フェチ向け風俗「くすぐり専門店」のお仕事内容をご紹介!

世の中には、あまり一般的には理解されないちょっと変わった性癖やフェチを持っている男性も少なくありません。実はそんな男性のフェチを満たしてあげるタイプの特殊な風俗店がたくさんあります。

 

その中でも、特に変わっているお店として知られているのが「くすぐり専門店」です。おそらく初めて名前を聞く女の子も多いかと思いますが、そんなちょっと不思議なくすぐり専門店についてまとめてみました。

そもそもくすぐり専門店ってどんなお店なの?

くすぐり専門店はその名前の通り女の子にくすぐられたり、逆にお客様が女の子をくすぐったりするのが大好きな男性向けの風俗店です。

 

「くすぐるだけで風俗なの?」と思われるかもしれませんが、そこは一応、風俗店なのでエッチなプレイも用意されています。基本的にはくすぐりプレイをした後、最後に手コキでお客様を射精させてあげるのがお仕事になります。

 

お店によっては筆や羽毛などのくすぐる道具、拘束具、アイマスク、電マ、コスプレの衣装などが用意されており、様々なシチュエーションでくすぐりプレイができるようになっています。

 

ただ、お客様はどちらかというとくすぐる行為自体を重視してお店に遊びに来るため、性的な意味ではソフトなサービスの風俗店だと言えるかもしれません。

くすぐりプレイは恋人にはなかなかお願いできない

くすぐるという行為は直接的にエッチな行為ではありませんが、なんとなくいい雰囲気にもなりやすく、エッチの入り口のようなニュアンスもあります。実際、恋人とイチャイチャしているときにちょっとふざけてくすぐり合ったり、その流れでセックスしたりという経験がある方もいるかもしれません。

 

しかし、くすぐりフェチの男性は、セックスの前のちょっとしたくすぐりだけでは満足できないことが多いです。だからと言って、もっとくすぐって欲しいと恋人にお願いするのも難しいみたいで、思う存分くすぐったりくすぐられたりするために風俗に遊びに来られます。

 

先程もご説明しましたが、多くのお客様が直接的な性的サービスよりもくすぐりに関する欲求を満足させたいという気持ちで来るので、中には基本プレイに手コキなどのフィニッシュすら用意されていないお店もあります。

くすぐり専門店に向いてる女の子について

くすぐり専門店には、女の子をくすぐりたい男性ももちろん来るのですが、お客様の割合で言うと、自分がくすぐられたい若干M寄りの男性の方が多いのが特徴です。自分から男性を攻めるのが好きな女の子には特に向いているお仕事です。

 

また、くすぐり専門店は指入れやキスなどをNGにしている場合が多いので、ソフトサービス系の風俗店で働きたい女の子にも向いています。

 

ちなみにくすぐったがりの人は感じやすいとよく言われたりしますが、当然くすぐったく感じる場所は一人ひとり違います。お客様ごとにどこがくすぐったく感じるか、どこをくすぐられたいか、逆に触られたくない場所はどこかなど、お客様の好みに合わせてプレイしていく必要があります。

 

その辺りをプレイ中にしっかりとヒアリングしながらサービスしていく必要があるので、人と話すのが好きな女の子やコミュニケーション能力に自信のある女の子にも是非トライしてみて欲しいお仕事でもあります。

 

会話といっても世間話ではなく、プレイに関する質問とその答えが基本なので難易度としては低いと考えて大丈夫です。今はまだ男性とお話するのが不慣れだけど、これからコミュニケーション能力を磨いていきたいという女の子にもふう子はおすすめしたいです。

PAGE TOP