風俗嬢が顔出しして得られるメリットとデメリット

風俗嬢をしてると、女の子によっては雑誌やホームページに顔出しする機会があります。実はふう子も昔は顔出しをしていた風俗嬢の一人です。

 

このページを読んでくれてる女の子の中には、風俗で働いてることがバレる危険性があるのに、何故わざわざ顔出しをするのか不思議に思ってる方もいるのではないでしょうか。

 

ふう子も顔出しをするメリットって新人の頃は分かりませんでしたが、長年、風俗業界で働いてきた今ならよく分かります。

 

では、顔出しすることで得られるメリットとデメリットについて解説していきたいと思います。

顔出しすることのメリット

顔出しする一番のメリットはやはりお客さんからの指名が増えることです。

 

雑誌やホームページ、風俗情報サイトなどに掲載されると、注目度がアップするので、それだけお客さんからの指名が増えやすくなります。そのため、もし顔出しができるなら、どんどん顔を出していった方が稼ぎやすくなります。

 

お店側にとっても、女の子が顔を出してくれた方が宣伝にもなるし、それだけ集客力がアップすることになります。だから風俗店は、雑誌やホームページで顔を出せる女の子を優遇します。

 

女の子の容姿やスタイル、メディアの力によっても違いますが、顔出しをすることで確実にお客さんが増えます。人気の風俗嬢になれば、たくさんの固定ファンがつくことだってあります。

 

また、もう一つの大きなメリットとしては、顔出しすることによる「マスコミ手当」という報酬がもらえることです。お店によっては取材費として、雑誌に出るたびにギャラを払ってくれたり、それ以外のところでの待遇をよくしてくれます。

 

風俗求人広告を見たことがある女の子なら、マスコミ手当という項目が書かれてるのを目にしたことがある方もいるのではないかと思います。

 

マスコミ手当とは、雑誌などでインタビューを受けたり、広告に顔を出したり、お店のホームページのプレイ内容の動画に出演したりなどすることによって得られる報酬のことです。

顔出しすることのデメリット

その一方で、顔出しすることによって得られるデメリットは、もうすでに感じている方もいらっしゃると思いますが、知人や家族に風俗で働いてることがバレてしまう危険性があることです。

 

当然ながら、雑誌やホームページは不特定多数の方が閲覧できます。しかも、全国から様々な人がアクセスできるので、知人や家族が偶然雑誌やホームページを見てしまえば、気付かれてしまう確率が大変高くなります。

 

ちなみに顔出しと言っても、お店に頼めば目隠しやモザイクをかけてもらうこともできます。そのため、できるだけバレたくないのであれば、お店にモザイク加工などをお願いして、特定されにくいようにすると良いでしょう。

 

顔出しすることでお客さんを増やすことができる反面、それなりのリスクもあるので、十分に検討してから顔出しするかどうか決めてくださいね。

PAGE TOP