風俗嬢でも住める部屋の探し方

風俗バイトを始めるにあたって、地方から上京してくる女の子って意外と多いものです。

 

その場合、住む場所はどうするかというと、自分でアパートやマンションを探す方もいれば、お店が用意してくれた寮に住むこともあります。

 

待遇のいい風俗店だと、一人で快適に暮らせるワンルームマンションを安い家賃で貸してくれたり、斡旋してくれたりします。その一方で、寮が完備されてると言っても、狭いマンションの一室に数名の女の子で雑魚寝するところも少なくありません。

 

ふう子は最初はお店が用意してくれた寮に住んでましたが、やはり一人暮らしをしたいという目標があったので必死に働いてお金を貯めることにしました。そして、そのお店からもっとグレードの高い風俗店に移ると同時に、部屋探しを始めました。

 

でも、そこには新たな壁がありました。

 

部屋探しをしていたときには優しかった不動産屋さんが、入居審査にあたり、職業欄に風俗勤務って書いたとたんに対応が変わったのです。

 

「うちでは風俗にお勤めの方はNGなんですよね」と言われてしまいました。

 

そのときは知らなかったのですが、風俗勤務は収入の浮き沈みが激しいうえ、ライフスタイルが夜型なので近隣とのトラブルも少なくなく、不動産屋さんから敬遠されるケースが多いそうなんです。

 

それで困っていたら、ふう子を採用してくれた風俗店の店長に「部屋を探してるなら早く言ってよ」と言われました。水商売・風俗OKの不動産屋さんを紹介してくれたのです。

 

風俗街の入り口にある不動産屋さんで、お客さんのほとんどが風俗関係者で、紹介してくれる物件も多くが風俗関係者で占められていました。かなりグレードの高い物件でしたが、審査もすんなり通ったので助かりました。

 

あなたもアパートやマンションを探すなら、水商売・風俗OKの不動産屋さんで部屋を探すことをオススメします。

PAGE TOP