SMクラブで稼げる風俗嬢になろう!

SMクラブは他の風俗店と比べるとプレイ内容やサービス内容が特殊です。そのため、向き不向きがはっきりとしてる業種です。

 

最近の風俗業界では、風俗バイトの経験がない素人の女の子が求められる傾向にありますが、SMの世界では経験が重視され、キャリアがあれば三十代の女性でも歓迎されます。そのため、キャリアの浅い女王様の中には「まだ働き始めて二年だから、キャリアが浅くて」なんてことを言う人もいます。

 

中には未経験者お断りのSMクラブがあるので、面接に行く前によく確認しておきましょう。もしこれから女王様をするにしてもM女をするにしても、まずはこの世界に慣れることが大切です。

 

もし新人のうちからコンスタントに稼ぎたいならM女専門店で働くのがオススメです。SMクラブの場合、お客さんが支払う料金が高いので、リピート客が付き始めると1日5万円以上余裕で稼げますけど、コンスタントに稼げるようになるまで3ヶ月くらい掛かるのが一般的です。

 

最初の3ヶ月は坊主の日があると思いますが、長い目で見つつ、接客を指名につなげていくことが大切になってきます。また、ロングコースや延長をとって、指名やオプションにつなげていくことも忘れてはいけません。SMクラブのオプションは単価が高いので、オプションをつけてもらえるだけで一本あたりの単価がかなり上がります。

 

では、どんな女の子がSMの世界で稼げるのか見ていきたいと思います。

SMクラブで稼げてる人の特徴

先ほども書いた通り、SMクラブはプレイ内容やサービス内容が特殊なため、初めからSMに興味を持っていたり、知識がある女の子の方が圧倒的に稼げる確率が上がります。また、SM歴の長い人、SMが大好きな人、SMのストリップショーに出てる人、それなりにプレイができる人はやはり稼げます。

 

SMもM女もM性感も未経験の人はある程度変態プレイやアブノーマル系プレイに興味がないと稼ぐのは厳しい世界です。言葉責めのバリエーションとかも必要になってきます。SM系は覚えることが結構あり、単純に責められ好きというだけでは稼げません。

 

次に真性M女とか真性S女とか、白黒はっきりしてる女の子の方がお客さんのウケが良いです。一番ダメなのが中途半端にSもMもする女の子です。もしM女やS女じゃないけど、SMクラブで稼ぎたい女の子は真性M女や真性S女と偽って演技する必要があります。

SMクラブで稼げる時間帯

他の業種と同じく、SMクラブも夕方から夜にかけてお客さんが多く来店されます。土日なら昼からでもお客さんは入ってます。ただし、平日の昼間は客入りが少ないので、指名客を持っていない女の子は稼ぐのが難しいのが現状です。

SMクラブで指名を取るために

新人のときはお店が積極的にお客さんをつけてくれますが、自分から進んで色々なプレイに挑戦しようとする心がないとSMの世界は厳しいです。

 

新人のときはプレイ内容ができなくても「初めてなんです」って可愛く言っておけば大丈夫です。また、痛ければ痛いと言っても大丈夫です。お客さんはAVを見て知識を得たなんちゃってSやSM経験の短い人ばかりです。ファッションヘルスやソープランドとはまた違った感じのお仕事になります。

もしできないプレイがあったときは

もし接客時にムチやロウソクなどをしてて、自分ができないと思えば無理をする必要はありません。お客さんに「お許しください、御主人様」と言えばやめてもらえます。それがSMのプレイをする上でのルールだからです。お店側も受付時にお客さんに説明してくれてます。

 

それでもお客さんが責め続けてきたときはお店に報告するか、もしくはキレても大丈夫です。

SMバー

ショーの時にお客さんの前で縛られたりする役をするお仕事です。最初に衣装や道具を揃える必要があり、初期投資がいります。M嬢専門ならこの業界のお仕事の経験がなくても働くことができます。

PAGE TOP