男を虜にする手コキのやり方!超絶テクニックで風俗客をイカせよう!

風俗に来られるお客様に満足してもらうために「手コキ」は必要なテクニックですよね。

 

やはり手コキが上手いとお客様に喜んでもらえるため、本指名の獲得やお給料のアップに繋がります。

 

しかし、自分の手コキのテクニックに自信がない、単純にシゴく以外の方法が分からないというような悩みを抱えている女の子は多いのではないでしょうか。

 

というわけで今回は、お客様を最高に気持ちよくさせるための手コキのテクニックや、さらにレベルアップするための応用編まで徹底解説していきます。

 

あなたもぜひ手コキのやり方をマスターして、お客様をメロメロにしましょう!

手コキを極めれば強い武器に!

一般的に手コキは、「フェラの前にするもの」と思われていますし、プレイの中でもサブ的な位置づけをされやすい傾向にあります。

 

しかし、それは大きな間違いです!

 

手コキには様々なテクニックが存在し、極めれば強い自分の武器になります。

 

そして、男性は女性の手コキに対してあまり期待していないことが多いです。

 

そのため、それを裏切るような快感を与えることさえできれば、その衝撃からあなたに夢中になってくれます。

 

また「期待を裏切る」ということも難しいことではありません。

 

男性は自慰の際には、自分で手コキをしているわけなので、自分の感じるツボは自分が一番知っていると思い込んでいます。

 

しかし、自慰による手コキはほとんど単調なものですよね。

 

今回ご紹介する様々なテクニックを使えば、自慰では得られない快感に衝撃を受けるはず。

 

お客様を虜にしてリピートしてもらうチャンスになるのです。

手コキで特に感じるのはどの部分?

まずは男性器の責めるべき3つの部分について知っておきましょう。

 

この部分へ刺激を与えることにより、お客様は「気持ちいい」と思ってくれます。

亀頭

男性器の先端部分でカメの頭のような形をしています。

 

ぷにぷにと弾力があり、敏感な部分なので、触れるときはとにかく優しくということを心がけましょう。

カリ

亀頭の付け根の段差の部分です。

 

神経が集中しているためとても敏感です。

裏筋

裏筋は亀頭と陰茎のつなぎ目部、男性器の裏側です。

 

ここを刺激すると感じる男性は多いです。

手コキの握り方のバリエーション

手コキには「握り方」にも種類があることを知っていますか?

 

例えば、同じ動作であっても、握り方1つで男性器への刺激は変わったものになります。

 

握り方を工夫するということなら、不器用な女の子でも簡単に試せますね。

片手握り

まずはオーソドックスな片手握り。

 

ほとんどの手コキはこの方法で行われています。

 

男性が自慰するときの握り方でもあるので、比較的気持ちよくなってもらいやすい握り方です。

 

握る強さなどは男性の好みがありますので、「どのくらいの強さが好き?」などと聞いて調節しましょう。

 

片手握りをしながら相手の好みのシゴき方を把握しておくと、その後のプレイで役立ちます。

逆手握り

亀頭側に小指、付け根側に親指と逆手にしてシゴく方法です。

 

指の腹が当たる部分は、普段の自慰と反対側になるのでいつもと違った刺激にお客様も驚くはず。

 

まるで乳搾りをしているような感覚に、女の子の気分も盛り上がるかもしれません。

両手握り

両手を使うと、男性器の付け根から尿道口まで全体をシゴくことができます。

 

また女の子が両手を使っていると、奉仕している雰囲気も出るのでお客様は視覚的な興奮も得られます。

 

そして、片方の手で睾丸を触ってみるなど、手の位置を少しずらすだけで色々な刺激を与えることが可能です。

 

お客様の反応を見ながら感じるポイントを探してみましょう。

手コキするときの基本的な体位

お客様に手コキをするときは、体位にも気を使いましょう。

 

体位によって違う角度から責めることになるので、与えられる快感も異なります。

 

また、お客様の好みを察してシチュエーションを考えてあげるのもいいかもしれません。

男性に座ってもらう

ピンサロなどのサービスでお馴染みのスタイルです。

 

男性もリラックスできますし、女性も床面に膝をついて座るような体制になりますので、比較的楽に手コキをすることができます。

男性に仰向けで寝転がってもらう

女の子に癒やされたい、サービスを堪能したいというお客様が好みます。

 

女の子がお客様を見下ろすことになりますので、反応が見やすく乳首なども責めやすい体勢です。

お客様に仁王立ちしてもらう

お客様は立っていないといけないので少し疲れるかもしれませんが、Sっ気のある男性には喜ばれます。

 

立ってもらうと男性器の裏筋や睾丸を責めやすくもなります。

一緒に座るor添い寝する

目線が一緒になるので、イチャイチャした雰囲気を出したい恋人プレイにオススメです。

 

体を密着させてねっとり絡みあいながらの手コキでもよし。

 

また、あくまで日常会話を楽しみながら、下では手コキしているなんて非日常的なプレイも楽しめます。

背後からの手コキ

これは意外性があって喜ばれることが多いです。

 

お客様から女の子の顔は見えませんが、密着した背中からつたわる胸があたる感覚に興奮してくれるはず。

 

お互い目が遭わないことによって、感覚がより研ぎ澄まされ感度が上がります。

手コキのやり方と流れ

まず手コキをするときの一般的な流れをおさらいしておきましょう。

 

基本的な流れをすっとばしてしまうと、いくら手コキのテクニックが良くても逆効果になってしまう場合があるからです。

  1. 手コキをする前の事前準備
  2. ゆっくり手コキを始める
  3. 射精に導く
1:手コキをする前の事前準備

手コキを始める前には、雰囲気を作るところから始めましょう。

 

いきなりシゴき始めるのはNGです。

 

着衣の上から男性器をなぞったり、やさしく引っ掻いて刺激を与え十分勃起させることが必要です。

 

ここでエッチなムードを作っておくと後のプレイでの性感に大きな影響が出ます。

 

そして、服を脱がせる際にもムードが途切れないように気をつけましょう。

  • 男性器から手を離さないようにする
  • 肌を密着させておく

などでお客様の興奮状態を維持することができます。

2:ゆっくり手コキを始める

十分に勃起したら、人肌に温めたローションを使い直接触れましょう。

 

しかし、男性器はとても敏感ですから、いきなり掴んで乱暴に手コキを始めてはいけません。

 

やさしく手のひらで包み込むように竿を握り上下に動かします。

 

このときもソフトタッチを意識してください。

 

お客様が感じている様子を確認できたら、握る強さやシゴく速さなどを工夫しながら、さらに気持ちよくなってもらいましょう。

3:射精に導く

竿をシゴきながら、カリや裏筋を触ったりして色々な刺激与えてあげましょう。

 

そして、シゴく上下運動に緩急をつけることも大切です。

  • 男性のお尻や太ももに力が入ってきた
  • 睾丸が上にあがってきた

など、絶頂の傾向が見られたら手コキのスピードを上げましょう。

 

このとき、同じスピードで持続的に手コキを続けることを意識してください。

 

そうすれば気持ちよく昇天してくれるはずです。

手コキの基本テクニック

手コキの流れが分かったところで、次は基本のテクニックを学んでいきましょう。

 

最低限このポイントを抑えておけば、お客様にガッカリされることも無いはずです。

いきなり強く握ったり力任せにしごくのはNG

手コキは「強く、激しくすれば気持ちいいはず」と勘違いしてはいませんか?

 

性器はとても敏感で弱いものなので、力任せでシゴいてはいけません。

 

中には、激しくして欲しいというお客様もいますが、最初は優しくゆっくり触ってみることからスタートした方がいいでしょう。

 

一旦、性器に痛みを感じてしまうと、プレイに集中できなくなってしまいますし、スタートから全力だと気持ちも萎えてしまいがちです。

 

お客様に気持ちよくなってもらうためにも、慎重にサービスすることが大切です。

カリを刺激する

竿をシゴくときには、カリの段差を通ることを意識しましょう。

 

握っている手の人差し指と親指で輪っかを作り、その部分が必ずカリを通ることによって、カリへ十分な刺激を与えることができます。

 

竿の上下運動を基本に、カリを通る通らないなど焦らすような責め方をすると、より感度があがって気持ちよくなってもらうことが可能です。

動きに緩急をつける

射精してもらうには、動きに緩急をつけることが必要です。

 

女の子にもいえることですが、気持ちいいことをされてもそれが単調な動きだとなかなかイクことができませんよね。

 

責めと優しい愛撫を繰り返すことによって、より気分が高揚し絶頂することができます。

  • 亀頭だけ刺激してみる
  • 裏筋をなぞってみる

など、竿をシゴくこととは違った動きも取り入れながら、射精へ導いてあげてください。

手コキしながら言葉攻めをする

男性器への刺激だけではなく、エッチな雰囲気作りのための言葉責めも有効なテクニックです。

「ここが感じるの?」

「こんなに固くして、手でされて興奮してるんだね」

など、痴女のような言葉をかけると喜ばれます。

恥ずかしい体位で手コキしてあげる

  • 四つん這いになってもらい、背面から男性器を手コキする
  • M字開脚をしてもらい手コキをする

体位を工夫するだけで、こんな恥ずかしいシチュエーションを作ることもできます。

 

この体勢だと睾丸やおしりの穴も丸見えになるので、お客様の羞恥心を煽ることができます。

 

Mっ気のあるお客様には、ぜひ試してあげてください。

手コキしながら乳首を舐めてあげる

空いた口を使って、乳首を攻めてあげるとさらなる快感を与えることができます。

 

乳首責めを喜ぶ男性は案外多いです。

 

乳首責めに慣れていない男性でも、性器と一緒に刺激してあげることで気持ちよくなってくれる確率は高いです。

 

お客様は自分の新たな性感帯を発見することになるかもしれませんね。

手コキの応用テクニック

基本の手コキに慣れてきたら、次は応用テクニックです。

 

まだテクニックに自信が無いという女の子でも、覚えておいて損はありません。

亀頭の責め方

亀頭や尿道の入り口などは、神経が多くあるためとても感じやすい部分です。

 

そのため、竿をシゴきなが亀頭を効果的に責めると男性は喜びます。

 

まず亀頭に手のひらを軽く当て、やさしくなでます。

 

そのとき反対の手は竿を持ち男性器を固定します。

 

尿道のあたりが手のひらにこすれて刺激されることにより、男性は快感を得ることができます。

 

お客様の反応がよければ、手のひらだけでなく指のあたりなどゴツゴツとした面でもなでてあげましょう。

 

平らな部分とはまた違った刺激に喜んでくれること間違いなしです。

カリの攻めかた

カリは男性の喜ぶ部分です。

 

しかし、カリへの刺激は、竿を上下にシゴくなど、単純な責めになってしまいがちです。

 

そんなときには指を使ってカリを刺激してみましょう。

 

利き手で、上からつまむ様に男性器のカリの部分だけを触ります。

 

そして、触れたままペットボトルの蓋を開けるように、5本の指でカリをなぞります。

 

このような責めの経験がない男性は初めての快感にビックリしてくれるはず。

 

またカリを刺激する場合、パンパンに勃起していた方が感度があがっているため効果的です。

 

前戯などを十分にしておくことで、このカリ責めはより強い快感を与えることができるのです。

睾丸を責める

亀頭、カリ、裏筋は男性器の代表的な性感帯ですが、プラス睾丸を責めることによってよりエッチな気持ちを高めることができます。

 

しかし、睾丸は男性の急所でもあるので扱いには気をつけましょう。

 

優しく皮を伸ばしたり、睾丸の玉をクリクリ刺激してみたり。

 

直接「イクような刺激」には繋がらないかもしれませんが、責めに変化をつけるためには手軽に試すことができるプレイです。

射精しそうになったら焦らす

絶頂しそうな男性を寸前でとめてみるのもテクニックの1つです。

 

射精を我慢することによって、後の射精での快感も上がりますし、「イキそうな感覚が持続する」ことによって喜ぶ男性も多いです。

 

また、寸止めされるという経験は記憶に残りやすいです。

 

あの子のサービスは良かったと、次回の指名に繋がりやすくなります。

 

しかし、何度も寸止めをすると、男性は痛みを感じることもあり体によくありません。

 

このようなプレイは気分が盛り上がりますが、お客様の体の様子などをみながら慎重に行いましょう。

手コキするときはローションも使おう!

手コキの際に忘れてはならないのがローションです。

 

どんなにテクニックがあっても、手コキの際に滑りが良くないとお客様は痛いと感じてしまいます。

 

そして、ローションにも色々と種類があります。

 

風俗のお仕事の「お供」ともいえるアイテムなので、頭に入れておきましょう。

水溶性ポリマー系(ぺぺローションなど)

AVでの撮影や風俗店でのプレイなどで使われる最も身近なローションです。

 

このローションはリーズナブルな商品が多く、ドラックストアなどでも購入できるため、使ったことのある人も多いはず。

 

品数も多く、商品によって粘度が違いや香りの違いを楽しむことができるので、自分好みのものを見つける楽しさもあります。

 

しかし、乾きやすいという難点があるため、マットプレイなどの際にはかなり大量に使うことになります。

水溶性非ポリマー系(アストログライドなど)

サラサラとした粘度の低いローションです。

 

愛液などに似ているため、女性がアソコに仕込むときなどによく使われます。

 

ドロッとしたローションが苦手な人にもオススメです。

 

乾きにくいため潤滑剤としての機能は高く、水で洗い流しやすいため、体に残りにくいのが特徴です。

グリセリン系(ぺぺウォームなど)

普通のローションにグリセリンを入れることによって乾きにくくした商品です。

 

保温効果も期待できるため、温感タイプのローションによく使われています。

シリコンオイル系(ピュアーローションなど)

潤滑性能が高い商品です。

 

オイルが含まれているため、長時間使用しても乾きにくくサラッとしていて肌触りもよいです。

 

アナルプレイ用のローションもこの製品が多いです。

 

しかし、シリコンやオイル系のローションはコンドームやおもちゃとの相性が悪い場合があります。

 

溶けや変質を招いてしまうことがあるのです。

 

購入の際には成分などをしっかり確認しましょう。

手コキを上達するメリット

手コキのテクニックをマスターすれば、お客様が喜ぶだけではなく女の子にも大きなメリットがあります。

 

まずは、「手コキは疲れにくい」ということです。

 

一般的に男性器を刺激する方法といえば、

  • 手コキ
  • フェラチオ
  • 女性器でのサービス(挿入や素股)

の3つを思い浮かべますよね。

 

その中でも、ダントツに楽なのが手コキです。

 

例えば、「フェラしてるのに男性がなかなかイッてくれなくて疲れた」なんて経験はありませんか。

 

女の子は顎が疲れてヘトヘトになりますし、気持ちも萎えてサービスも悪くなってしまいがちです。

 

でも、手コキなら体力も消耗しなくて体に負担がかからないですよね。

 

そして、もう一つのメリットは「手コキは衛生的なプレイ」ということ。

 

フェラや女性器でのサービスなどと違って、女の子の口内や性器に男性器が触れないため性病感染のリスクが少なくなります。

 

口内や女性器に菌が入ってしまった場合、そこで繁殖する確率は比較的高いです。

 

しかし、男性器や手などは体の露出している部分なので、手洗いや入浴などによって菌を洗い流すことができます。

 

そのため、手コキは感染症の不安は少ない安心なプレイといえるのです。

まとめ

今回は、手コキの色々なテクニックをご紹介しました。

  • ローションの準備、前戯などを怠らない
  • 相手の気持ちのいい強さやペースに合わせる
  • 空いている手や口も他の部分への責めに有効に使う

これらのことを守ることが特に重要です。

 

そして、男性器はデリケートな部分ですのでソフトタッチを心がけましょう。

 

また、どんなプレイにも共通することですが「気持ちよくなって欲しい」というお客様への思いを忘れないことが大切です。

 

思いやりを持って接していれば、すぐに手コキが上達しなくても焦ることはありませんし、お客様との良い関係を築くことに繋がります。

 

あなたも、ぜひ相手への愛情を込めた手コキに挑戦してみてくださいね。

PAGE TOP