査に通りやすいことがあります。

そのためにはナイトワークOKとしているお店に頼むことがオススメです。

そういった店舗はナイトワークをしている人の賃貸契約をいくつも結んできたので、不動産屋の営業マンも慣れていますし、審査を通してきたという実績もあります。

一時的にでも昼の仕事を始める

色々試してみたけど審査に通らなかった場合は、一時的に昼の仕事を始めてみるという選択肢もあります。

審査書類の職業欄に昼の仕事を書けるようになるため、審査に通る確率はグッと上がります。

しかし、仕事を始めるのってそう簡単なことではありません。

そういった場合、短時間のアルバイトだけでもどうでしょうか?

ナイトワークの入居者を断る大家は、夜の仕事に良い印象をもっていないことがあります。

お昼の仕事を少しするだけでも、その印象を変えられることがあるのです。

たとえばコンビニバイトをしていたとすれば、

  • 安い時給でも働くことができて金銭感覚が狂っていない
  • レジなどが務まるなら、しかっりとした挨拶や作業が出来る人なのかも

など違った印象をもってくれるかもしれません。

審査しているのは機械ではなく人間ですから、大家が感じる借り主の印象が違えば審査結果も変わってくるのかもしれませんね。

けど、風俗の仕事をしているからと悪い印象ばかりを持たれているのは、ちょっと納得できないというかモヤモヤしませんか。

けれども賃貸物件の大家をしている人は年齢層が高かったりするので、そこはしかたがないと割り切りましょう。

親族名義で部屋を契約する

自分の名前ではなく家族の名義で契約する方法です。

審査されるのは名義人になるので、しっかり働いている人であれば審査に通りやすいです。

しかし、親族が名義を貸してくれない場合もあります。

その場合は他の方法を考えるしかありません。

預貯金審査で通過する

賃貸契約のなかには審査方法として「預貯金審査」という方法をとっている物件があります。

預貯金審査とは、職業に関係なく貯金額が十分であることを証明できれば審査に通る仕組みです。

一般的に契約する物件家賃の2年分ほどの貯金が必要です。

家賃が8万円の場合は200万円になります。

しかし、この預貯金審査は審査方法の1つに過ぎません。

お目当ての物件の大家がこの方法をとってない場合は審査してもらえない場合があります。

気になる物件を見つけた時は、まず不動産屋に審査内容について聞くことが大切ですね。

アリバイ会社を使う

入居審査に通るためにアリバイ会社を使う方法があります。

アリバイ会社とは

アリバイ会社が設立しているペーパーカンパニーなどを利用して、その会社に勤務しているように偽装してくれる会社のことです。

会社の在籍証明や給与明細なども発行してくるので、風俗嬢の女の子がよくアリバイ対策するときに利用しています。

しかし、賃貸契約の審査の際には不動産屋から務め先に確認の電話がいくことがあります。

あまり安いアリバイ会社に頼んでしまうと電話確認の際にボロが出て、審査に落ちてしまうこともあるので要注意です。

また、風俗店によっては初めから店舗自体でアリバイ会社をたてていることがあります。

お店の求人情報に「アリバイ会社あり」など書かれているのでわかりやすいです。

このような店舗で働くと、アリバイ会社を探す手間がはぶけますね。

賃貸物件を借りる前に準備しておくこと

賃貸物件を借りる際には、様々な書類やお金などを準備しておく必要があります。

せっかくいい物件を見つけても「準備ができてないので仮押さえしておいてください」なんてことはできません。

物件を探す前に必要なものを確認しておきましょう。

初期費用を前もって貯めておく

初期費用とは物件の契約の前にまとめて支払いをしないといけないお金です。

このお金の支払いをすませないと物件に住む事はできません。

主に大きなものとしては、

  • 当月分の日割り家賃(契約日から月末までの家賃)
  • 翌月分の家賃(翌月分を前払いすることがあります)
  • 仲介手数料(家賃1か月分(不動産屋に払う手数料です))
  • 保証会社への支払い(家賃1か月(保証会社利用の場合))
  • 資金、礼金(家賃1か月分など物件により異なる)
  • 火災保険料
  • 鍵交換代
  • 退去時のクリーニング費用

など、物件によって変動はありますが家賃の3~5か月分ぐらいを用意できていれば安心です。

初期費用って意外とかかってしまうものなんですね。

また、引っ越しをすると細かいものを買い替えたりと思わぬ出費をしてしまうものです。

余裕をもってお金の準備をしておきましょう。

お店に3か月以上勤務してから申し込みをする

勤続期間が短いと審査に通りにくくなってしまいます。

勤めはじめたばかりだと、収入に関する信用が低くなってしまうからです。

賃貸物件の契約審査を受けるには、最低でも3か月以上勤務している状態で申し込みをしましょう。

また、転職と引っ越しを同時に考えている場合、先に退職してしまっては審査に通ることができなくなってしまします。

そのため、転職をする前に物件契約を済ませたほうがいいといえますね。

部屋を借りる時に必要な書類を揃えておく

必要書類としては源泉徴収票・在職証明書・給与明細などがあります。

源泉徴収票と在職証明書は、勤めているお店に発行してもらう書類ですので事前に頼んでもらっておきましょう。

給与明細は毎月貰っているものを持っていってください。

発行してもらっていない場合でもお店にお願いすれば大丈夫です。

これらの書類を集めるのには少し時間がかかってしまう場合があります。

賃貸物件の契約を考えたら早めにお店にお願いしておきましょう。

お部屋探しを失敗しないためのポイント

やっと審査に通って一人暮らしを始めたのに、「お部屋選びに失敗した!」とあとから後悔している女の子は少なくありません。

なかなか契約できる物件がなく、選んでいる時間がなかったなど失敗してしまった理由は様々です。

物件選びで後悔しないために、失敗しないポイントを見ていきましょう。

焦って賃貸物件を決めない

物件選びに失敗してしまう1番多い理由です。

審査に落ちてしまったり、それによって思わぬ時間をロスしてしまうと誰だって焦ってしまいますよね。

結果的に「ここも審査に落ちるかも」という気持ちから物件を選ぶ作業が雑になってしまいがちです。

そして、おもわぬ物件の審査に通ってしまい、住んでみると後悔というパターンです。

初期費用の安さだけで決めない

初期費用には家賃の3~5ヶ月というまとまったお金が必要です。

そんなにかかるとは思ってなくて、とにかく安い物件を決めてしまったという女の子も多いかもしれません。

確かに最近では、敷金礼金がゼロの物件も増えてきてはいます。

しかし、敷金礼金が安い物件には、古い物件が多いのも事実です。

いざ引っ越してみると「古くて使いづらかった」なんてことも。

ちゃんとしたお部屋に住めるように、お金の準備は大切です。

職場の近くだけに絞って探さない

「通勤時間を節約したいから、お店のすぐ近くに引っ越した」

こんな理由で後悔している女の子もいます。

たしかに通勤には便利ですが、普段の生活がお店と自宅の行き来のみになりがちです。

お休みの日に、近所でお店のスタッフやお客さんと顔をあわせてしまうのは気持ちのいいものではありません。

また、そのお店を辞めてしまうことだってありえます。

賃貸物件を借りる際には、お店と適度な距離のある物件を選んでおきましょう。

長く住めそうな賃貸物件を選ぶ

  • 近くに買い物に便利なお店はあるのか
  • 家賃は長く払えるような金額か
  • 間取りは自分にあっているか

このようなポイントをおさえながら、数年先まで快適に過ごせるかどうか想像してみることも大切です。

「コンビニに飽きたらスーパーを使うようになるかもしれない」「いずれペットを飼いたいと思っている」など。

何かあるたびに引っ越しをしていてはお金がかかってしまいますからね。

全てをカバーすることはできませんが、可能な限り自分のライフスタイルにあった生活環境の物件を探しましょう。

不動産会社の営業マンの言いなりにならない

物件選びの際には、ちゃんと自分の要望を営業マンに伝えるようにしましょう。

積極的に物件を紹介してくれない営業マンも中にはいるかもしれません。

職業柄、審査に通りにくいからといって、そこで弱気になることはありません。

不満があれば担当や不動産屋を変えることも考えましょう。

事前に要望や条件を明確にしておく

不動産屋に足を運んでから、「どんな物件にしよっかな~♪」と考えていては時間がかかってしまいます。

営業マンもどんな物件を紹介していいか絞れないですよね。

あらかじめインターネットなどで物件を検索して、希望の間取りや階数など決めておくとスムーズです。

条件の近い物件を営業マンに探してもらい、そこから審査のやさしい物件に絞っていきましょう。

家賃や初期費用の交渉をしてもらう

賃貸物件を借りる際に家賃や初期費用の交渉が出来ることを知っていますか?

とくに家賃などは何年も払い続けるので1000円、2000円下げてもらうことが出来ればかなりお得です。

お気に入りの物件があるけど少し初期費用が足りない・・・。

そんな時は交渉してみるのもいいかもしれません。

しかしこの交渉、3月4月など賃貸物件の入居が多い時期は難しいです。

それ意外の時期で空室のある物件だと大家がOKしてくれる場合があります。

賃貸物件を借りたいならまずはお店に相談しよう!

風俗のお仕事をしている女の子が賃貸物件を借りることを考えた場合、お店に相談するところから始めるのが一番の近道です。

ほとんどのお店はそのような事に慣れていて、提携している不動産屋をもっています。

賃貸物件の契約に関する悩みは、風俗で働く女の子に限らず夜の仕事をしている人なら誰しもが持っているものですからね。

そして、ナイトワークと連携している不動産屋はそのような人たちが住める物件を紹介できるため、アリバイ会社などを使う手間も省けます。

ちゃんとコツを守って、足を運ぶ不動産屋さえ間違えなければ素敵な物件に出会えることができるはずです。

まとめ

今は昔と違い、風俗などのナイトワークへの偏見は薄れつつあります。

フリーランスで仕事をしている人も増え、転職なども当たり前の事になってきました。

働き方の多様化が進んでいるのです。

また物件の審査基準を決める大家も、いつまでも古い考えで審査基準を高くしていては入居者が増えず生活できなくなってしまうのも現状です。

そして、敷金礼金がいらない物件や保証会社の存在など、賃貸物件の契約をサポートしてくれるようなサービスも増えていますよね。

  • お店などを通してナイトワークOKの不動産屋を探すこと
  • 審査の緩い入りやすい物件を選ぶこと
  • 保証人の居ない場合は保証会社にサポートしてもらうこと

これらのことを守れば審査対策は大丈夫です。

それとあわせて、今回説明したいくつかのコツを参考にしていただければ、風俗のお仕事をしている女の子でも賃貸物件を借りることは十分可能です。

素敵なお部屋を借りたい!そんな夢はもちろん叶いますよ。

-待遇・環境

Copyright© 風俗バイト超入門 , 2019 All Rights Reserved.