最近の風俗店の講習事情について

ソープランドやファッションヘルスなどの店舗型風俗店と、デリヘルやホテヘルなどの無店舗型風俗店の一番の違いは、「サービスのレベル」だとよく言われています。これはお店が「講習」を行っているかどうかの差が大きいと思います。

 

かつて、風俗店では新しく入ってきた女の子に対して、講習を実施するのが当たり前でした。

 

特にソープランドにおいては新人の女の子が最初の3日間くらいベテラン嬢について、1日3時間程度みっちりとサービスを教え込まれるのが普通でした。

 

しかもベテラン嬢の講習料として、新人ソープ嬢はお店のサービス料に相当する金額をベテラン嬢に対して支払うというのがしきたりだったので、新人ソープ嬢はお仕事を開始した時点で、お店に対して借金を負うというケースもありました。

 

実際、現在でも高級ソープランドでは同様の講習を行うお店が多いですが、新人の女の子を集めるために、講習料についてはお店が負担し、女の子からは取らないお店も増え始めています。

 

では、最近の風俗店の講習事情について詳しく書いていきたいと思います。

店舗型風俗店の講習

店舗型の場合は、ファッションヘルスやイメクラ、性感マッサージでもソープランドと同じように、講習を受けないと女の子をお客さんの前に出さないお店が多いです。

 

違いがあるとすれば、ソープランドでは講習師が女性であるのが多いのに対し、ファッションヘルスでは店長など、男性スタッフであることが多いことです。

 

ただし、ソープランドでもオーナーや店長などの男性スタッフが担当することもあるし、ファッションヘルスでも元在籍嬢の女性スタッフや先輩の女の子が任されて行うこともあります。

 

ではなぜ、このように店舗型風俗店では、講習を行うお店が多いのか分かりますか?

 

現在では、風営法により、ソープランドやファッションヘルスなどの店舗型風俗店が新規出店することは、事実上不可能になっています。

 

つまり、現在も営業している店舗型風俗店は、基本的に法改正以前から存在している歴史の長いお店ばかりで、他店との競争を勝ち抜くためのノウハウを蓄積しており、また「風俗のサービスはかくあるべき」といった、確固たる信念を持っていることが多いお店ばかりです。

 

そのため、入店した女の子に対しては、初めてのお客さんにつかせる前にはちゃんと講習を行い、最低限のサービスができるようになるまでは接客させないのが普通なのです。

 

ちなみに、男性が講習師である場合には、一つだけ守らなければならない決まりごとがあります。それは、「男性講習師は講習中、絶対にイッてはいけない」というものです。

 

講習師のお仕事はあくまでも女の子に接客上の作法や風俗の技術を教えるのが目的で、男性講習師の性欲のはけ口であってはならないというのがその理由です。

 

そのため、講習師がもし射精してしまったら、罰金として女の子に対し、お給料を支払わなければいけないことになっています。

無店舗型風俗店の講習

店舗型風俗店に比べ、デリヘルなどの無店舗型風俗店においては、最近では講習を実施するケースがかなり少なくなってきています。

 

これは、デリヘルは開業までの敷居が低いことが背景にあるのかもしれません。

 

デリヘルは公安委員会への届け出だけでオープンできるので、風俗業界の経験が全くない経営者も多いです。そのため、女の子にサービス内容などを教えることができないのです。

 

また、最近では「女の子への講習=セクハラ」という認識が広がってしまったため、お店側も「当店では講習を行っておりません」と謳って新人募集をかけざるを得なくなったからだとも言われています。

 

それに加えて、現在の風俗業界では素人っぽい女の子が好まれる傾向になってきていることもあり、デリヘルでは講習をしないお店が増えているのです。

 

とはいえ、中には「講習=セクハラ」という誤解を恐れることなく、男性スタッフによる講習を実施しているデリヘルもあります。

 

ちなみにふう子はデリヘルであっても講習は実施すべきだと考えています。先程も書いた通り、最近では素人っぽい女の子を好むお客さんが多いため、何の知識も技術も持たない女の子も少なくないですが、やはり人気嬢になっていくのはサービスレベルの高い女の子たちばかりです。

PAGE TOP