本指名の増やし方

風俗のパネル写真の撮り方!ネット指名を増やす撮影方法も紹介

2019年5月25日

風俗嬢の指名数は「パネル写真」で大きく変わります。

そのため、いくら仕事熱心でも、パネル写真がいまいちだとネット指名が少なく稼ぎが悪くなってしまいます。

そこで今回は、魅力的なパネル写真の撮り方や、迷いがちな撮影時の衣装や髪型などについて詳しく解説していきます。

風俗を始めたいけど、パネル写真の撮影に自信がない、もっと指名が取れるパネル写真に変えたい、そんな悩みを抱えている女の子は必見です!

素敵なパネル写真を撮って、他の女の子と差をつけちゃいましょう(*´艸`*)

そもそも風俗のパネル写真とは何?

パネル写真とは、風俗で働く女の子のプロフィール写真です。

  • お店のHPに載せるもの
  • 来店型の店舗の受付に置き、お客様に見せるもの

として、お客様に女の子を選んでもらうために使われます。

風俗のお仕事をする上では必ず必要なため、お店に入店する際に撮ってもらえることが多いです。

もちろん身バレ防止のために顔にボカシなどを入れてもらえたり、特徴的なタトゥーなどは消してもらうことができます。

風俗を利用するお客様は、直接会って女の子を指名することはできないため、その写真やプロフィールなどの情報を見て女の子のイメージを膨らまし、好みの女の子を選ぶのです。

パネル写真は、いわゆる飲食店のメニュー表のような役割をしています。

あなたは、ファミレスや居酒屋でメニュー表から料理を選ぶ時に何を見て選びますか?

料理の写真を見て決める人が多いはずです。

メニュー名や使われている材料なんてあまり気にしない人もいるぐらいですよね。

人間が何かを選ぶとき、そのほとんどは視覚的な情報に頼っています。

このことからもパネル写真の重要性は分かると思います。

写真を適当に撮ってしまっているとお客様の目に止まることもないため、なかなか指名がもらえないのです。

パネル写真は定期的に撮り直すべきもの

パネル写真に不満がないからといって、ずっと同じ写真を使い続けるのはNGです。

ふう子は、パネル写真は定期的に撮り直すべきものだと考えています。

良く撮れた写真であっても、長く掲載していると見慣れてしまうので、古株的な印象もついてしまいますし、指名数は減りやすい傾向にあります。

しかし、写真を変えるだけで、お客様の目に止まりやすくなります。

もちろんパネル写真の撮り直しには費用がかかってしまうこともあるので、「お金がもったいない」と感じてしまう女の子もいることでしょう。

けれども、指名数が増えることを考えれば、パネル写真の撮り直しにかかる費用は微々たるもの。

綺麗なパネル写真をHPに飾れるということは、お仕事へのモチベーションにも繋がります。

お仕事を頑張るための自己投資だと思って、是非検討してみてください。

パネル写真を撮影するときのポイント

パネル写真の撮影の際には、普段通りのメイクや服装だと綺麗な写真を撮ることができません。

自撮りやお友達と写真を撮るのとは、撮影環境も目的も違います。

魅力的な写真が撮れるように必要なポイントを押さえましょう。

髪型

写真撮影の前には、美容院で髪型をセットするのが一般的です。

しかし、気合の入ったキャバ嬢のような髪型にするのはやめておきましょう。

そのような髪型は、実際仕事中にしているような髪型ではありませんよね。

風俗のお仕事ではシャワーなども使用するため、そんな髪型だとリアルではありませんし、写真からその女の子とのプレイの様子を想像することもできません。

ヘアセットに関しては、巻いたり盛ったりすることより、髪のツヤ感や髪色などに気を使うのがオススメです。

お客様から「触ってみたい」と思われるような、清潔感のある派手すぎない髪型が理想です。

メイク

メイクは普段より濃いハッキリしたものにしましょう。

撮影に使われるスタジオでは、肌を綺麗に写すために強いライトを使っています。

そのため、ナチュラル系のメイクだとライトで飛んでしまい、ほとんどノーメイクのような状態になってしまいます。

とくに眉は、無くなりやすいので気をつけてください。

唇もグロスだけだと発色が弱いので、寂しい印象になってしまいます。

顔の一つひとつのパーツをハッキリさせるようなメイクを心掛けるようにしてくださいね。

姿勢

撮影に挑むには姿勢が何より大切です。

スタジオでは立ったり座ったりと色々なポーズをとりますが、どのポーズでも姿勢が悪いと美しく写りません。

特に意識すべきはアゴ、肩、背中、下腹、お尻の上半身のラインです。

ここを伸ばすように適度に力を入れることで、どんなポーズでも綺麗に見せることができます。

最近はスマホの影響もあり、肩が内側に入り猫背の人が多いです。

いざ撮影現場で「背中が曲がってるから、もっと背筋伸ばしてみて」なんて言われても、自分の姿勢の悪さを自覚していなければ、どのように直していいか戸惑うものです。

自宅の鏡などで自分の姿勢をチェックして、綺麗な姿勢というものをイメージしておくと安心ですね。

そして、普段からその姿勢を心掛ければ女性としての魅力もアップします。

パネル写真撮影にオススメの服装と下着

コスチュームが無いお店では、撮影のための服や下着は自分で用意する必要があります。

衣装は写真の印象の大部分を占めるので、慎重に選ぶ必要がありますよね。

お客様は服の色などから、女の子の性格まで予想してしまいます。

期待を裏切らないためにも、自分のイメージに合った服を選ぶことが大切です。

肌を綺麗に見せるモノトーンの服がオススメ

定番の白や黒などのモノトーンの服はオススメです。

まず、ホワイト系は清楚で控えめな印象を与えることができます。

肌もより明るく写るので健康的な色気が出せますし、親近感を持ってもらいやすいです。

そのため、新規のお客様からは「話しやすそう」と感じられ、指名されやすい傾向にあります。

また、ブラック系はセクシーな大人っぽい雰囲気になりますね。

引き締まる色なので、デコルテが強調されます。

素人っぽさとは違う、積極的なサービスを期待するお客様に好まれます。

このようなモノトーンの服は流行りなどに左右されない王道のパターンです。

フリルやレースなどで個性を出すこともでき、自然な上品さと色っぽさを演出してくれる色だと言えます。

流行りの服はNG

流行りの服を来てしまうことは、やってしまいがちな失敗です。

流行りの服というものは、あくまでも女性が楽しんでいるもので男性からは評判が悪いことがあります。

若い男性客なら理解を示してくれるかもしれませんが、風俗を利用する男性は30代~40代を中心にそれ以上の年齢のお客様もいます。

そのくらいのお客様になると、女の子の流行りには興味がない人がほとんどです。

そのため撮影時には、ド定番のハズレのない服を選びましょう。

  • ワンピース
  • 胸元が開いている服
  • 体のラインが強調される服

単純なようですが、結局このような服装が幅広い年齢層のお客様が喜ぶものといえます。

また、色使いの激しい服もオススメできません。

写真としては服が目立つので目に止まりやすいかもしれませんが、それがイコール指名数の増加へと繋がるものではありません。

服装が派手だと「気が強そう」「ギャルっぽい」という印象を持たれてしまいます。

しかし、もちろんそういったコンセプトのお店に勤めているなら問題ありません。

自分のお店のスタイルにあわせながら、肌を綺麗に見せたりスタイルをよく見せる服装でパネル写真は撮りましょう。

下着選びのコツ

下着選びもお店の価格帯やコンセプトに合わせたものを準備する必要があります。

例えば、高級店や人妻系では大人っぽさとセクシーさを求めるお客様が多いです。

ガーダーを着用したり、黒や赤や紫など濃い色合いのセクシーな下着を着用した写真を使うことが多いです。

そして、素人さを売りにしているお店では、水色やピンクなど薄めの色で清楚な下着を付けている写真の方がお客様の志向にあっています。

このようにお店のテイストにあわせた下着をパネル写真に使う事で、効果的に指名をとることが可能です。

どこのお店にも「キレイ系」「清楚系」などのコンセプトは存在し、お客様はお店の系統に合った女の子を目当てに来店します。

そのため、お店のコンセプトから外れているパネル写真は目立ちはするものの、指名をとることは難しいのです。

また、下着はデザインだけでなく、サイズ感も大切です。

背中側が食い込んでいたり、カップサイズが合っていなくて浮いていたりすると写真の雰囲気は台無しです。

パネル写真に挑む際は、自分の体にピッタリなサイズの下着を用意するようにしてください。

ネット指名を増やすための撮影方法

撮影に挑む際の基本的なことが分かったところで、次はさらにレベルアップ。

下記のことを意識すれば、あなたの写真を見てネット指名してくれるお客様が必ず増えるはずです。

男心を掴むような写真を撮って、ネットを鳴らしましょう。

まずはカメラマンに相談することが大切

パネル写真の重要性がいくら分かっていても、なかなか撮影に踏み出せない女の子も多いと思います。

不安を感じたり、恥ずかしさがあったりと撮影に慣れていない人がほとんどだからです。

  • こんな服で大丈夫だったのか不安
  • どんなポーズをすればいいのか分からない

そんなときにはカメラマンに相談してみましょう。

パネル写真の出来は、カメラマンのテクニックやポージングに大きく左右されます。

上手くいけば、その女の子の魅力を十分引き出し、コンプレックスを隠した写真を撮ることも可能です。

しかし、そのためには本人とカメラマンとの意思疎通が必要です。

「私は〇〇を強調したいし、△△は隠したい」など、自分の要望を伝えて相談してみてください。

そうすれば、的確なアドバイスをもらえます。

場合によっては、自分の知らなかった魅力を教えてくれるかもしれません。

写真ができてから「なんかイメージと違う」なんてことになれば、時間もお金ももったいないですよね。

良い写真は、女の子とカメラマン2人で相談しながら作るものです。

撮影に不慣れで不安な女の子の気持ちをカメラマンは十分知っています。

無口で受け身でいるよりも、素直に解らないことや言いたいことは伝えるようにしましょう。

パネルに使う写真は徹底的に男ウケを意識しよう!

あなたもお分かりのように、パネル写真はお客様が見るものです。

そのためには「男ウケ」をとことん突き詰めていくことが必要です。

女の子自身が可愛いと思っているような装飾や服装などは、男性にあまり需要がないことがあります。

「そんなデカいフリフリ必要?」とか「その髪型なんなの?ちょっとバカっぽい」など、流行りのモノに批判的な男性もいますよね。

女性と男性では感じ方が違います。

男性に人気のある芸能人や女子アナを見ると分かりますが、清楚系で少し流行から外したような古めのファッションが好まれたりします。

「男ウケとは何なのか?」

女の子が1人で考えても、たどり着けない答えかもしれません。

何着か服を用意した上で、手っ取り早くお店の男性スタッフなどに聞いてみるのがオススメです。

こんな服でいいのかと、納得がいかないかもしれませんが、「男ウケ」のためと割り切って撮影に挑みましょう。

キレイに見えるようポーズにこだわる

代表的な3つのポージングについて、写真にキレイに写るコツを解説します。

立ちポーズ

全身をバランスよく写してくれるポーズです。

顎を少し引いて、背筋はしっかり伸ばして体のラインをキレイに出してください。

スタイルを良く見せることが重要になってくるので、足が長く見えるようにヒールの高い靴を履きましょう。

足の太さにコンプレックスがある女の子は、加圧タイツなどを利用して少しでも細く見えるようにしてくださいね。

また、カメラの正面に立つよりは、少し斜めに立ったほうが美しく写ります。

手はダランと下ろすのではなく前で合わせたり、髪や首元に触れるなどの動きをつけるのがオススメです。

座りポーズ

座りポーズはお腹のお肉がたるみがちなので注意が必要です。

猫背にならないように意識して、下腹には力を入れてください。

また、腕を座面などにつけたり、体に引っ付けたりする場合には、二の腕が太く写らないように気をつけましょう。

そして、足はできるだけ長く見えるように、カメラの方へ伸ばすように下ろしてください。

ヒザ立ちのポーズ

ヒザ立ちのポーズはバランスが取りにくいですが、動きにメリハリがあって男性からは人気のポーズです。

肩幅ぐらいに開いた足は、どちらかだけでもつま先まで映るようにしましょう。

お尻は突き出すように意識すると、上半身のラインがキレイになります。

ただし、清楚さを売りにしたい場合は、足は閉じてもいいかもしれません。

また、お尻を見せたい場合は、背面からも撮影してもらってくださいね。

写真のコンセプトを明確にする

衣装やポージングを含めて、コンセプトを明確にしましょう。

予め自分のチャームポイントを決めておき、それに沿ってどのような写真にするかプランを立てていくのです。

例えば、同じポージングでも体のどの部分を見せたいかにより、撮影の角度なども変わります。

  • 胸の谷間を見せたい
  • 足の長さとキレイさを際立たせたい
  • クビレを強調したい

など、女の子によってチャームポイントは様々です。

谷間を強調したい場合であれば、胸の部分が大きく空いた衣装を着て、上方向から撮影してもらったり、胸を寄せるようなポーズをすると効果的ですよね。

しかし、せっかくの谷間も、写らない角度の撮影だったり、隠れた衣装だったりするとアピールできなくなってしまいます。

このように自分の長所を活かすためには、「自分の何を強調するか」という写真のコンセプトを明確にしておくことが必要です。

確かにカメラマンやスタッフはプロですので、黙っててもあなたの魅力を引き出してくれます。

しかし、パネル写真は他ならない自分のための写真です。

やはり少しでも良い写真にするためにも、きちんと前もって自分のアピールしたいポイントなどについて考えておくことが大切です。

パネル写真の撮影代は有料の場合も!

実は、パネル写真の撮影は有料の場合もあります。

お店が負担してくれるところもありますが、全てのお店がそうとはかぎりません。

自己負担の場合は、自分で撮影スタジオを予約して撮影に出向くことになります。

かかる予算はカット数によっても大きく変わりますが、あまり枚数にこだわらなければ1~2万円ほどで撮影することができます。

背景のセットに小物も揃っていたりするので、お店のみんなと違った写真が撮りたいという女の子にもオススメです。

しかし、風俗店によっては、女の子達のパネル写真にルールなどをもうけている場合もあるので、お店への事前の相談は必須です。

撮影後のパネル写真の修正について

上記の撮影価格には「修正料」も含まれていることが多いです。

風俗のお仕事をしていて、身元がバレてしまうことを不安に思う女の子はたくさんいますよね。

そんな女の子のために、顔にボカシを入れたり傷やホクロなどの身体的な特徴を修正することなどは、かなり一般的なサービスです。

また、コンプレックスを隠す目的で修正をすることも可能です。

  • 顔のたるみが気になるので輪郭の修正をしてもらう
  • 脇をキレイに加工してもらう

など、この修正は本人の要望によって様々です。

しかし、修正の際には、注意しなければならないことがあります。

コンプレックスを隠すための修正をしすぎると、本人から見た目が離れてしまうため、お客様にガッカリされてしまうことがあるのです。

このようにパネルと別人になってしまっていることをパネルマジック、通称「パネマジ」と言います。

指名が欲しいからといっても、修正はほどほどにしないといけません。

お客様に「あの子はパネマジ。詐欺」などと掲示板に悪口を書かれてしまうことがあります。

そうなれば、女の子だけではなく、お店の人気も落ちてしまいます。

最近は写真の修正技術も上がっており、加工も身近なものになりました。

そして、修正の度合いによりパネマジになってしまっているかどうかは、女の子本人には判断が難しいことが多いです。

そのようなことになってしまっては、お客様の次回の来店には繋がりません。

どの程度の修正なら許容範囲なのかということを、お店に相談してから決めましょう。

せっかく撮った写真が使えないなんてことになっては、勿体ないですもんね。

まとめ

パネル写真の出来は、稼ぎに直結するので妥協できません。

自分の魅力を最大限引き出したパネル写真を撮ってもらうためにも、「自分の好みより男ウケを優先する」「写真のコンセプトを決める」ということに気をつけて撮影に挑みましょう。

また、撮影に関して不安なことがあればカメラマンに相談するのがオススメです。

あなたが悩んでいることを伝えれば、的確なアドバイスをしてもらえます。

そして、みんなと同じようなパネル写真では、あなたの魅力も大勢の女の子達の中に埋もれることになってしまいます。

それは、とても勿体ないことです。

今回の記事を参考に、素敵なパネル写真を撮って他の子より一歩リードしてみてはいかがでしょうか?

-本指名の増やし方

Copyright© 風俗バイト超入門 , 2019 All Rights Reserved.