知っておきたい性病の知識

風俗嬢ができる性病予防と感染対策!病気にならない方法を徹底解説!

2019年5月25日

こんにちは、ふう子(@fukohimeno)です。

この記事では、風俗嬢の女の子のために、性病の種類や症状、性病対策の方法をできる限り詳しく解説していきます。

風俗で働くうえで絶対に避けたいのが、性病に感染してしまうことですよね。

病気にかかってしまうと、お店に出勤できずにお給料も減ってしまうからです。

そのような事態を避けるためにも、この機会にしっかりと性病のリスクを減らす方法を覚えるようにしましょう(๑•᎑•๑)

そもそも性病ってどんな病気なの?

まず性病とは、「性交渉によって感染する病気」の総称です。

必ずしも「本番行為をしなければ大丈夫」というわけではなく、キスやオーラルセックスなどによって感染する病気も存在しています。

中には症状が分かりにくく、感染していることに気づかない病気もあります。

お客様から感染したり、あるいは、逆にお客様へ感染させたり、そのリスクを完全にゼロにすることはできません。

しかし、定期的に検診を受け、早期発見・早期治療に取り組むことで、被害を最小限に食い止めることは可能です。

そのため、必要以上に怖がらなくても大丈夫なので安心してくださいね。

風俗嬢がよくかかる性病とは

風俗嬢がよくかかる性病と言えば、クラミジア、淋病、ヘルペス、コンジローム、トリコモナスなどが有名です。

あと免疫力が低下したときにカンジタ菌が繁殖して発症してしまうことがあります。

風俗嬢は一日に何回もシャワーを浴び、石鹸を多用するので、粘膜の善玉菌が死滅してしまい、普通なら抑えられている菌が活躍してしまうのです。

また、性病とは関係ありませんが、シャワーや石鹸による肌荒れの悩みについても色々な女の子からよく聞きます。

一日に何回もシャワーを浴びてる女の子は特に膝、踵、手が荒れることが多いです。

あれだけ頻繁に石鹸を使い、シャワーを浴びているのだから、荒れない方がおかしいですが・・・。

そのため、ふう子はお肌に優しい石鹸を使用したり、シャワーを浴びるときになるべく自分は石鹸を使用しないようにしたりしています。

しかし、ソープ嬢の女の子ともなると、シャワーどころか毎回お風呂にまで入るため、長年ソープランドで働いてるとお肌に潤いがなくなって、化粧のノリが悪くなりがちです。

風俗バイトは気を使うお仕事なので、ストレスのために内蔵をやられる女の子もいます。

では、具体的な性病予防の方法についてはこれからご紹介していきます。

性病にかかったときの症状

性病の症状は、病気の種類、性別、病状の進行によって異なります。

男性の場合は、排尿時の痛みや膿が出る、女性の場合は、おりものが出たり、皮膚に「いぼ」や「しこり」ができたりといった症状が主に見られます。

ただし、症状の出方や自覚症状には個人差が大きいため、たとえ全くその兆候が見られなくても、定期的に検査を受けることが必要です。

早期に発見すれば感染の被害を大幅に抑えることができますし、痛みや後遺症の心配もありません。

風俗店によっては、雇用する前、あるいは勤務中に、性病の検査を義務付けているところもあります。

高級店や優良店は、お店側が費用を負担して、風俗嬢に検査を受けさせることも珍しくありません。

ただし、お客様に対して検査を強制することはできないため、風俗嬢が「感染するリスク」は常に存在します。

従って、感染したお客様を見抜く予備知識、感染した場合の対応については、あらかじめ把握しておく必要があります。

性病予防にはお店選びが重要!

性病に感染しないためには、まず何よりお店選びが重要です。

実は風俗店にはしっかり性病対策に取り組んでるお店と、性病対策については完全に女の子任せのお店があります。

あなたははしっかり性病対策に取り組んでる風俗店で働くようにしてください。

例えば、ふう子が働いてるデリヘルでは、必ず性病検査を受けることが義務付けられていて、これを受けないと働かせてもらえません。

性病のリスクを減らす方法などについても講習時に教えてもらえます。

ふう子が働いてるデリヘルでは、性病検査は10種類14項目もの感染症検査を行ってくれる医療機関でみんな受けています。

提携先の先生は女医さんなので安心できるし、ふう子たちのお仕事を理解してくれているので、優しく性病のリスクを説明してくれたり、対処法を教えてくれます。

そのため、ふう子が働いてるデリヘルは今のところ、性病で悩んでる女の子はいません。

定期的に保健所の検査や指導も受けているし、女の子全員が性病検査を毎月きちんと受けているからです。

また、お客様への協力も徹底させており、プレイ前の殺菌効果のあるうがい薬によるうがいと薬用消毒洗浄剤によるボディ洗浄をしてくれないと出禁になることがあります。

ふう子たちも、まずはうがいと洗浄をお願いすることを心がけています。

それが自分を守ることに繋がりますからね。

なお、たまに挿入さえしなければ病気の心配はないと思ってる方も多いですが、実は喉に淋病やクラミジアが感染することもあります。

また、素股の際に、ローションを介して性器感染することもあります。

性感染症が怖い方は、コンドームをつけて接客できる風俗店やハードサービスのない風俗店で働くに越したことはないでしょう。

そうはいかない場合は、うがいを念入りにする、プレイ前には歯ブラシを使用しない(口内の粘膜が傷つきやすいため)、マメに性病検査をする、異状があったらすぐに病院に行くといった対策を講じたいものです。

風俗嬢のための性病対策

風俗店で働く女の子は、不特定多数の男性と接触しなくてはなりません。

性病感染のリスクを抑えるために、一見して病気と分かるお客様、もしくはその疑いのあるお客様はサービスを断るようにしてください。

具体的には、ペニス周辺の腫れやただれ、いぼ、しこり、出血などが分かりやすい症状として挙げられます。

接客を行う前に、性病の疑いがないかどうか、さり気なくチェックする習慣を身につけてください。

ふう子はいつもシャワーでお客様のおちんちんを洗うときにチェックするようにしてます。

ただし「痛み」をはじめとして、中には外見から症状を確認できない病気もあります。

また、性病によっては「潜伏期間=症状が出ない期間」があるため、全く自覚症状なしに風俗店へ訪れるお客様もいます。

従って、性病に感染しているお客様を「完全に回避する方法」は、残念ながら存在しません。

コンドームを使用したり、本番行為を避けるなどして可能な限り「リスクを減らす」対策を講じてください。

どうしても病気に対する不安が拭えないのであれば、ソフトサービス系の風俗店で働くと良いでしょう。

例えば、ハンドサービスを行うエステ店など、病気に感染するリスクの低い業種もあります。

やはり濃密な接触を行うデリヘルやソープランドなどの方が感染のリスクは高くなってしまいます。

また、性病対策が不十分な風俗店では働かない方が無難だと言えるでしょう。

感染のリスクをゼロにできない以上、早期発見・早期治療を心がけなくてはなりません。

事実、管理の厳しい風俗店では、毎月の性病検査を義務づけています。

その反面、性病対策は風俗嬢の「自己責任」としているお店も多いので、「自分ができることは自分で行う」のが基本的な姿勢です。

自覚症状がなくても、定期的に検査を受ける習慣を身につけてくださいね。

たとえ性病に感染してしまったとしても、早期に発見・治療を行うことで、大半の性病は完全に治療可能です。

病気は怖いものですが、深刻に考えすぎる必要はないと思います。

事実として、日本では健康に働いてる風俗嬢が大半であるということをお忘れなく。

性病のリスクを減らすために重要なこと

実は、性病は「本番行為」で感染するケースが最も多いです。

風俗に来るお客様の中には、本番行為をしたがる男性が多いのですが、性病感染のリスクを減らしたいのならきっちりと断る勇気を持ちましょう。

どうしても性病に感染したくない場合は、ソフトサービス系の風俗店で働くのも一つの手です。

風俗バイトの中でも比較的、肉体の接触が少ないハンドサービスの風俗店などであれば性病のリスクはごくわずかです。

ただし、絶対に感染しない業種はありませんので、性病予防と早期発見の心がけは忘れないようにしてください。

特にプレイ前のシャワーは入念に。

体に付着した病原菌や細菌をしっかりと洗い流すことにより、感染のリスクが低減します。

ソープランドで働いてる女の子は、セックスの前後にはトイレに行く習慣を身につけましょう。

排尿により雑菌や病原菌を洗い流すことができます。

サービスを行う前にお客様のペニスの状態を確認することも大切です。

ペニスに腫れや出血、いぼ、腫瘍などがないかどうかをさり気なくチェックしてください。

性病を予防するための4つの方法

コンドームを使用しよう!

性病を予防する最善の方法は、不特定多数の相手と性交渉を持たない「ノーセックス」。

しかし、風俗のサービスに携わる以上、その方法を採用することは困難です。

よく「本番をしなければ大丈夫」と思ってる女の子がいますが、この考え方は誤りです。

多くの性病は、粘膜の接触などを介して「本番なし」でも感染しますし、風俗のサービスにフェラチオや素股がある以上、どうしても性病に感染するリスクがあります。

性病を予防するアイテムとして、やはりコンドームの使用が有効です。

コンドームを使用することはオーラルセックスやアナルセックスなどを含めて幅広い性病予防効果が期待できます。

感染率を大幅に低減でき、コストや手間もごくわずかです。

事実、風俗店の多くではゴムの着用が義務付けられているので、その指針に従うようにしてください。

コンドームの着用を拒むお客様については、サービスを断るのが風俗嬢の基本です。

中には、本番行為を強要するお客様などがいますが、そのような男性は相手にしないようにしてください。

ただし、コンドームの効果は「絶対」ではなく、あくまでも「リスクを抑える」ものであるということは覚えておきましょう。

「コンドームを使用しているから大丈夫」とその効果を過信するのではなく、体に異常を感じたら、すぐに医療機関で受診してくださいね。

健康に不安がなくても、定期健診も怠らないようにしてください。

お客様に爪を切ってもらおう!

性病の原因となる病原菌は、傷口から侵入することがあります。

膣内や皮膚を傷つけることがないように、激しいプレイや器具の使用などをできるだけ控えてください。

怪我を予防するためにも、プレイ前にお客様にきちんと爪を切ってもらうことが大切です。

特に膣内に指入れされる可能性のある女の子は気をつけた方がいいでしょう。

体調管理をしっかりしよう!

体調不良の時は免疫力が低下し、性病に感染するリスクが高まります。

体の調子が思わしくないときには、きっちりお仕事を休むことを心がけてください。

また、すでに感染している性病についても、体調の悪化に伴い発病の可能性が高まることが知られています。

アルコールや薬物の使用により判断力が低下すると、性病に対して警戒心が薄れる方が多いようです。

お仕事の前の飲酒などは控えるようにしましょう。

生理中の出勤は控えよう!

生理中の女性器は非常にデリケートな状態です。

傷つきやすく、傷口や血液から性病に感染するリスクが高いので、生理中はやはりお仕事を控えた方が無難だと言えるでしょう。

もしどうしても出勤しなければいけない場合は、使用する寝具、お手入れ用のカミソリ、サービス用の玩具などを清潔に保つことも大切です。

自分のできる範囲でこまめに清掃や消毒を心がけてくださいね。

尿道炎、膀胱炎の予防にはオシッコするのが有効

ふう子が昔ソープランドで働いていたときに、先輩風俗嬢から教わったものの中に、セックスの直後にオシッコをした方が雑菌に感染しにくいというものがあります。

つまり、尿道に付きそうな菌をオシッコで洗い流すわけです。

もちろん100%の効果があるわけではありませんが、本番行為のあるソープランドではお客様が帰った後にオシッコをしてる女の子が多いみたいです。

大胆な女の子だと、お客様と一緒にシャワーを浴びながら、バレないようにこっそりオシッコをしたり、プレイの後のシャワーで先にお客様を外に出してから、シャワールームでオシッコをしてる女の子もいるそうです。

ふう子もマットを洗い流したり、自分の体を洗ったりしてるフリをしながらシャワールームでオシッコをしたことがありますが、すぐにシャワーで流せるのでお客様にバレたことは一度もなかったです。

また、オシッコで雑菌を洗い出す予防法は、昔から風俗好きの男性の間でもよく言われていたことみたいです。

女の子がいくら膣洗浄をしたところで、尿道に入った雑菌は洗えないため、この方法は大変好ましいとも言えます。

このことを知らなかった方は、是非今後は実践してみてください。

何もやらないよりかは多少は効果があると思います。

もし性病かもしれないと感じたら

ふう子をはじめとした多くの風俗嬢は女性器やおりものなど、体の一部に異常が現れると、すぐに性病の可能性を疑ってしまいます。

いわば「職業病」としてある程度は仕方のない部分でもありますが、常に自分自身の健康や体調の変化に気を配るのはとても大切なことです。

しかし、その不安の多くは「思い過ごし」や「勘違い」であり、杞憂に終わる場合も少なくありません。

性病については「恥ずかしい」という意識を抱く女の子も多いため、医療機関で検査するには勇気が必要かもしれません。

最近ではネット上で情報収集し、「自己診断」を行う女の子も増えているようですが、ネット上の情報は必ずしも正確ではありませんし、的確な診断を一般人が行うことはほぼ不可能です。

あなたの体に何らかの異常や不安を感じたら、すぐにお仕事をお休みして、できるだけ早く専門機関で受診してください。

先述したように、その不安は多くの場合、思い過ごしが多いですし、万が一、性病に感染していても、その大半は容易に治療が可能です。

きちんと性病対策してる風俗店で働こう!

性病は彼氏や旦那さんにも感染する危険性がある以上、自分だけの問題ではありません。

いくら高収入が魅力でも、性病対策が行われていない風俗店では働かないようにしてください。

お店側の対応や対策については、実際にお仕事を始める前に必ず確認しましょう。

多くの性病は、コンドームを使用することで感染のリスクを抑えることができます。

特にソープランドで働きたい女の子は、お客様からコンドームなしのセックスを請われても応じないようにしましょう。

また、大半の性病は治療が可能なので、病気に不安を感じたら、一人で悩むのではなく、できるだけ早期に医師の診断を受けてください。

もしもあなたにパートナーがいるのなら、一緒に検査を受けることをおすすめします。

医療機関で検査することに抵抗があるのなら、自宅(郵送)で受けることができる性病検査キットなどがあるので利用を検討してみましょう。

ふう子も忙しくてどうしても検査に行けないときは、性病検査キットを利用することがあります。

まとめ

今回は、風俗嬢の女の子のために、性病対策の方法をご紹介しました。

これから風俗バイトを始めるにあたって、大きな悩みのタネはやはり病気のことだと思います。

風俗嬢として働くうえで、この問題は避けては通ることができません。

事実、病気が怖くて働く決心ができないという女の子も多いです。

「お客様から性病をうつされてお店を休まなくてはいけない!」なんてことにならないように日頃から注意するようにしてくださいね。

自分がいくら衛生状態に気を使っていても、風俗店にはどんなお客様が来るか分からないからです。

-知っておきたい性病の知識

Copyright© 風俗バイト超入門 , 2019 All Rights Reserved.