風俗店でバンスする前に確認しておくべきこと

風俗業界には、「バンス制度」というものがあるのをご存知でしょうか?

 

本当にお金に困っているときは、このバンス制度の存在はとても助かりますが、当然ながら風俗店でバンスすることはメリットだけではなくてデメリットも存在しています。

 

今回は、バンス制度について詳しく解説していきますので、お給料の前借りを考えている女の子はぜひ最後まで読んでみてくださいね(*^-^*)

そもそも風俗店のバンス制度ってどんなもの?

風俗店のバンス制度

まだ風俗バイトをしたことのない女の子には馴染みのない制度かもしれませんが、バンスとは簡単に言えば、お給料を前借りできる制度のことです。

 

英語のadvance(前払いする、前貸しするという意味)が省略されて「バンス」という言葉が使われるようになりました。

 

風俗店からお金を借りるのは怖そうなイメージがありますが、きちんとお金を返済すれば、特に何も言われることがないので安心してください。

・クレジットカードを持っていない

・無職なので消費者金融でお金を借りれない

・急にまとまったお金が必要になった

・手元に全く現金がない

・ホストクラブの売り掛けが払えない

・借金を滞納してしまっている

などなど、そんな女の子のために風俗業界ではバンス制度が用意されています。

 

実際に、風俗店でお給料を前借りしたいと希望している女の子はとても多く、みんな何かしらの事情があることをお店側も十分に承知しています。

 

実は、風俗嬢がお店からバンスすることはそれほど珍しいことではないので、お金を借りることをなんら恥じる必要もありません。

 

ただし、いくらお給料を前借りできると言っても、バンスは借金と同じなので、よく考えてからバンスするようにしましょう。

バンスするための条件

風俗店にバンス制度があると言っても、当然、誰でも無条件にお金を借りれるわけではありません。

 

風俗店でバンスするには、この女の子ならお金を貸しても大丈夫そうだと思われることが大切です。

 

お店側が一番困るのは、お金だけ貸して女の子に飛ばれることです。

 

そのため、何故お金が必要なのか、あなたの事情をきちんと話した方がいいでしょう。

 

まずはお店に信用されることが大切です。

 

普通は無利子でお金を貸してくれるはずです。

 

ちなみに風俗店でお給料を前借りする場合、消費者金融みたいに利子を取られることはありませんが、やはりお金を借りるためには色々条件を出されることが多いです。

 

以下にお店側から出されることの多い条件をまとめてみました。

  • 全額返済するまではレギュラー出勤すること
  • オープンラストで働くこと
  • お店を半年間辞めないこと

出される条件は風俗店ごとによって違うので、しっかりと条件面を聞いてからバンスするようにしてください。

 

厳しい言い方になるかもしれませんが、「家の事情でオーラスはちょっと・・・」なんて言ってる女の子にバンスを出すお店はほとんど無いです。

 

風俗店側もボランティアでお金を貸すわけではないので、やはり融通の利かない女の子にはバンスは出さないはずです。

 

ふう子も事情があって一度だけバンスをお願いしたことがありますが、やはり風俗店はそんなに甘くなかったです。

 

当然、返済するまではオーラスで出勤しましたし、バンスすると本当に自由がきかなくなると実感しました。

 

毎日ご飯も食べる暇がないくらい忙しくて大変でした。

 

利子なしでお金を貸してくれたり、そのお店を辞めるときにふう子の写真を即日削除してくれたのは本当に有難かったですけどね。

バンスするときの注意点

風俗店からお金を借りるときは金額と利子の確認、そして、お店側と具体的な返済計画や出勤シフトの相談をするようにしましょう。

 

すべて確認した後は、それらの内容や条件をきちんと書面にしてもらうことが大切です。

 

そのときはお店の名前と所在地をきちんと書いてもらい、責任者のサインを直筆でもらうことを忘れないでください。

 

もし書面化するのを渋ったり、拒否するようなところはかなり怪しい風俗店なので、そのようなところからはバンスしないようにしましょう。

 

なお、前借りした分を全額返済した後は、もちろんあなたの希望通りのシフトで働くことができますし、お店を辞めるのもあなたの自由です。

 

もし変に引っ張る風俗店があったらネットで晒してやりましょう。

 

お店側がこちらの足元を見るのは論外ですが、一応こちらはお金を借りる側なので、できるだけ誠意を持ってお店にバンスを頼んでくださいね。

即日バンスすることって可能なの?

入店したその日に本当にお金を借りれるの?

 

こんな疑問を持ってる方もいると思いますが、きちんと返済していけるという姿勢を見せることができれば、入店したその日にバンスすることは可能です。

 

また、ルックスが良かったり、お店にとってメリットのある女の子なら、面接当日にお金を借りることができると思います。

 

ただし、現実的な話をすると、借りたい金額が30万円以上となると、どのお店も怖くて出せないのが現状です。

 

女の子に飛ばれるとお店側も困るからです。

 

もしバンスしたい金額が少額の場合は、お給料を前借りせずに1〜2週間みっちり働くことをおすすめします!

 

普通の若い女の子なら、ファッションヘルスやデリヘルで1週間働けば「1日5万円×6日」で30万円稼ぐことだって可能です。

 

ちなみに風俗求人サイトを使えば、バンスできるお店を簡単に探すことができるので是非活用してみてください。

 

その際、「バンスOK」という項目から探せば簡単に見つかるはずです。

人妻系の風俗店のバンスの相場

若い女の子ならともかく、30代や40代の女性でもバンスできるか気になってる方も多いと思います。

 

ふう子が聞いたところによると、人妻店の場合だと、バンスの相場はだいたい10万円ぐらいまでみたいです。

 

お店によってはもっと貸してくれるところもありますが、それでも20万円が限界だと思います。

 

もしそれ以上のお金を借りたい方はレギュラー出勤したり、半年間お店を辞めないことを条件に交渉すればもっと借りれるかもしれません。

 

バンスの条件は風俗店によって違いますので、まずは気になってるお店に問い合わせてみましょう。

 

また、実績を上げたり、お店に信用されるようになったら、もっとバンスの金額を増やしてくれるはずです。

もし悪質な風俗店でバンスしてしまったら

実はふう子の元に、悪質な風俗店でバンスしてしまって困ってる女の子のお話がよく入ってきます。

 

ひどい風俗店になると、高い利息を取ったり、勝手に写真を使われたり、雑誌に顔出しをしたりするお店があるので、必ず信用できるお店からバンスするようにしましょう。

 

中には、生理のときも休ませてもらえないお店もあるみたいです。

 

辞めるときになって利子分が足りない、バンス条件の出勤数が足りないと言って女の子が辞めないように引っ張るお店もあります。

 

一番最悪なケースは、何とかギリギリ生活できるだけ稼がせて、いつまでもお店に在籍させられることです。

 

もしこのような風俗店で働いてしまった場合は、警察に相談するか、一層のこと飛んでしまうのも有りです。

PAGE TOP