風俗店の生理休暇って何日休める?生理中に働くのはNG?

男性と違って、私たち女の子には生理痛が酷くてお仕事できないときがあります。中には、生理中でも普通に風俗店で働いてる女の子もいますが、普通は生理休暇を取るのが一般的です。

 

ふう子はお友達に「風俗嬢の出勤予定日が生理のときってどんな風に対応してるの?」とよく尋ねられますが、ふう子も生理になった時点でお店に電話してお休みをもらうことにしてます。今回はそんな生理休暇について詳しく取り上げてみたいと思います。

生理休暇って何日ぐらい休めるの?

生理休暇はどこの風俗店でもだいたい一週間ぐらい取ることができます。風俗のお仕事は出勤しないとお金にならないので、できるだけ休みたくない女の子もいると思いますが、生理中は無理をせずにしっかりと体を休めるようにしましょう。

 

中には、シフトの関係で3日ぐらいしか休ませてもらえなかったり、生理中でも全く関係なく働かされるお店もありますが、厳密に言えばこれは法律に違反してます。労働基準法の第68条で以下のように定められてるので、お店側が生理でお仕事をするのが困難な女の子を強制的に働かせるのは法律で禁止されてます。

(生理日の就業が著しく困難な女性に対する措置)

第六十八条「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない。」

生理になったらまずはお店のスタッフに相談するようにしてください。普通は体のことを考えて生理期間中は休ませてもらえますし、どれくらい休んだらいいのかもアドバイスしてもらえるはずです。

 

ちなみにふう子が働いてるデリヘルでは、生理休暇で何日間休みを取るのかは自分で好きに選べるので、ふう子はいつも最低でも5日は休むようにしてます。ただし、指名予約が入ってる場合は、お店のスタッフからお客さんに丁重にお断りしてもらう必要があるので、その点だけは注意が必要です。

もし生理中でも風俗で働きたいのなら

ふう子は生理中に風俗バイトをするのはあまりおすすめしませんが、生理中でも普通に風俗店で働いてる女の子はたくさんいます。風俗店によっては生理中でもお休みなんて取れないケースもありますし、生理が終わりかけのときはやはり無理してでも働きたい方は多いと思います。

 

そんなときは「海綿」というスポンジを使って対処します。海綿の使い方は以下のページの中で解説してますが、この海綿を使えば、子宮口から出てくる血を受け止めてくれるので生理中でも働くことができます。

 

参考風俗嬢は生理のときはどうしてるの?海綿の使い方は?

 

また、どうしてもお金が必要で、生理中でも働ける風俗店を探してるのなら、下着を脱ぐ必要のないオナクラや性感エステなどで働くのも一つの手です。SMクラブの女王様も受身になることがなく、お客さんから触られることが少ないので、生理を気にせずに働くことができます。

 

ただし、風俗店に来られる男性の中には、生理中の女の子を見ると興ざめしてしまう方や血を見るのが苦手な方もいるので、生理中に出勤する場合は、必ずお店側に生理中である旨を伝えるようにしましょう。そうしないと後々トラブルになることがあるので注意が必要です。

生理中に風俗で働くメリットとデメリット

生理中に風俗で働くメリットに関しては、皆さんお分かりだと思いますが、生理中も出勤すればそれだけ稼げる機会が増えることになります。

 

しかし、生理中に出勤することはデメリットの方が多いので、ふう子はよほどの事情がない限り、やはり生理休暇を取ってお休みした方がいいと考えてます。その理由として以下のような点が挙げられます。

  • 生理中の膣内はデリケートなので普段より傷つきやすい
  • 免疫力が落ちてるので性病にかかりやすくなる
  • 指入れされたときに海綿をつけてるのがバレることがある
  • 生理中の女の子が嫌なお客さんに当たるとクレーム対象になる
  • 膣内を触られたりすると膣炎などの病気になる可能性がある

以上のことからも分かるように、生理中に風俗で働くデメリットはたくさんあります。風俗バイトをしてる最中に生理が始まってしまったのなら仕方ないですが、なるべく無理に出勤することなく、まずは自分の体を大切にしてくださいね。

 

今回は風俗店の生理休暇について取り上げてみましたが、いかがでしたか?なお、ピルを飲むと生理をコントロールすることができますが、ピルの種類や飲み方などについてはまた別の機会に詳しく解説したいと思います。

PAGE TOP