風俗嬢のお給料って具体的にはどんな仕組み?

風俗店で働くにあたって、まず気になるのがお給料のことです。

 

お給料がどんな風に決まるのか、どんな風に支払われるのかという点はあなたもきっと気になってるはず。

 

これまで普通のアルバイトしかしたことがなくて、風俗店で働くのは初めてという女の子ほど、風俗店のお給料のシステムは戸惑う部分かもしれません。

 

そこで、風俗バイト初心者の方のために、お給料の仕組みについて分かりやすく解説していきますね( ´∀`)bグッ!

風俗店のお給料の基本的な仕組み

風俗店には、お店によって様々なお給料のシステムがあり、出勤日数や指名の本数でもらえるお給料が変わる場合もありますが、基本的には以下のようなお給料のシステムを採用しているお店がほとんどです。

(お客様が支払ったコース料金×バック率)+指名料+オプション料=女の子の取り分

このお客様が支払ったコース料金の一部がベースのお給料となります。

 

そして、もしお客様から指名が入ったり、有料のオプションをつけてもらえたのなら、さらにプラスアルファの金額が入ることになります。

 

ちなみに一般的にはどの風俗店も、指名料やオプション料は全額女の子にバックされるのが基本です。

 

指名料は自分だからこそのお金だし、オプションは普通とは違う特別なサービスをするからです。

 

その代わり、嫌なオプションは拒否してもかまいません。

 

ふう子は普段は決して無理をすることはありませんが、絶対に稼ぎたいときは多少ヘビーなオプションでも頑張ってするときがあります。

 

例えば、ふう子が働いてるデリヘルの場合だと、コスプレのオプションは2,000円、聖水やごっくんは4,000円もらうことができます。

バック率

風俗店にはバック率というものが設定されています。

 

例えば、バック率が50%ならお客様が支払ったコース料金の5割が女の子の取り分、バック率が60%ならお客様が支払った料金の6割が女の子の取り分になります。

 

一般的には、お客様の支払ったコース料金の半分が女の子の取り分になることが多いです。

 

お客様は主に時間当たりいくらでプレイ料金を支払っていますが、その一部が女の子に入るというわけです。

 

ふう子が働いてるデリヘルのケースだと、

(60分18,000円×バック率60%)+指名料2,000円=12,800円

なので、もしお客様から60分コースの指名が入れば、ふう子の取り分は12,800円になります。

 

お客様の中には90分コースとかオプションをバンバン入れてくれる人もいるので、良いお客様に出逢うことができれば風俗でガッツリ稼ぐことができます。

指名ランクが上がれば様々なメリットがある!

風俗店の中には、お客様からの指名数を増やして本指名ランキングの上位者に入ることができれば、お給料の単価を上げてくれたり、バック率がアップするお店もあります。

 

ルックスや容姿のいい女の子、顔出しができる女の子だと、最初から指名ランクの高い状態でスタートできることも多いです。

 

風俗バイトは頑張れば頑張った分だけ、お給料に反映されるのが特徴です。

 

本指名ランキングの上位者になれば、その他にも色々と優遇してもらえることがあるので、本指名を獲得できるように是非頑張ってみてください。

オプション制度

風俗店のお給料というのは指名数だけではなくて、お客様に利用してもらったオプションの数によっても決まります。

 

特定の女の子を気に入って何回も指名してくれるお客様は、色々なプレイを試したくて、様々なオプションを利用してくれます。

 

そのおかげで、同じ人数の男性を相手にした場合でも、オプションの有無によって稼げる金額がかなり変わってきます。

 

当然、お客様にオプションを利用してもらうためには、嫌なことも我慢してやる必要がありますし、様々なテクニックを磨く必要があります。

 

より効率的に稼ぎたいと思うのならば、全てのオプションでのプレイを想定しなければいけません。

 

ほとんどの風俗店では、オプションのNG指定などは自分からできますが、やはりもっと稼ぎたいと思うのならば、できるだけ多くのオプションをこなせるようになりたいものです。

 

だからこそ、全てのプレイでお客様を満足させられるようにテクニックを磨く必要があります。

風俗店では時給制ではなくて歩合制のお店がほとんど

普通のアルバイトの多くは、働いた時間に応じてお給料が決まる時給制を採用しています。

 

求人情報にも、「時給○○円」と書かれていますよね。

 

しかし、風俗バイトでは時給制でお給料が決まるお店の方が少ないです。

 

風俗店でのお給料は「歩合制」といって、実際にお客様を接客した数によって決まることがほとんどです。

 

一般的なデリヘルでは、だいたい60分のコースで10,000円ほどの基本給がもらえます。

 

これはお客様が支払った料金からお店の取り分を引いた分の値段です。

 

出勤時間めいっぱい使って接客できれば、その分お給料はどんどん伸びますし、逆にお客様が少なく待機時間が長くなってしまうとその分のお給料は発生しません。

 

普通のアルバイトと違って、お客様から指名が入るまでの待機時間に時給が発生するわけではありません。

 

風俗店の多くが採用している歩合制では、お客様をしっかりと接客できさえすれば、お給料をどんどん伸ばして効率よく稼ぐことができますが、ただ出勤するだけではお給料が全くもらえないということに気をつけておきましょう。

 

なので、もし出勤した日に指名客もフリー客も入らなければ、その日のお給料は0円ということになります。

 

しかし、いざお客様からの指名が入れば、普通のアルバイトとは比べ物にならないくらいのお金が入ってくるのでやる気も出てくるというわけです。

 

もし売れっ子の風俗嬢になれば、月100万円以上稼ぐことだって可能です。

お給料はその日のうちに、日払いが一般的

アルバイトでも正社員・派遣社員でも、お給料はだいたい月末にまとめて支払われるものです。

 

しかし、風俗店では基本的に日払いが原則です。

 

その日働いた分のお給料は、お仕事が終わって帰る前に現金で全額支払われることになります。

 

日払い制のいいところは、急な出費があるときや今すぐまとまったお金が欲しいときに、働けば働いた分だけすぐにお金を用意できるというところです。

 

普通に働いていたのでは、時期によっては1ヶ月近く待たなければお金が手に入りませんが、風俗バイトならすぐに数万円ほど用意することができます。

 

ただし、デメリットとしてよく指摘されるのが、出勤すればその度に数万円もらえるので、ついついお金をパーッと使いすぎてしまうということです。

 

自分で節約して貯金にまわせば問題ないのですが、その日に現金で渡されるので、お仕事のストレス発散も兼ねてつい使ってしまう女の子も多いです。

 

せっかく頑張って稼いだのに全部遊びに使ってしまった、なんてことにならないように注意しておきましょう。

まとめ

  • 風俗店にはバック率が設定されている
  • 指名料やオプション料は女の子に全額バックされる
  • 時給制ではなくて歩合制のお店がほとんど
  • お給料は日払いが一般的

今回は、風俗嬢のお給料の仕組みについて解説しました。

 

もう一度復習になりますが、風俗バイトは歩合制のお仕事なので、接客人数が増えれば増えるほどお給料が上がり、その日のうちに現金でお給料をもらうことができるのが特徴です。

 

今すぐお金が必要な女の子にとっては、やはり風俗バイトは魅力的なお仕事でもあります。

 

もし自分が働きたいお店のバック率が気になるようでしたら、事前にお店に問い合わせて確認するようにしましょう。

PAGE TOP