風俗に水虫のお客様が来たときの対処法

風俗バイトをしてると、性病持ちのお客様と同じくらい扱いに困るのが水虫のお客様です。

 

明らかに性病にかかっていると分かる場合は、接客拒否することができますが、水虫のお客様は足の指舐めは拒否できたとしても、接客自体を拒否することは基本的にできません。

 

それでは、水虫のお客様が来たときはどのように対処すればいいのか解説していきます。

おっぱいに水虫菌が感染?

ふう子が昔働いたことのあるマット専門店でこんな出来事がありました。

 

ソープランドやマット専門店で働くと、おっぱいで足をスリスリするプレイがあります。

 

知らない方のために説明しておくと、「おっぱいで足をスリスリする」というのは、ソープランドやマット専門店で必ずと言っていいくらいにやる定石テクニックのことです。

 

お客様がマットにうつ伏せになり、女の子が逆方向を向いて、お客様の太ももあたりに腰を降ろし、お客様の足を曲げて、自分のおっぱいで足の裏をこすったり、足の指舐めをするプレイです。

 

そのときに水虫の足をおっぱいにこすりつけると、水虫菌が乳腺に入ることがあるみたいなのです。

 

乳首からはお乳が出るくらいなので、小さな穴がいっぱい空いており、そういうことって本当にありそうですよね。

 

ふう子はこのことを知っているので、水虫のお客様が来たときは絶対に足をおっぱいにつけないようにしてますが、中には何も知らずに足をおっぱいにつけてしまう女の子もいます。

 

実際に、ふう子が働いていたマット専門店では、乳腺の病気でおっぱいが痛み、その治療のために辞めてしまった風俗嬢がいました。

 

このページを読んでくれている方は、水虫の足を絶対に乳首につけないようにしましょう。

 

では、前置きが長くなりましたが、水虫のお客様が来たときの具体的な対処法をご紹介していきます。

水虫の感染予防にはクリアレックスが効果的!

一般的に、水虫の感染を防ぐために、クリアレックスやグリンスを使ってお客様の足を洗います。

 

もし自分の働いてる風俗店にクリアレックスなどが置いてないのであれば、自分で買って用意しましょう。

 

特にサラリーマンの男性は革靴を履くので、ほんとに水虫が多いんですよね。

 

ちなみにクリアレックスやグリンスというのは、殺菌効果のある石鹸のことです。

 

これらの石鹸で水虫を治せるわけではないですが、感染力を弱めるくらいの効果はあります。

 

もしこのような石鹸がなければ、うがい薬のイソジンでも代用が可能です。

 

お客様からしたら、いかにも「あなたの足は不潔だ」と言われてるようなものなので、あまりいい気持ちがしないかもしれませんが、これも自分の身を守るためです。

 

これから風俗バイトをする女の子は、お店に殺菌効果のある石鹸を用意するように要求するか、自分で用意した方がいいでしょう。

 

また、殺菌効果のある石鹸は他にもあって、ある系列店では「ハイアミン液」という強力なものを使っています。

 

これは手術の際にも使われている医療用の石鹸で、膣内の洗浄にも使えると容器に書いてました。

 

成分の濃い手術用のイソジンというのもありますが、ハイアミン液はそれよりさらに強力らしくて、その系列店では、この原液を400倍程度に薄めて使っていました。

 

原液のまま使うと大変なことになりそうなので、もし使用する場合は間違えないように気をつけてください。

 

その後、ふう子は「乳首が痒い」と言ってるヘルス嬢に出会ったことがあるので、「もしかすると」と思ってこの話を教えました。

 

そうしたら、「あっ、それ、やってます。お客さんに教えられて、ローションをつけて」と青くなってました。

 

仮に菌に感染しないとしても、水虫でボロボロになった指を誰も舐めたくないので、男性の方には水虫を治してから風俗に来て欲しいものです。

 

風俗バイトをしてる女の子は、殺菌作用のある石鹸を使用し、はっきり水虫だと分かったら絶対に足を乳首につけないようにしましょう。

PAGE TOP