【完全解説】デリヘルの仕事内容・給料事情を詳しく紹介!

まとまったお金が必要になったので、デリヘルのバイトに興味がある!!

 

そんな女の子のためにこの記事では、「デリヘルの具体的なお仕事内容」や「デリヘルのお給料事情」についてどこよりも詳しくご紹介していきます!

 

風俗バイトが初めての女の子でも分かるように解説しましたので、この機会にぜひデリヘルに関する正しい知識を身につけてくださいね(*^ー゚)b

 

もし今すぐにでもデリヘルのお仕事を探したい方がいれば、この風俗求人サイトがおすすめですよ!

そもそもデリヘルってどんな風俗店?

デリヘルとは、「デリバリーヘルス」の略称であり、店舗を持たない無店舗型の風俗店になります。

 

お客様の自宅やホテルなどに女の子が出張してサービスを行うことから「出張ヘルス」と呼ばれることもあります。

 

デリヘルのお仕事は、ソープランドと違って本番行為は禁止されています。

 

キス・フェラチオ・素股などでお客様を気持ちよくしてあげ、最後に射精させてあげるのがお仕事となります。

 

風営法の関係で新規にお店を出店することができない店舗型の風俗店と違って、デリヘルは年々お店の数が増えているので、働ける職場が日本全国どこにでもあるのが特徴です。

 

また、現在の風俗業界では、デリヘルが主流となっているため、男性からの需要がとても高い業種です。

 

デリヘルの利用客数も年々伸び続けており、今、最も注目されている業種でもあります!

デリヘル豆知識

現在では、デリヘルの市場規模の拡大に伴い、店舗型の風俗店からデリヘルに乗り換える風俗店が増えています。

 

中には、昼間はファッションヘルスやホテヘルを営業し、夜になるとデリヘルを営業してる風俗店もたくさんあります。

デリヘルのお仕事内容とサービスの流れ

デリヘルのお仕事は、まずお店の事務所に出勤したら、お客様から指名が入るまで定められた待機場所で待つことから始まります。

 

その後、お客様から指名が入ると、お店の専属のドライバーが運転する車でお客様の元まで出向いてお仕事開始となります。

 

お客様の自宅やホテルに入室したら、すぐにお客様に利用コースやプレイ内容を決めてもらいましょう。

 

デリヘルのコースには60〜120分、もしくはそれ以上の時間のコースもありますが、長時間のコースを申し込んでもらった方が当然稼ぐことができます!

 

ちなみにデリヘルの基本プレイには、以下のものが含まれています。

  • ディープキス
  • 全身リップ
  • 手コキ
  • フェラチオ
  • 69(シックスナイン)
  • 指入れ
  • クンニ
  • パイズリ
  • 素股
  • 口内射精

プレイ内容自体はファッションヘルスやホテヘルとほとんど同じで、本番行為はもちろん禁止されています。

 

もしセックスしたことが発覚すれば、厳しいデリヘルの場合だとお店をクビになってしまうことがあります。

 

場合によっては、女の子やお客様だけではなく、お店側も違法行為としての処罰の対象となることがあるので注意しましょう。

 

また、ほとんどのお店では、基本プレイの他に以下の有料オプションも提供していることが多いです。

  • オナニー鑑賞
  • 電マ・バイブ
  • 放尿
  • パンスト破り
  • コスプレ
  • ポラロイド撮影
  • 顔射
  • ごっくん
  • 複数プレイ
  • AF(アナルファック)

ただし、有料オプションに関しては、嫌なプレイについてはNG指定することができるので安心してくださいね。

 

お客様の利用コースやプレイ内容が決まったら、お店に電話を入れていよいよプレイ開始です。

 

まずはシャワールームに移動して、お客様の体を綺麗に洗ってあげてください。

 

このときにお客様が性病にかかっていないかチェックすることも重要です!

 

シャワーを浴びたらベッドルームに移動して、キス・フェラチオ・素股などのヘルスサービスを行います。

 

そして、お客様がフィニッシュしたら、コース時間が終了するまでお客様と会話をしたり、イチャイチャしたりして過ごすようにしましょう。

 

終了時間になったら部屋を退室し、再びドライバーとともにお店の待機場所に戻ることになります。

 

これがデリヘルの基本的なサービスの流れとなりますが、デリヘルのお仕事内容の詳細については、「デリヘルのお仕事の流れを分かりやすく解説!」の記事で詳しく解説しています(^-^)v

デリヘルはどんな女の子に向いてるの?

次は、どんな女の子がデリヘルのお仕事に向いてるのか解説していきます。

 

デリヘルのお仕事に向いてる女の子は、ふう子はズバリ以下のような女の子だと考えています!

  • 深夜の時間帯も稼ぎたい女の子
  • 指名客をたくさん確保したい女の子
  • 少ない本数で稼ぎたい女の子

デリヘルのお仕事は、深夜の時間帯も稼ぎたい女の子に向いています。

 

デリヘルは深夜0時以降の営業が認められており、最も稼げるのが20時〜深夜にかけての時間帯になります。

 

ファッションヘルスだと、昼間のお仕事が終わってから出勤すると、営業時間が24時までなので3〜4時間ぐらいしか働くことができません。

 

それ以前に、そのような出勤状況だとまずお店に雇ってもらえません((( ゚д゚ ;)))

 

しかし、デリヘルの場合は、明け方まで営業してるので7〜8時間ぐらい働くことができます。

 

また、デリヘルのお仕事は、指名客をたくさん確保したい女の子や少ない本数で稼ぎたい女の子にも向いています。

 

ファッションヘルスは多くのお客様がショートコースを選ぶため、お客様の数をこなさなければ稼ぐことができませんが、デリヘルはロングコースを選ぶお客様が多いので、少ない本数で稼ぐことができます!

 

デリヘルは他の業種の風俗店よりも利用するお客様自体も多く、気に入った女の子がいればまたリピートしたいと考えている男性も多いです。

デリヘルは、昼間のお仕事や学校が終わってからでも働けるので、OLさんや学生さんの副業にピッタリのアルバイトですよ。

高級デリヘルの特徴

風俗業界では、お客様の支払う料金によってお店がランク分けされているのをご存知でしょうか?

 

お客様のニーズに合わせて「激安店」「大衆店」「高級店」の3つの価格帯のお店が用意されているのですが、その中でも一番料金が高いのが高級デリヘルです。

 

60分あたりの料金相場を比較してみると、以下のようになります。

激安デリヘル 8,000円〜10,000円
大衆デリヘル 13,000円〜16,000円
高級デリヘル 20,000円以上

この表からもお分かりのように、高級デリヘルはお客様の支払う料金が高い分、働くデリヘル嬢のお給料も高くなります。

 

もし高級デリヘルで働きたければ、料金に見合った容姿やテクニックが求められることになります。

 

ある程度ルックスが良くないと、まずお店に採用してもらえません。

 

お仕事内容は激安店や大衆店とほとんど変わりませんが、高級店の場合、マナーや接客技術なども必要になり、プロ意識のない女の子は高級デリヘルのお仕事は務まりません。

 

その分、見返りがとても大きいので、容姿に自信のある女の子は挑戦してみる価値があると思います( ´∀`)bグッ!

 

高級デリヘルのお仕事は、通常のデリヘルの3倍以上稼げることもあります!

デリヘル嬢として働くことができる年齢

デリヘルのお仕事は、年齢が18歳以上にならないと働くことができません。

 

ただし、18歳と言っても高校生の女の子は雇ってもらえないので、学校を卒業してから面接を受けるようにしてください。

 

デリヘルの面接を受けるときは、「顔写真付きの身分証明書」が必要となります。

 

この身分証明書は、年齢が18歳以上だと証明するために必要になるのですが、デリヘルの面接で使える身分証は以下のものだけになります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

もし面接のときに持っていく身分証明書についてもっと詳しく知りたければ、「風俗店の面接に持っていく身分証に関する疑問を一挙解決!」の記事もぜひチェックしておいてくださいね。

 

ちなみにパスポート以外の身分証明書を持っていくときは、「本籍地入りの住民票」も必要になるので、事前に準備しておくとスムーズに面接を受けることができます。

 

デリヘルの面接は、一般のアルバイトのように履歴書は持っていく必要はありません。

 

基本的にデリヘルの面接で落とされることはほとんどないので、18歳以上の女の子ならすぐにデリヘルのお仕事を開始することができますよ(o^-^o)

住民基本台帳カードの新規発行は現在終了してますが、有効期間内なら身分証明書として問題なく使用できるので安心してくださいね。

デリヘルで働くメリット

メリット
風俗業界の中で最も店舗数が多い
お店のジャンルが豊富
24時間いつでも働くことが可能
自分の生活スタイルに合わせて働くことができる
ファッションヘルスよりもバックが高い
風俗で働いてることがバレにくい
メリット1:風俗業界の中で最も店舗数が多い

デリヘルは、風俗業界の中で最も店舗数が多いので、自分の希望条件に合ったお店や働きやすいお店などを探しやすいというメリットがあります。

 

なんとデリヘルの店舗数は、日本全国に2万店舗も存在しており、東京だけでも3,000店舗以上あります!

 

そのため、デリヘルを利用する男性の数もとても多くて、ふう子の経験上、他の業種の風俗店よりもデリヘルの方が指名客を確保しやすいです。

 

日本中どこにでもデリヘルがあるので、自分の好きな地域で働くことができますし、今住んでる場所から遠く離れた地域に出稼ぎすることも可能です。

メリット2:お店のジャンルが豊富

デリヘルは店舗数が多いだけではなく、お店のジャンルも豊富なのが特徴です。

 

現在のデリヘルには、お客様のマニアックな性癖や趣味嗜好にも対応できるように様々なジャンルのお店が存在しており、ふう子がパッと思いつくだけでも以下のようなジャンルがあります。

素人系 / ロリ系 / 学園系 / 清楚系 / ギャル系 / コスプレ / 巨乳 / 貧乳 / ぽっちゃり / 人妻系 / 熟女系 / SM / 金髪系 / ニューハーフ

このようにデリヘルには、様々なジャンルに特化したお店があるので、自分の働きたいジャンルに絞ってお店を探すこともできます!

 

例えば、胸の大きさに自信がある方なら巨乳専門のデリヘル、主婦の方なら人妻系・熟女系のデリヘルで働けば、お店のコンセプトと自分のカラーがマッチしているのでそれだけ稼ぎやすくなります。

 

これだけ多彩なジャンルのお店があるのは、なんと言っても風俗業界の中ではデリヘルだけです。

メリット3:24時間いつでも働くことが可能

デリヘルで働く最大のメリットは、朝まで働けることです。

 

ファッションヘルスだと、風営法の関係で深夜0時までしか営業することができませんが、その点デリヘルは24時間営業可能な業種なので、昼間のお仕事と掛け持ちで働きたい女の子でも稼ぐことができます!

 

だから最近では、OLさんや学生さんのアルバイトがどんどんデリヘル業界に参入してきています。

 

深夜0時で営業が終了してしまうファッションヘルスと違って、デリヘルは深夜から明け方にかけての時間帯も稼ぎたい女の子にピッタリの業種です。

 

ただし、人妻系・熟女系のデリヘルに関しては、最も稼げる時間帯が昼間なので、その点だけは注意してくださいね(^_-)-☆

メリット4:自分の生活スタイルに合わせて働くことができる

デリヘルは「自由出勤制」を採用しているお店がほとんどなので、自分の好きなときに働くことができます。

 

店舗型の風俗店なら、プレイルームの数が決まっているので、自分が働きたくても出勤を断られるケースがありますが、デリヘルの場合はそのようなことが一切ありません。

 

もしできるだけ多くのお客様につきたいのならオープンからラストまで出勤、普段お仕事や学校があるのなら夜の数時間だけと言った働き方もできます。

 

自分の好きなように出勤スケジュールを組み立てられるのがデリヘルの魅力でもあります。

 

自由出勤制なので特に出勤回数も決まってなく、デリヘルなら当日いきなり出勤することも可能です!

メリット5:ファッションヘルスよりもバックが高い

デリヘルは、ファッションヘルスよりもバックが高く、お客様一人あたりの稼ぎは圧倒的にデリヘルの方が高くなります!

 

ショートコースで遊んでいく男性が多いファッションヘルスに対して、デリヘルはロングコースを選ぶお客様が多いからです。

 

そのため、ファッションヘルスよりも少ない本数で稼げるというメリットがあります。

 

また、デリヘルは実店舗を構えておらず、お店を運営するための費用が店舗型の風俗店よりも安く済むので、その分女の子のお給料に還元されるのが特徴です。

メリット6:風俗で働いてることがバレにくい

デリヘルは、店舗型の風俗店のように店頭でお客様に写真を見せることがないので、知り合いにバレにくいというメリットがあります。

 

身バレを防ぐために、自分が派遣されたくない地域をNG設定することもできます。

 

そして、デリヘルの事務所に看板が出ているわけではないので、もし誰かに出入りするところを見られても平気な場合が多く、事務所に出勤せずに最初から最後まで車の中で過ごすお店もあります。

 

親バレや彼氏バレが怖い女の子にとっては、これらのことはとても大きなメリットですよね。

 

デリヘルのお仕事は、お客様と一緒に繁華街やホテル街を歩くこともないので、風俗でこっそり働きたい女の子にピッタリの業種です。

デリヘルで働くデメリット

デメリット
移動するのに大幅に時間が取られてしまうことがある
実際にお客様と対面するまではどんな男性なのか分からない
本番強要してくるお客様が多い
何かあったときにすぐにスタッフを呼べない
盗撮・盗聴されやすい
デメリット1:移動するのに大幅に時間が取られてしまうことがある

デリヘルは遠方のお客様から指名された場合、お客様のいる場所まで移動するのにどうしても時間がかかってしまいます。

 

当然、風俗のお仕事は歩合制なので、移動中にはお給料が発生しません。

 

ふう子も往復1時間以上かかるお客様から指名されることがちょくちょくありますが、やはりその分時間的なロスができて、その日はお客様の数をこなすのが難しくなってしまいます。

 

デリヘルはいつでも自分の好きなときに働ける反面、このようなデメリットがあることを忘れないようにしましょう。

デメリット2:実際にお客様と対面するまではどんな男性なのか分からない

デリヘルのお仕事は、実際にお客様と対面するまではどんな男性の元に派遣されるのか分からないというデメリットがあります。

 

店舗型の風俗店なら受付にカメラを設置していることが多いので、事前にお客様の顔を確認できますが、デリヘルの場合はスタッフが電話で受付するため、お客様の顔までは確認することができません。

 

最悪の場合、デリバリー先で知り合いと鉢合わせすることも考えられますが、実際にはこのようなことはほとんど起こらないので安心してください。

 

ただし、絶対にこのようなことがないとは言い切れないので、もしデリヘルでバイトするときは、地元を避けて働くか、自分が派遣されたくない地域をNG設定しておくことをおすすめします!

 

お店のホームページから顔バレしたくない女の子は、お店のスタッフに頼めば、写真にモザイク加工をしてもらうことも可能です。

デメリット3:本番行為を求めてくるお客様が多い

デリヘルでは、本番行為が禁止されているのにも関わらず、接客中に本番行為を求めてくるお客様がいます。

 

お客様の本番強要を上手く断るのもデリヘル嬢のお仕事のうちの一つですが、店舗型の風俗店と比べると、デリヘルの方が本番行為を求めてくる男性の割合が圧倒的に多いです。

 

中には、お金を上乗せしたら簡単に本番行為ができると思っている男性もいますが、そのような要求はきっぱりと断るようにしましょう。

 

もし一度断ってもしつこく強要してくるお客様がいたら、すぐにお店に電話をして、ドライバーに対応してもらうようにしてください。

デメリット4:何かあったときにすぐにスタッフを呼べない

デリヘルのお仕事は、お客様の自宅やホテルなどに女の子が出張してサービスを行うため、何かトラブルがあったときでもすぐにスタッフを呼ぶことができません。

 

フロントに電話をすればすぐにスタッフが駆けつけてくれる店舗型の風俗店とは、この点が違うところです。

 

お店側も不測の事態に備えて、送迎のドライバーをデリバリー先のすぐ近くに待機させてはいますが、それでも対応がワンテンポ遅れてしまうというデメリットがあります。

 

とは言っても、スタッフを呼び出すような大きなトラブルは滅多にないので、あまり深刻に考えないようにしましょう。

デメリット5:盗撮・盗聴されやすい

風俗バイトをするときに注意したいのが、お客様の「隠し撮り」についてです。

 

特にデリヘルの場合、お客様の自宅やホテルで接客するので、事前に隠しカメラを仕込まれると私たち女の子はなかなか気づくことができません。

 

お店側もこのような盗撮・盗聴行為には警戒していますが、風俗で働くにあたって、やはり隠し撮りされるリスクはゼロではありません。

 

もし接客中にお客様が不審な行動をしているときは、即刻サービスを中止してお店に連絡するようにしてください。

 

隠し撮りされるのが不安な女の子は、店舗型の風俗店で働くのも一つの手です。

デリヘルのお給料目安

お給料 お客様一人に付き5,000円〜20,000円以上+指名料+オプション料金
接客時間 お客様一人あたり60分〜120分が主流
日給相場 30,000円〜60,000円

デリヘルのお給料は「完全歩合制」で、その日のうちに全額支払われるのが一般的です。

 

一般的には、お客様が支払ったコース料金の50〜60%の金額が女の子にバックされることになり、もしお客様から指名が入れば、指名料は全額女の子の取り分となります。

 

もしお客様が60分コースを選んだ場合、女の子には1万円前後バックされることが多いです。

 

ただし、デリヘルを利用するお客様はロングコースを選ぶ男性が多いので、実際にはもう少し稼ぐことができます!

 

デリヘルのお仕事は、お客様の元まで移動する時間がかかるので、店舗型の風俗店みたいに連続して接客することはできませんが、それでも普通のアルバイトよりもはるかに効率よく稼ぐことができます。

 

もしデリヘルで一日6時間以上働いた場合、だいたい日給3〜6万円ぐらい稼ぐことができると覚えておいてください。

 

もちろん風俗のお仕事は歩合制なので個人差はありますし、女の子の容姿や年齢によっても稼げる金額が変わってきますが、人気のデリヘル嬢になればさらにお金を稼ぐことができます。

 

お給料は、その日のお仕事が終わった後に日払いで支払ってくれるお店がほとんどなので、今すぐまとまったお金が必要な女の子でも安心です。

 

デリヘルは、ファッションヘルスよりもバックが高いので、もし気になるお店を見つけたときは実際に体験入店してみることをおすすめします!

PAGE TOP