風俗嬢が知っておきたい性病の基礎知識

これから風俗バイトを始めるにあたって、大きな悩みのタネは病気と妊娠のことでしょう。風俗嬢として働くうえで、避けては通れない問題です。事実、病気が怖くて働く決心ができないという女の子も多いようです。

 

お客さんから性病をうつされてお店を休まなくてはいけない!なんてことにならないように日頃から注意しておいた方がいいでしょう。自分がいくら衛生状態に気を使っていても、風俗店にはどんなお客さんが来るか分かりません。

 

ちなみに性病とは、「性交渉によって感染する病気」の総称です。必ずしも「本番行為をしなければ大丈夫」というわけではなく、キスやオーラルセックスなどによって感染する病気も存在しています。

 

中には症状が分かりにくく、感染していることに気づかない病気もあります。お客さんから感染したり、あるいは、逆にお客さんへ感染させたり、そのリスクを完全にゼロにすることはできません。

 

しかし、定期的に検診を受け、早期発見・早期治療に取り組むことで、被害を最小限に食い止めることは可能です。そのため、必要以上に怖がらなくても大丈夫なので安心してくださいね。

 

性病の症状は、病気の種類、性別、病状の進行によって異なります。

 

男性の場合は、排尿時の痛みや膿が出る、女性の場合は、おりものが出たり、皮膚に「いぼ」や「しこり」ができたりといった症状が主に見られます。

 

ただし、症状の出方や自覚症状には個人差が大きいため、たとえ全くその兆候が見られなくても、定期的に検査を受けることが必要です。早期に発見すれば感染の被害を大幅に抑えることができますし、痛みや後遺症の心配もありません。

 

風俗店によっては、雇用する前、あるいは勤務中に、性病の検査を義務付けているところもあります。高級店や優良店は、お店側が費用を負担して、風俗嬢に検査を受けさせることも珍しくありません。

 

ただし、お客さんに対して検査を強制することはできませんから、風俗嬢が「感染するリスク」は常に存在します。従って、感染したお客さんを見抜く予備知識、感染した場合の対応については、あらかじめ把握しておく必要があります。

 

性病は彼氏や旦那さんにも感染する危険性がある以上、自分だけの問題ではありません。いくら高収入が魅力でも、性病対策が行われていない風俗店では働かないようにしてください。お店側の対応・対策については、実際にお仕事を始める前に必ず確認しましょう。

 

多くの性病は、コンドームを使用することで感染のリスクを抑えることができます。特にソープランドで働きたい女の子は、お客さんからコンドームなしのセックスを請われても応じないようにしましょう。

 

また、大半の性病は治療が可能なので、病気に不安を感じたら、一人で悩むのではなく、できるだけ早期に医師の診断を受けてください。もしもあなたにパートナーがいるのなら、一緒に検査を受けることをオススメします。

 

医療機関で検査することに抵抗があるなら、自宅(郵送)で受けることができる性病検査キットなどがあるので利用を検討してみましょう。ふう子も忙しくてどうしても検査に行けないときは、性病検査キットを利用することがあります。

PAGE TOP