ソープランドの研修・講習の内容

ソープランドに入店すると、まずは研修とか講習と呼ばれるものが実施されます。

 

ソープランド経験者なら省略して、お店の特徴をざっと説明するだけですぐにお仕事をスタートできるケースもありますが、初めての女の子や風俗経験者でもソープランドは初めての場合、必ず受けなければいけません。

 

ファッションヘルスやデリヘルなら素人っぽい女の子が好まれるので、実技講習のないお店もありますが、ソープランドでは様々なテクニックが必要とされるため、みっちりと講習が行われます。

 

というか、講習を受けないと、いきなりお客さんの前に出されても何をしていいか分かりませんよね。お客さんの隣に座ってニコニコしながらお酒を飲むといったサービスとは全く違うので、講習は必須です。

 

講習員は現役で働いている先輩の場合もありますが、規模の大きなところだと、元ソープ嬢が指導員としてレクチャーしてくれます。女性同士なら初めての女の子でも安心ですよね。

 

ふう子が働いたことのあるお店では、ベテラン嬢に講習を受けた後、男性スタッフをお客さんに見立てて教わったことを一通りやって、それを講習員がその場でチェックするという流れでした。

 

定番のマットプレイでの泡マッサージにはじまり、お客さんのエスコートの仕方やスケベ椅子プレイなどを教わりました。

 

ソープランドには独特な技が結構あり、その技についてはまずビデオを鑑賞しました。ふう子が働いたことのあるお店は結構規模が大きく、チェーン店もあるので、しっかりした講習ビデオが出来ていて驚いたものです。

 

鯉の滝昇りなどの高度な技を鑑賞した後、ベテラン嬢から具体的なコツを教わり、一緒に入店した女の子同士で実地体験もしました。

 

さらにそれを男性スタッフをお客さん役に見立てて試し、上手く出来るかチェックしました。ほとんどのお店は結構長く講習に時間をかけるので、ソープランドが初めての女の子でも自信がつくはずです。

PAGE TOP