ホテヘルの具体的なお仕事内容を徹底解説!

あなたは「ホテヘル」という風俗店はご存知でしょうか?

 

プレイ内容自体はファッションヘルスやデリヘルとほとんど同じですが、ホテヘルにはこれらの2つの風俗店とは違う点がいくつかあります。

 

この記事では、風俗バイトが初めての女の子でも分かるように、ホテヘルのお仕事内容について詳しくご紹介していきます(o^-^o)

そもそもホテヘルってどんな風俗店?

ホテヘルとは、ホテルヘルスの略称です。

 

ホテヘルの店舗には受付所と案内所しかなく、ファッションヘルスみたいにプレイルームはありません。

 

お店で受付と会計を済ませたお客様と一緒に近隣のホテルやレンタルルームに出向いて性的サービスをすることになります。

 

そのため、ホテヘルは繁華街や風俗街に店舗を構えているのが一般的です。

 

お客様は女の子と一緒にホテルに向かうので恋人気分を味わうことができます。

 

お店によっては先にお客様がホテルへチェックインし、後から女の子が行くシステムのお店もあります。

 

各店舗ごとにロリ系・綺麗系・人妻系などのコンセプトがあるので、あなたに合ったお店で働くようにしましょう。

ホテヘルのプレイ内容

  • ホテル入室
  • シャワー
  • ベッドプレイ
  • シャワー

ホテヘルは一般的には「ホテル入室→シャワー→プレイ→シャワー」という流れでプレイすることになります。

 

プレイ内容は基本的にはファッションヘルスと同じで、手や口や素股でお客様を気持ちよくしてあげて射精させてあげるのがお仕事です。

 

本番行為は禁止されています。

 

ホテヘルはシャワーも使えるので衛星面でも安全です。

ホテヘルで働くメリットとデメリット

ホテヘルは、ホテル街から歩いて数分くらいのところに店舗を構えていることが多いので、お客様を接客するときの移動時間はほとんどかかりません。

 

そのため、デリヘルよりも効率よくお仕事することができます。

 

また、ファッションヘルスと同じように受付にモニターを設置しているお店が多いので、事前にお客様の顔を確認することができ、顔バレや知人バレを気にしてる女の子でも安心です。

 

お店のスタッフが受付時に変なお客様ではないかチェックしてくれるので酔客などに当たる心配もありません。

 

但し、お客様はプレイ料金の他に別途ホテル代もかかるので料金が割高になり、ファッションヘルスやデリヘルと比べると稼ぎにくい業種と言えます。

 

ホテヘルで働くメリットとデメリットを簡単にまとめると以下のようになります。

ホテヘルのメリット

メリット
○お客様を接客するときの移動時間が短いので効率よく稼げる
○受付にモニターを設置してるお店が多いので、事前にお客様の顔を確認できる

ホテヘルのデメリット

デメリット
×デリヘルと比べると店舗数が少ない
×営業時間が深夜0時までなのでそれ以降の時間帯に働けない

お給料の目安

お給料 お客様一人に付き5,000円〜10,000円前後+指名料+オプション料金。
お給料はその日のうちに全額支払われるのがほとんどです。
接客時間 お客様一人あたり60〜120分程度が主流。
日給相場 35,000円〜

PAGE TOP