本指名の増やし方

姫予約とは?メリット・デメリットから稼ぎを増やす方法まで解説!

2019年5月24日

こんにちは、ふう子(@fukohimeno)です。

姫予約を知っていますか?

お店を通さずに女の子に予約の連絡を入れて、女の子側からお店に予約の連絡を入れる予約方法のことで、人気のソープ嬢になるために知っておくべき予約方法なんです。

姫予約を取ることでお給料が上がったり、リピート客が増えたり、指名客が増えたりする女の子もいます。

今回は、姫予約を受けるメリットやデメリット、確保しておくべきお客様を一挙にご紹介します。

姫予約とはどんな予約方法?

通常、風俗店を利用するお客様は、お店に電話をして風俗嬢のスケジュールを確認し、予約を取るのが一般的です。

しかし、見た目が可愛かったりプレイが上手い風俗嬢、すでに固定客をたくさん抱えている人気の風俗嬢になると、予約が殺到してすぐにその日の出勤枠が埋まってしまいます。

そのため、お客様の中には、風俗嬢の女の子に直接LINEやメールなどで連絡して予約してもらう、いわゆる姫予約を使って予約を取る人もいるのです。

姫予約はソープでよく使われる予約方法

姫予約は風俗業界全体で使われる予約方法で、デリヘルやホテヘルといったヘルス系のお店でも使われますが、主にソープランドなどでよく使われている予約方法です。

元々はソープ嬢に頼んで予約を取ることが発祥と言われています。

風俗用語でソープ嬢が「泡姫」と呼ばれており、泡姫に予約を頼むことから姫予約と言われ始めました。

泡姫の女の子に直接予約を入れるようになり、一般化したと言われています。

人気のあるソープ嬢が、人気でなかなか予約が取れない理由はこの姫予約を使ってお客様が予約を入れているのが原因です。

姫予約は比較的長時間のコースを選ぶ人が多いので、ソフト系のオナクラやピンサロに比べてソープのような濃いプレイで長時間になるサービス体系に多いのです。

姫予約の手順

姫予約の予約手順はお客様があなたのLINEやメールに「何日の何時にお店に行くよ」と伝え、予約を入れたい旨を連絡します。

このとき、女の子に対して直接連絡を取るのが姫予約で、店予約との違いになります。

お客様からの連絡を受け取った女の子はお店側に「何日の何時から○○さんが予約したいそうです」と伝えて、スケジュールの確認を取ります。

予約がダブルブッキングしていないかどうかも確認しておき、お店側から予約が取れたらお客様に連絡します。

姫予約はお客様と女の子の信頼で成り立っている面が大きく、お店側もお客様側も女の子がきちんと連絡したことを前提に準備をしています。

そのため、お店側からお客様に直接連絡を取らないお店もあります。

姫予約で予約を取る場合、お客様からお店側への連絡とお店側からの連絡(予約の確認や事前連絡など)は基本的に全てあなたが取らなければいけない場合がほとんどになります。

最近はLINEで姫予約を受けつけるのが主流

姫予約は女の子本人に連絡を取る予約方法なので、お客様は女の子に連絡を取る必要があります。

女の子に連絡を入れる方法はメール、メッセンジャー、カカオトークなど様々ですが、最近ではLINEで姫予約を受けつけるのが主流になっています。

中には、女の子が持っているブログやTwitterのダイレクトメールでお客様と連絡を取る人もいますが、大多数の人はLINEで連絡を取っているのがほとんど。

LINEは気軽に連絡が取れる上に、お客様側も親近感を持つため、よりお客様の心を掴むことにつながります。

お店側が営業用のスマホを用意する場合もありますが、基本的には女の子が自分自身で連絡用のスマホやLINEアカウントを用意する必要があります。

ただし、個人的なプライベートLINEでお客様と連絡をとってしまうと、執拗な連絡やストーカー紛いのメッセージが送られてくることもあるので注意してください。

姫予約バックとは?

姫予約をとった女の子に対して、特別指名料として「姫予約バック」をくれるお店もあります。

もちろんお店によって異なりますが、通常の本指名のバックよりも高いバック料がもらえることもしばしば。

お店によっては姫予約の件数、コース時間の長さや頻度によって給料自体も上がったり、特別ボーナスを支給される女の子もいます。

お客様の基本単価が上がるので、給与を大幅に増やすことにも繋がります。

姫予約が増えることによって女の子自体の人気も上がり、本指名が増える場合もあり、間接的にお給料が増えるケースもあります。

ただし、お店によっては金額や条件が異なりますし、姫予約バックがないところもあります。

お店側に確認をとって姫予約がOKかどうか、姫予約バックの有無や条件を確認してみてください。

姫予約のメリット・デメリット

姫予約は女の子にとってその日、確実に仕事があり、給料も高くなるメリットが多数存在します。

その反面、お客様とのトラブルや連絡が面倒臭いといったデメリットも存在します。

もちろんお客様側のメリットやデメリットも存在します。

元々、姫予約は人気のある女の子の予約を優先的に取るための予約方法。

女の子側は姫予約が増えれば増えるほど人気ということであり、より人気のある女の子であればあるほどお客様側のメリットは大きくなります。

女の子側のメリット

メリット
本指名される確率が上がる
出勤日に合わせてお客様が獲得できる上にコース時間の調整もできる
自分から営業ができるからお茶挽きの時間がなくなる
お客様との関係性が作れるからリピート客を獲得できる
女の子個人にファンがつくから移籍や復帰のときにもすぐ稼げる
お店側での待遇が良くなる可能性もある

女の子側のメリットは「リピート客の獲得」と「お給料のアップ」です。

特にリピート客の獲得は姫予約の最大のメリットです。

上客の予約を優先することでお客様側に特別感を与えることができ、信頼関係が作れます。

お店側からしても勝手にお客様をとってきてくれる女の子は貴重な存在。

お店の中でも人気の女の子として扱ってくれることもあります。

お給料アップの交渉もしやすくなりますし、紳士的な上客だけ掴むことができれば精神的な負担も軽くなります。

女の子側のデメリット

デメリット
仕事用の連絡先やスマホを持つ必要がある
連絡先の交換をしなきゃいけない
仕事に関係のない連絡を頻繁に送る人もいる
お客様が勘違いして調子に乗ることもある
面倒でも連絡しなければリピート客をつなぎ止められない
個人情報が漏れる心配もある

女の子側のデメリットは「お客様からくる個人的な連絡の面倒くささ」と「身バレのリスク」です。

身バレや本名バレをしないためにも連絡先はプライベートとわけた方が安心です。

中でもお客様からの執拗な連絡のほとんどは店外での食事やプレイの誘い。

中には、エロ動画や画像を送ってきたり、送ることを強要する悪質な男性もいます。

風俗嬢が精神的に病んでしまう理由のほとんどはこの執拗な連絡にあります。

実際に事件に発展するケースもあります。

お客様側のメリット

メリット
お店に電話しなくても気軽に予約が入れられる
お店で出てるシフト外の予約も取れる
通常の店予約よりも優先的に予約が取れる
女の子と直接連絡が取れるから親密化や特別感が生まれる

お客様側のメリットは「手軽で優先的に予約が取れること」と「女の子との親密感や特別感が味わえること」です。

通常の店予約では人気すぎて予約が取れない場合や1週間以上先の予定を入れたい場合でも、姫予約は優先的に予約を取ることが可能です。

姫予約にあわせて出勤時間を変更することもできるので、お客様にとっても女の子にとっても時間の融通が効くのがメリットと言えるでしょう。

また、姫予約ができるほどのお客様であれば、ある程度信頼ができる人なので、当日の確認や電話対応といったお店側の対応もよく、より優越感に浸れるメリットもあります。

お客様側のデメリット

デメリット
連絡先がわからないと予約できない
指名したことがない女の子は予約できない
キャンセルしたときのペナルティが通常の店予約より大きい
営業メッセージが来ることがある
女の子側と同様、お客様側の個人情報が漏れる可能性がある

姫予約のデメリットは「一度指名して仲良くなった女の子しか予約できない」ことと「キャンセルしたときのペナルティが大きい」こと。

姫予約は女の子に直接連絡を取るので、連絡先の交換は必須です。

お店によっては連絡先交換が禁止されているところもありますし、そもそも2~3回ほど指名して信頼できる人か見極めなければ姫予約を取ること自体不可能です。

キャンセルが気軽にできる店予約よりも、姫予約のキャンセルのペナルティが大きいお店がほとんどで、出禁になることも珍しくありません。

基本的に姫予約のキャンセルは予約を取った女の子の責任になりますので、女の子の実績にも影響します。

姫予約を受けるときの注意点

姫予約はお店側が予約の管理をしてくれる店予約と違い、女の子側の負担が大きくなりがちです。

給料アップや固定客獲得のメリットが大きい分、お客様とのトラブルや連絡をしなければいけないため、お店によっては姫予約自体を禁止しているところも珍しくありません。

姫予約を受ける際はまず最初にお店側に確認を取り、しっかりと対策した上で予約を取るようにしてください。

連絡先を教えるお客様を限定し、できる限りトラブルを避けるようにしましょう。

お店側にはしっかり連絡を取った方が良い

姫予約の中でも頻発しているトラブルが「お店側との連絡不足によるトラブル」です。

姫予約は個人的なやりとりの中でも予約を取るものですが、女の子本人が個人的にサービスを提供するわけではなく、あくまでもお店側の予約の連絡を受けるだけです。

予約を受けつけたらすぐにお店に連絡した方がいいでしょう。

もちろん、お客様の中には「店の外で会おう」とか「個人的に会おう」とか言ってくる男性や「お店に払うより多く払う」とか、「手数料がないから」と報酬アップをネタに誘ってくる男性もいますが、どれだけ甘い言葉で誘われたとしても、断った方が無難です。

お店を通さない予約を取ったら誰も守ってくれません。

お客様から個人的なサービス提供を誘われたらすぐにお店に相談しましょう。

プライベート用の連絡先とわける

姫予約で注意しなければいけないポイントが身バレ対策。

連絡先はプライベート用と営業用でわけた方が無難です。

お客様の中には勘違いする人も多く、プライベートでの付き合いを望む人も多いです。

プライベートな情報を与えてしまうと、ストーカー化するネタを与えてしまうことになります。

Twitter、Instagram、Facebookなどの個人アカウントも簡単に身バレします。

本名もバレる可能性もあるので、迂闊にプライベートな情報を出すのは注意が必要です。

加えて、お客様の個人情報もできる限り興味を持たない方がいいでしょう。

無用なトラブルを防ぐことに繋がります。

店舗によってはプライベートな連絡先交換を禁止しているところもあります。

姫予約をする際にはお店側のルールもきちんと確認した方がいいでしょう。

お客様をしっかり見極める

連絡先を渡す男性はしっかりと見極めるようにしましょう。

しっかりとした身なり、女の子を扱う態度、プレイのときにしっかりと女の子を優しく扱っているかなど、紳士的な男性を選ぶことは姫予約を取るために非常に重要なポイントです。

お客様をしっかりと選ばないとせっかく姫予約が取れたとしても、キャンセルが相次いだりリピートせず単発で終わってしまったりして継続的に稼ぐことはできません。

姫予約のキャンセルやトラブルは女の子に責任がいきます。

お店からの信用を下げることにもなりますし、責められるのも女の子であるあなた自身です。

キャンセルが少なく、しっかりとリピートしてくれるお客様を選ぶことで、お店側からの評価も上がり、風俗嬢としての評価を上げることにも繋がります。

連絡先を教えても大丈夫なお客様の特徴

無用なトラブルを避けるためにも、連絡先を教えるお客様は選びましょう。

連絡先を教えるお客様はモラルやマナーをしっかりと守る人に限定し、お客様と風俗嬢の関係性をしっかりと保てる人を選んでください。

稀にいるプライベートな関係に持ち込もうとする男性や異常性癖を押しつけてくる男性を相手にしているとトラブルの元ですし、何より女の子自身の気持ちが持ちません。

連絡先を教えても良い男性の特徴をチェックして、トラブルを避けるようにしてください。

モラルやマナーを守る男性

風俗は女の子とのプレイを楽しむところ。

エッチなことで頭がいっぱいになっている男性が多いのは自然なことですが、お客様の中にはプレイをすることしか考えず、モラル皆無、プレイ中のマナーが全くない男性もいます。

最低限のマナーが守れていない男性やお店のルールも守れない男性は嫌な思いがしてストレスが溜まってしまうし、リピートも不安定になります。

しつこい本番強要や不潔・不衛生な男性、異常な性癖を押しつける男性や説教してくる男性は避けた方が無難です。

特に女の子の個人情報をしつこく聞く男性は絶対に避けるべきでしょう。

逆にモラルやマナーがしっかりしている男性を掴むことができれば、リピートも望めるし嬢としての人気も上がっていきます。

紳士的な扱いをしてくれる

姫予約で「しつこい客」と「キャンセルが多発する客」を避けるためには、紳士的な扱いをしてくれる男性を見極めることが大切です。

プレイ中や前後で乱暴ではなく、女の子のことに気を遣ってくれる紳士的なお客様がリピーターになってくれれば、安心して働けます。

風俗で遊び慣れている人であれば女の子との個人的なやりとりに勘違いしないので、安心して営業できます。

逆にプレイが乱暴なお客様や女の子を雑に扱う男性には連絡先を渡すことすら絶対に避けるべき。

風俗で遊び慣れていない可能性が高く、個人的な連絡先を教えてやり取りすると勘違いする可能性が高いです。

遊び慣れていないということは、あまりお店に来ない・お金がない男性も多いので、リピート客候補から外しておいた方が良いです。

時間が長い

お客様を選ぶときはコース時間にも注目しましょう。

毎回ロングコースを選んでくれるお客様はあなたのことを気に入ってくれている優良見込み客の可能性があります。

一度や二度のロングコースならまだしも、遊びに来るたびに通常よりも長いコースを選ぶ男性は稀な存在。

時間が長いとプレイ以外に女の子との時間や会話を楽しんでいるお客様も多いので、セックスというゴールではなく女の子自身との時間を楽しむ男性も多いです。

体だけが目的でない分、安心して仕事をすることができます。

また、姫予約はリピートが基本です。

繰り返し遊びにきてもらうためには、お金に余裕がある人を選ぶのが鉄板。

基本的にロングコースはお金がかかるので、余裕があるお客様しか取りません。

特に指名客でロングを選んでくれる人は貴重な存在です。

頻度は多くなくても、毎回長いコースを指定してくれるお客様は大切にしてください。

身なりがある程度しっかりしている

姫予約でリピートを取る際に大切な「お金を持っているか」どうかを確認する方法は身なりでも確認できます。

特に小物や服に清潔感があって、しっかりとしたお客様だけ選ぶようにしてください。

お客様の身なりがみすぼらしいとお金を持っていない可能性が高いです。

お金を持っていないお客様に連絡先を渡してもリピートは望めないですし、リピートしてくれたとしてもパンクする可能性があります。

お客様のパンクは稼げない上にトラブルの元になりかねません。

もちろん、身なりにお金を使わない男性もいるにはいますが、相当な回数遊びに来てくれたり、ロングで入れてもらわない限りは連絡先を教えるべきではないでしょう。

最初から身なりがしっかりしている男性を選んだ方が確実です。

リピート回数が多い

どんなに紳士的で、お金を持っていそうで、優しい扱いをしてくれる人だとしても、初回の指名で連絡先を渡すことは避けた方が無難です。

最低でも2~3回は指名をしてくれた後に渡すようにしましょう。

リピート回数が多い方が安心できますし、何度も指名してくれるお客様はあなたのことを本当に気に入ってくれています。

お客様の心を掴んでからの方が連絡先を渡した後の姫予約の頻度や確率も上がります。

何より複数回のリピートがあった後でないとお客様の本性はわかりません。

少なくとも初回で連絡先を聞いてくる、姫予約をおねだりしてくるような男性はNG。

複数回指名でリピートしてくれた男性に限定するようにしてください。

姫予約によってよく起きるトラブル例

  • ストーカー紛いの執拗すぎる連絡
  • スケジュール管理をミスしてダブルブッキング
  • 焦ってお客さんへの営業しすぎ、逆に避けられる
  • お店への連絡忘れ

気をつけた方が良いトラブルは「お客様とのやり取りの悪化」と「お客様orお店への連絡忘れ」です。

連絡忘れはお客様にも女の子にもペナルティが重いです。

罰金や処罰といった制裁行為がある例は聞かないですが、お店の売り上げを落としたことで立場が悪くなってしまうことはあります。

お客様のキャンセルを防ぐためにも前日や当日に「よろしくね」の連絡を入れてあげると良いですよ。

また、お客様からの執拗な連絡や女の子側からお客様への営業連絡は精神的に疲れるので、悪化しそうな感じがしたらお店に連絡するなどして切り上げるようにしてください。

姫予約をうまく活用して指名数を増やす方法

連絡先を交換した後はお客様側にこまめな連絡をすると指名率が上がります。

連絡先を教えてもらった男性は大半が浮かれているので、姫予約以外の個人的な連絡が増えることが多いです。

あまりにもプライベートすぎる会話は避けるべきですが、ある程度個人的な連絡にもきちんと連絡してあげることでお客様をファンにさせることができます。

もちろん営業っぽくなってしまうと逆効果なので、あくまでも自然な会話で楽しませるようにするのがおすすめ。

面倒かもしれませんが、信頼関係を築いている女の子ほどリピート客の獲得率は高く人気が出ます。

姫予約を複数のお客様から取れるようになると本指名の指名率も上がるので、狙って姫予約を取ると良いでしょう。

まとめ

今回は姫予約のメリット・デメリットや注意点をご紹介しました。

姫予約はお客様との個人的なやりとりの面倒くささやトラブルがある分、きちんと上客だけ選んで予約が取れれば給料アップやリピート客獲得に役立ちます。

人気の風俗嬢が上客やリピート客を掴んでいるのは姫予約を取って、上手にお客様の人気を集めているからです。

リピート率&本指名率アップして客単価を上げるため、姫予約を上手に活用してみてくださいね。

-本指名の増やし方

テキストのコピーはできません。

Copyright© 風俗バイト超入門 , 2020 All Rights Reserved.