風俗嬢の給料

風俗のバンス制度とは?給料を前借りする前にここを確認!

2019年5月25日

風俗業界には、「バンス制度」というものがあるのをご存知でしょうか?

本当にお金に困っているときは、このバンス制度の存在はとても助かりますが、当然ながら風俗店でバンスすることはメリットだけではなくてデメリットも存在しています。

今回は、バンス制度について詳しく解説していきますので、お給料の前借りを考えている女の子はぜひ最後まで読んでみてくださいね(*^-^*)

風俗店のバンス制度とはどんなもの?

風俗店のバンス制度とはどんなもの?

まだ風俗バイトをしたことのない女の子には馴染みのない制度かもしれませんが、バンスとは簡単に言えば、お給料を前借りできる制度のことです。

英語のadvance(前払いする、前貸しするという意味)が省略されて「バンス」という言葉が使われるようになりました。

風俗店からお金を借りるのは怖そうなイメージがありますが、きちんとお金を返済すれば、特に何も言われることがないので安心してください。

  • クレジットカードを持っていない
  • 無職なので消費者金融でお金を借りれない
  • 急にまとまったお金が必要になった
  • 手元に全く現金がない
  • ホストクラブの売り掛けが払えない
  • 借金を滞納してしまっている

などなど、そんな女の子のために風俗業界ではバンス制度が用意されています。

実際に、風俗店でお給料を前借りしたいと希望している女の子はとても多く、みんな何かしらの事情があることをお店側も十分に承知しています。

実は、風俗嬢がお店からバンスすることはそれほど珍しいことではないので、お金を借りることをなんら恥じる必要もありません。

ただし、いくらお給料を前借りできると言っても、バンスは借金と同じなので、よく考えてからバンスするようにしましょう。

バンスっていくらまでお給料を前借りできるの?

バンスっていくらまでお給料を前借りできるの?

風俗店でバンスするにあたって一番気になるのが、いくらまでお給料を前借りできるかだと思います。

実は、バンスできる金額はお店ごとによって違いますし、基本的には店長の判断に任されている場合がほとんどです。

ふう子も過去にバンスした経験がありますが、

一般的にはバンスできる金額は数万円~20万円程度、最大でも30万円ぐらいまでのお店が多かったです。

もしそれ以上のお金を借りたければ、容姿やスタイルが良くないと借りれませんし、風俗業界での実績も必要になってきます。

現実的な話をすれば、お店側も慈善事業でお金を貸し出すわけではないので、お店側に何かメリットがないと高額のお金を借りることができません。

まずはそのお店での実績を上げたり、お店側に信用されるように頑張りましょう。

ちなみに前借りしたお給料は、後日稼いだお給料から少しずつ返済していくことになります。

人妻系の風俗店のバンスの相場

通常の風俗店と違って人妻店の場合だと、だいたい10万円ぐらいまでしかバンスすることができません。

お店によってはもっと貸してくれるところもありますが、それでも20万円が限界だと思います。

もしそれ以上のお金を借りたい方は、レギュラー出勤したり、半年間お店を辞めないことを条件に交渉してみてくださいd(-_☆)グッ!!

バンスできる風俗店の探し方

バンスできる風俗店の探し方

お給料を前借りできる風俗店を探すには、風俗求人サイトを利用するのが最もおすすめです。

風俗求人サイトには、キーワード検索できる機能や自分の希望する条件を指定して検索できる機能がついているので、バンス制度のある風俗店をすぐに探すことができます。

バンス制度に対応している風俗店は、求人情報の待遇欄に「バンス有り」「バンスOK」「前借り制度あり」などの文言が書かれています。

ちなみにバンス制度のある風俗店であっても、風俗求人サイトにそのことを記載していないお店もたくさんあります。

そのようなお店の場合、自分でバンス可能かどうか問い合わせる必要がありますし、お店との交渉も自分でしなければいけません。

また、数日間働かないとお金を貸してもらえないお店もあるので注意しましょう。

もし絶対にお給料を前借りしたいと考えているのなら、以下のスカウト型の風俗求人サイトに登録しておくことをおすすめします!

スカウト型の風俗求人サイトに登録するときに、前借りしたい金額やお金を受け取りたい時期などの希望条件をできるだけ詳しく書いておくことで、バンスできる風俗店が見つかりやすくなります。

お店の担当者があなたの希望条件を見たうえでスカウトメールを送ってくれるので話が早く、自分でバンス制度のある風俗店を探す手間も省けます。

ふう子
ふう子も風俗求人情報を探すときによく使っているサイトなので、登録しておいて損はないですよ。

お金を貸してもらえる風俗嬢の特徴

お金を貸してもらえる風俗嬢の特徴

風俗店にバンス制度があると言っても、当然ながら誰でも無条件にお金を借りれるわけではありません。

お金を借りるための面接と審査がありますし、風俗店でバンスするには、この女の子ならお金を貸しても大丈夫だと思われることが大切です。

また、上記のことに加えて、「この女の子を採用したい」「この女の子なら信用できる」とお店の店長に思わせなければいけません。

お金を貸してもらえる風俗嬢の特徴をまとめると以下のようになります。

  • お客様を呼べる容姿やスタイルである
  • 性格が素晴らしく良い
  • 過去にきちんとバンスを返済した実績がある
  • ネットや雑誌などで顔出しできる
  • 週に5回以上出勤できる
  • 風俗業界での実績がある
  • 遅刻や無断欠勤を一切しない

これらのことからも分かるように、お店の売上げに貢献できる女の子ほどバンスしてもらえる可能性が高くなります。

そして、お店側に信頼してもらえるほど、前借りできるお給料の額も増えます。

逆に、容姿やスタイルがいまいちだったり、出勤回数の少ない女の子は、お店側もお金を貸し出すメリットがないのでバンスしてもらえる可能性は低くなります。

特に出勤回数や出勤時間の少ない女の子は、貸し出したお金を回収するのに時間がかかるため、高額のお金はなかなか貸してもらえません。

まずは借りたお金は絶対に返済するという誠意を示し、何故お金が必要なのか、あなたの事情をすべて正直に話すようにしましょう。

風俗店からお金を借りるための条件

風俗店からお金を借りるための条件

バンスするときにお店側が一番困るのは、お金だけ貸して女の子に飛ばれたり、貸したお金が回収不能になってしまうことです。

そのため、バンスする前にほとんどの風俗店では、本当に女の子にお金を貸し出しても大丈夫なのか審査しますし、身元確認なども行われます。

お給料を前借りする際にどのような審査が行われるのか、バンスするために出される条件などについて一つずつ解説していきますね!

お店の審査内容

風俗店からバンスするときは、女の子に貸し出したお金を全額回収できそうか審査が行われます。

残念ながら、風俗業界ではお金を持ち逃げする女の子がとても多く、返済の途中で女の子が飛んでしまうことは日常茶飯事です。

お店側もそのことを十分に理解しているので、まずは免許証や住民票などの身元確認書類の提示を求めてきます。

その上で、以下のような身辺調査も行われます。

  • 自宅や実家の場所を確認
  • 勤務先を確認
  • 現在の収入額を確認

ただし、いくら身辺調査をすると言っても、お店の人が親や職場の同僚に話しかけたりすることはなく、風俗で働いてることがバレないようにきちんと配慮してもらえます。

あくまでも実際に住んでいる場所や勤めている会社を確認するだけです。

もしお店側が女の子にお金を貸し出せないと判断した場合は、お金を借りれる消費者金融を紹介してくれるケースもあります。

そのときはお店が保証人になって、消費者金融からお金を借りることになります。

バンスするための条件

無事に審査が終わったら、次はバンスするための条件について話し合います。

やはりお給料を前借りするためには、色々と条件を出されることが多いですが、条件面をしっかり聞いてからバンスするようにしてください。

以下にお店側から出されることの多い条件をまとめてみました。

  • 全額返済するまではレギュラー出勤すること
  • オープンラストで働くこと
  • お店を半年間辞めないこと

出される条件は風俗店ごとによって違いますが、お給料を前借りするのと引き換えに契約書を交わす場合もあります。

少し厳しい言い方になるかもしれませんが、

「家の事情でオーラスはちょっと・・・」

なんて言ってる女の子にバンスを出すお店はほとんど無いです。

風俗店側もボランティアでお金を貸し出すわけではないので、やはり融通の利かない女の子にはバンスは出さないはずです。

とは言っても、バンスするための条件は風俗店ごとによって違いますので、まずはあなたの希望条件をしっかりとお店側に伝えるようにしましょう。

返済方法と返済期限

風俗店のお給料は日払い制なので、バンス制度を使って借りたお金は毎日のお給料から少しずつ返済していくことになります。

お店によってはお金を借りるときに返済計画を立ててくれたり、返済シミュレーションをしてくれるお店もあります。

厳密に言えば、お給料と借金を相殺することは労働基準法第17条で禁止されているため、一旦お給料を全額女の子に手渡し、受け取ったお給料の中からバンスの返済分をお店に支払うという形を取ることになるはずです。

労働基準法第17条(前借金相殺の禁止)

使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。

引用元:Wikibooks

前借りしたお給料の返済期限については、お店側と相談しながら決めていきます。

一般的には無理のない範囲内で返済期限を設定してくれますが、もし返済期日までに全額お金を返済できそうにないときはもう一度お店側と話し合うようにしてください。

利息の有無

風俗店でお給料を前借りする場合、消費者金融みたいに利子を取られることがなく、無利子でお金を貸してくれる場合がほとんどです。

もし利子がある場合は、自分が納得できるまでしっかりとお店側の話を聞くようにしましょう。

ちなみに利子の上限金額については、利息制限法によって定められているので、この法律を超える利子の分に関してはいかなる理由があっても支払い義務はありません。

利息制限法(利息の最高限)

金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約は、その利息が次の利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分につき無効である。

・元本が100,000円未満の場合 年2割(20%)
・元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合 年1割8分(18%)
・元本が1,000,000円以上の場合 年1割5分(15%)

引用元:Wikipedia

そのため、このことを知らずに契約書に印鑑を押してしまったとしても、やはり上限金利を超えている分については無効となります。

また、法外な利息を請求されるなどのトラブルがあった場合は、すぐに法テラスなどで無料法律相談を受けるようにしてくださいね。

バンスするときの注意点

バンスするときの注意点

風俗店のバンス制度を使えば、ほとんどの場合が無利子でお給料を前借りできるというメリットがある反面、以下のようなデメリットもあるので注意が必要です。

  • 全額返済するまではお店を辞めさせてもらえない
  • 出勤スケジュールをお店側に決められてしまう
  • 他の風俗店に移籍できなくなる
  • 返済できないときは実家にバラされてしまうリスクがある

風俗店でバンスするとお店を辞めにくくなるので、お給料を前借りするかどうかは慎重に考えるようにしてください。

もし風俗店からお金を借りるときは金額と利子の確認、そして、自分が納得いくまでお店側と具体的な返済計画や出勤シフトの相談をするようにしましょう。

すべて確認した後は、それらの内容や条件をきちんと書面にしてもらうことが大切です。

そのときはお店の名前と所在地をきちんと書いてもらい、責任者のサインを直筆でもらうことを忘れないでください。

もし書面化するのを渋ったり、拒否するようなところはかなり怪しい風俗店なので、そのようなところからはバンスしない方がいいと思います。

前借りしたお金を全額返済した後は、もちろんあなたの希望通りのシフトで働くことができますし、お店を辞めるのもあなたの自由です。

なお、返済の途中でお店を辞めても、バンス自体はなくならないので、借りたお金は必ず返済する義務があるということを忘れないようにしてくださいね。

入店と同時にバンスって可能?

入店と同時にバンスって可能?

入店したその日に風俗店からお金を借りれるの?

こんな疑問を持っている女の子もいると思いますが、きちんと返済していけるという姿勢を見せることができれば、入店したその日にバンスすることは可能です。

また、ルックスが良かったり、お店にとってメリットのある女の子なら、面接当日にお金を借りることができると思います。

ただし、現実的な話をすると、借りたい金額が30万円以上となると、どのお店も怖くて出せないのが現状です。

女の子に飛ばれるとお店側も困るからです。

もしバンスしたい金額が少額の場合は、お給料を前借りせずに1~2週間みっちり働くことをおすすめします!

悪質な風俗店でバンスしてしまったときの対処法

悪質な風俗店でバンスしてしまったときの対処法

実はふう子の元に、悪質な風俗店でバンスしてしまって困ってる女の子のお話がよく入ってきます。

ひどい風俗店になると、高い利息を取ったり、勝手に写真を使われたり、雑誌に顔出しをしたりするお店があるので、必ず信用できるお店からバンスするようにしましょう。

中には、生理のときも休ませてもらえないお店もあるみたいです。

辞めるときになって利子分が足りない、バンス条件の出勤数が足りないと言って女の子が辞めないように引っ張るお店もあります。

一番最悪なケースは、何とかギリギリ生活できるだけ稼がせて、いつまでもお店に在籍させられることです。

もしこのような風俗店で働いてしまった場合は、警察に相談するか、一層のこと飛んでしまうのも有りです。

まとめ

今回は、バンス制度について詳しく解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

風俗店のバンス制度は、本当にお金に困っている女の子にとってはとても有難い制度ですが、あくまでもバンスは「借金」だということを忘れてはいけません。

普通、風俗店でしっかりと働けば、すぐにある程度まとまったお金が入ってくるので、出来るだけバンス制度に頼らずにお仕事を頑張るようにしましょう。

若い女の子なら、ファッションヘルスやデリヘルで1週間働けば「1日5万円×6日」で30万円稼ぐことだって可能です。

それでもお金が必要な場合は、バンス制度のメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、風俗店でバンスするかどうかを決めるようにしてくださいね。

-風俗嬢の給料

Copyright© 風俗バイト超入門 , 2019 All Rights Reserved.