現役デリヘル嬢が教える正しい素股のやり方

ファッションヘルスやデリヘルの基本プレイには必ずと言っていいほど素股が含まれています。

 

今まで風俗バイトをしたことのない女の子には素股って馴染みがないと思いますが、風俗で働くうえで必須のプレイなので、是非このページで素股のやり方を覚えてくださいね。

 

まず素股とは擬似セックスのことです。女の子の股間で男性のペニスを挟んで刺激したり、女の子のアソコとペニスを擦り合わせるプレイのことです。

 

擬似セックスなので当然ながら挿入することはありませんが、素股の上手い女の子になると、まるで本当に挿入してるのかと思うぐらいの気持ちよさや感覚をお客さんに与えることができます。

素股の体位について

素股には様々なテクニックや体位がありますが、その中でも「騎乗位素股」「正常位素股」「後背位素股」が最も有名ではないでしょうか。

 

正常位や後背位の素股はお客さん主導で行う素股のため、間違って膣内にペニスを入れられてしまう危険性があります。そのため、まだ素股をやったことのない女の子は、自分でコントロールしやすい騎乗位素股の仕方から覚えるといいと思います。

 

なお、騎乗位素股の体位はお客さんが仰向けになって、女の子がお客さんの上に跨る騎乗位とか女性上位という姿勢で行います。

素股のコツについて

素股を行うときにアソコにペニスのカリの部分を当ててしまうと、間違って膣内に入ってしまう場合があるので、股やお尻の割れ目、もしくは手とアソコを使ってペニスの竿の部分を挟むようにするのが重要です。

 

騎乗位素股のやり方としてはこうします。

 

まずお客さんに仰向けになってもらい、ペニスにたっぷりとローションをつけます。ヌルヌルにしておくと男性の性感はアップするし、女の子の局部も摩擦による負傷から守られるので一石二鳥です。

 

手でお客さんのペニスをお客さんのお腹にくっつけるように倒し、その上に女の子が跨って、竿の部分にアソコを擦りつけます。同時に手を使って、お客さんの亀頭を責めるようにしましょう。手を使うことによって本当に挿入してるかのような刺激を与えることができます。ちなみに手を使うのは、お客さんが挿入してこようとするのを防ぐためでもあります。

 

これは女の子が前を向いて騎乗位素股を行ってる場合ですが、後ろ向きになって、お尻の割れ目でお客さんの竿の部分を挟むときもあります。これも同時に手でお客さんの亀頭を責めるようにします。

 

このやり方でほとんどのお客さんはあっという間にイッてしまうのですが、もしお客さんが長く素股プレイを楽しみたいときは、腰や手の動きを少し弱めてあげるといいでしょう。

 

また、素股を行うときはただ単に腰を振ってアソコにペニスを擦りつけるのではなく、積極的に女の子側もアエギ声を出したり、緩急をつけた動きをすることが素股を行うときのコツです。

PAGE TOP