デリヘルなら自宅待機OKって本当?

風俗求人サイトを見てると「自宅待機OK」と書かれてる風俗店が掲載されてます。通常、風俗店で働いた場合、待機方法は個室待機か集団待機のどちらかになるのが一般的ですが、デリヘルの一部の店舗では自宅待機を許可してる場合があります。

 

この自宅待機は、まだデリヘルで働いたことのない女の子には馴染みのない待機方法だと思いますので、今回は自宅待機のシステムやメリット、デメリットなどについて詳しく解説していきます。

そもそも自宅待機って何?

自宅待機とはその名の通り、風俗店の事務所に出勤する必要がなく、お客さんから指名が入るまで自分の家で待機できるシステムのことを指してます。この自宅待機は店舗を構えていないデリヘルならではの待機方法です。

 

当然、いつでもお店からの呼び出しの電話に対応できるようにしておく必要はありますが、自宅待機してる間は自分の好きなように時間を使うことができます。

 

いつでも連絡がつくようにしておけば、待機中にショッピングや食事に出かけることも可能ですし、お店によっては自宅だけではなくてネット喫茶などで待機していても良い場合もあります。自宅待機は以下のことを条件に許可してるお店が多いです。

  • デリヘルの事務所から自宅までの距離が近いこと
  • いつでも連絡が取れること
  • もし外出していても、すぐに指定された待ち合わせ場所まで出向けること

なお、自宅待機を許可してるデリヘルであっても、必ず自宅待機できるというわけではない点は覚えておきましょう。

 

住んでるところがあまりにもデリヘルの事務所から離れてる場合は、いくら自宅待機を希望しても断られることが多いですし、勤務態度の悪い女の子も断られる場合があります。お店側からしてみたら、もし指名が入った女の子が呼び出しに応じることができなかった場合、お店の信用問題に関わるからです。

自宅待機してるときのお仕事の流れについて

デリヘルは派遣型の風俗店なので、専属のドライバーがお客さんの元まで送迎してくれる仕組みです。この点はファッションヘルスやソープランドなどの店舗型の風俗店とは大きく異なる点です。

 

自宅待機してる女の子の場合は、お客さんから指名が入ったときはまずお店から連絡があります。その後、専属のドライバーが女の子の家まで迎えに行き、その足でお客さんの待つホテルや自宅に向かうことになるのが一般的です。

 

しかし、場合によっては自分で派遣先もしくは指定された待ち合わせ場所まで出向かなくてはいけない場合もあります。そのときは、「これから○○まで向かってください」とお店のスタッフに言われるので、決められた時間までにその場所に向かうようにしましょう。

 

お仕事が終われば、また専属のドライバーが迎えに来てくれてそのまま帰宅することになります。もし連続してお仕事が入っていた場合は、専属のドライバーがそのまま次のお客さんの元まで送り届けてくれます。

自宅待機するメリットとデメリット

次は自宅待機をしたときのメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。ふう子が考えるメリットとデメリットをまとめると以下の通りになります。

自宅待機するメリット

メリット
○風俗店の事務所に出勤する必要がない
○待機中は自宅でリラックスして過ごせる
○他の女の子と関わる必要がないので気を遣う必要がない
○自分の時間を有効に活用することができる

自宅待機する一番のメリットは、風俗店の事務所に出勤する必要がないことだと思います。通勤する必要がないので、満員電車に乗って疲れることもありませんし、指名が入ったときは自宅まで専属のドライバーが迎えに来てくれるので本当に楽だと言えます。

 

また、風俗街まで足を運ぶ必要がないため、家族や知人に風俗で働いてることがバレにくいというメリットもあります。やはり風俗街を歩いてる姿を誰かに見られたときは怪しまれるので、風俗バイトをしてることを誰にも知られたくない女の子には自宅待機はおすすめの待機方法です。

 

自宅待機なら完全に自分のプライベートが守られており、個室待機や集団待機と違ってリラックスして過ごすこともできます。他の女の子の指名数や日給などを気にすることなく、自分のペースで働くことができ、煩わしい人間関係で悩まされることもありません。

 

そして、お客さんからの指名が入るまで自由に時間を使うことができるので、もっと稼ぎたい女の子はチャットレディなどのアルバイトと掛け持ちすることも可能です。

自宅待機するデメリット

デメリット
×効率よく稼ぐことができなくなる
×お仕事とプライベートの時間がごちゃ混ぜになる
×お仕事の悩みを誰にも相談できない
×いつ指名が入るのか分からないので外出しにくい
×フリーのお客さんを回してもらえなくなる

自宅待機は風俗店の事務所に出勤する必要がないので楽ですが、実はいくつかのデメリットが存在してます。まずふう子の経験上、自宅待機するよりも普通にお店で待機しておいた方が稼げるのは間違いないです。

 

何故なら自宅待機していると、フリーのお客さんを回してもらえないことがあり、お店によっては忙しいときのヘルプ扱いになることがあるからです。しかも、お客さんの元に向かうときも、専属のドライバーに一旦自宅まで迎えに来てもらう必要があるため余計な時間がかかってしまい、その分効率よく稼げなくなってしまいます。

 

次に考えられるデメリットとしては、お仕事とプライベートの時間がごちゃ混ぜになるので、いざお客さんから指名が入ったときに仕事モードへ切り替えするのが難しくなることではないでしょうか。

 

自宅だとリラックスできる反面、緊張感がなくなってしまいますし、暑い時期や寒い時期だとやはり外には出たくないものです。

 

また、お店に出勤してる場合と違って、自宅待機してるともし何か悩みがあったときもお店のスタッフに気軽に相談することができませんし、他の女の子とお仕事のことやお客さんのことなどについて話すこともできなくなるという点は覚えておきましょう。

最後に

ここまでデリヘルの自宅待機について解説してきましたが、お分かり頂けましたでしょうか?もう一度復習になりますが、自宅待機してる間はお店からの呼び出しの電話にすぐに対応できるようにしておけば、どのように過ごしていても自由です。

 

しかし、自宅待機してる間はあくまでもお仕事中だという意識を持ち、サッと仕事モードへ切り替えれるように準備しておいてください。お仕事に着ていく服装や荷物を事前にまとめておき、お客さんから指名が入ったときはすぐに家を出れるようにしておきましょう。

 

また、お店からの呼び出しの電話には必ず出るようにしましょう。もし電話に出なかった場合、あなたの信用度が下がるだけではなくて、次からお客さんを回してもらえなかったり、干されてしまう可能性があります。

 

以上のことに気をつけてデリヘルのお仕事を頑張ってくださいね。もし自宅待機について何か疑問等があるのでしたら、事前に風俗求人サイトから問い合わせしておくことをおすすめします。

PAGE TOP