ソープランドの大衆店で働くメリットとデメリット

風俗業界では、お客様が支払う料金の総額が3〜5万円程度のソープランドを「大衆店」と呼んでいます。

 

人によってはこの価格帯のソープランドを「中級店」と呼ぶ場合もあります。

 

料金と比例して女の子の質も並〜上程度、接客時間は90〜100分が一般的です。

 

もしレギュラー出勤ができるのなら保証が出るお店がたくさんあります。

 

ソープランドの大衆店は格安店と違ってマットプレイがあるのが特徴です。

 

マットプレイを覚えると、その間はこちらからお客様を責めることになるので、受け身の時間を短くすることができます。

 

では、ソープランドの大衆店で働くとどのようなメリットとデメリットがあるのかをこれからご紹介していきます。

ソープランドの大衆店で働くメリット

ソープランドの大衆店で働くメリットをまとめると下記の通りです。

メリット
○即即・生挿入・中出しがない
○コンドーム着用で接客できる
○高級店みたいに容姿やテクニックが要求されない
○高級店で人気が出なかった女の子でも稼げる

ソープランドの高級店は質の高いテクニックや容姿レベル、礼儀作法など全てにおいてハイレベルのものが求められるので、普通の女の子は入店すること自体が難しいですが、その点、大衆店ならソープランドのお仕事が初めての女の子でもほとんどのお店で働くことができます。

 

ソープランドの大衆店は高級店より客数があり、本数をこなせるのがメリットです。

 

もし指名客がコンスタントに来てくれるのなら、保証なしでも1日10万円以上稼ぐことが可能です。

 

高級店ほどのサービスを求められないし、生挿入や中出しなどのサービスがないので安心です。

 

また、大衆店だと即尺・即ベッドのサービスがないのも特徴です。

 

そのため、格安店では働きたくない、かと言って高級店の面接に受かる自信のない女の子は、まずはソープランドの大衆店からスタートしてみることをおすすめします。

 

その後、実力をつけてから高級店に移るのも良いでしょう。

 

ちなみに大衆店だと、お客様は高級店の半分ぐらいの料金で遊べるので、そこまでお客様の目も厳しくなく、見た目の良い女の子なら競争相手が少ないので一人勝ちできる可能性があります。

ソープランドの大衆店で働くデメリット

逆にソープランドの大衆店で働くデメリットとしては、下記の通りです。

デメリット
×コンセプトが中途半端
×最近では、高級店で働けるレベルの女の子が大衆店に流れてきている
×客層があまり良くない
×マットプレイがあるので体力が必要

実は最近の風俗業界では、二極化が進んでます。

 

どういうことかと言うと、大衆店に行くぐらいならもっとお金を出して高級店に行く、もしくは大衆店に行くぐらいならお金を節約して格安店に行った方がいいと考えてるお客様が増えてきています。

 

ソープランドの大衆店は格安店ほど料金が安くはありませんし、逆に高級店みたいに料金が高い代わりに最上級のサービスを受けれるわけでもないのでとても中途半端な存在です。

 

だから、以前と比べると大衆店に遊びに来るお客様が減ってきてるのが現状です。

 

また、お客様の中には大衆店なのに高級店レベルのサービスを求めてくる人や何回も本番行為をやりたがるガッツキ客が少なからずいるのもデメリットのうちの一つです。

 

なお、ソープランドの大衆店はマットプレイがあるので体力も必要となってきます。

 

やはり初めのうちはヘトヘトに疲れたり、筋肉痛になってしまうのを覚悟しておかなければいけませんが、一度マットプレイに慣れてしまえば、マットプレイで時間を潰すことができるので是非頑張ってマスターしましょう。

 

他に考えられるデメリットとしては、最近、高級店で働けるぐらい可愛い女の子が、即即やNSなどのプレイをしたくないという理由で続々と大衆店に流れてきていることです。

 

そのため、周りの女の子と差別化できるためのウリがなければ、なかなかフリー客が回ってきません。

最後に

今回はソープランドの大衆店で働くメリットとデメリットについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ソープランドの大衆店で働くデメリットのところでも書きましたが、最近では高級店でも通用するような容姿の良い女の子が大衆店に流れてきています。

 

しかし、完全S着店、つまりコンドーム着用で接客できるお店を探してる女の子にはやはりソープランドの大衆店はおすすめです。

 

最後にふう子からアドバイスですが、お店探しをする際は、お店の流行り具合も大切ですが、それよりも自分の働きやすいお店を選ぶことが何よりも重要です。

 

例えば、従業員の応対が良いお店を選ぶのも良いと思います。

PAGE TOP