【完全解説】ファッションヘルスの仕事内容・給料まとめ

ファッションヘルスは別名、「店舗型ヘルス」や「箱ヘル」と呼ばれている風俗店です。

 

デリヘルなどの派遣型の風俗店と違って、ファッションヘルスは店舗を構えており、同じ建物内にお客様の受付所、プレイルーム、女の子の待機室があるのが特徴です!

 

一般的には、風俗初心者の方でも働きやすいと言われている風俗店ですが、今回はそんなファッションヘルスの具体的なお仕事内容やお給料について詳しくまとめてみました(o^-^o)

 

もし今すぐファッションヘルスで働きたい方がいれば、この風俗求人サイトで求人情報を探すのがおすすめですよ!

そもそもファッションヘルスってどんな風俗店?

ファッションヘルスは、1980年代に登場した風俗店です。

 

ソープランドと違って、本番行為は禁止されており、フェラチオや素股などでお客様を射精させてあげるのがお仕事となります。

 

ファッションヘルスは歓楽街や風俗街に店舗を構えているため、お客様がお店まで直接足を運び、女の子と遊んでいくタイプの風俗店になります。

 

風営法の関係上、ファッションヘルスの営業時間は「日の出から24時」までと決められています。

 

この点が、24時間営業を許可されてるデリヘルと異なるところです。

ファッションヘルスの営業時間

ファッションヘルスの営業時間は「日の出から24時」までとご説明しましたが、実はこの日の出とは、具体的に何時から営業とは決まっておりません。

 

季節によって営業時間が変わることが多く、一般的には、夏場は5時から営業を開始し、それ以外の季節は6時から営業を開始することが多いです。

ちなみに現在では、法律的な問題でファッションヘルスを新規に出店することが不可能な状態です。

 

そのため、これ以上ファッションヘルスの店舗数が増えることがなく、既存のお店の中から働くお店を選ぶ必要があります。

ファッションヘルスのプレイ内容

ファッションヘルスのお仕事は、お店に来店したお客様を出迎えるところから始まります。

 

お客様と対面した後、簡単に挨拶をし、手を繋ぎながら店舗内にある個室のプレイルームに誘導します。

 

その後、シャワールームでお客様の体を洗ってあげた後、ベッドに移動していよいよプレイ開始です。

 

ファッションヘルスの基本プレイには、以下のものが含まれています。

  • ディープキス
  • 全身リップ
  • 手コキ
  • フェラチオ
  • 69(シックスナイン)
  • パイズリ
  • 素股
  • 口内射精

プレイが開始したら、キスや全身リップなどをしながらお客様の興奮度を上げ、最後はフェラチオや素股でお客様に気持ちよくなってもらい射精させてあげましょう。

 

プレイ内容自体はデリヘルやホテヘルとほとんど同じで、本番行為はもちろん禁止されています。

 

もしプレイの流れについてもっと詳しく知りたければ、「ファッションヘルスの仕事・プレイの流れを3分で解説!」の記事も合わせて読んでみてください(^-^)v

 

お客様がフィニッシュした後は、もう一度シャワールームでお客様の体を洗ってあげて、お仕事が終了となります。

 

以上がファッションヘルスのお仕事の流れになりますが、実はほとんどのお店では、基本プレイの他に以下の有料オプションも提供していることが多いです。

  • オナニー鑑賞
  • 電マ・バイブ
  • 放尿
  • パンスト破り
  • コスプレ
  • ポラロイド撮影
  • 顔射
  • AF(アナルファック)

もしこれらの有料オプションをやりたくない場合は、NGにすることができるので安心してください。

 

しかし、通常オプション料金は女の子に全額バックされることになっているので、できるだけ多くの有料オプションに対応できた方が当然稼ぐことができます!

 

あと余談になりますが、最近ではマットプレイをウリにしているファッションヘルスも存在しています。

 

いわゆるマットヘルスと呼ばれているお店のことですが、このマットプレイはソープランドでよく行われているマットプレイと同じようなものだと思っていただいて大丈夫です。

ファッションヘルスはどんな女の子に向いてるの?

次は、どんな女の子がファッションヘルスのお仕事に向いてるのか解説していきます。

 

ファッションヘルスのお仕事に向いてる女の子は、ふう子はズバリ以下のような女の子だと考えています!

  • 風俗バイトで安定して稼ぎたい女の子
  • 風俗未経験の女の子
  • 短時間で効率よく稼ぎたい女の子
  • シフトの時間をきちんと守れる女の子

最近では、デリヘルの隆盛によってファッションヘルスの店舗数は減少傾向にありますが、それでも老舗のファッションヘルスには今でも多くの根強いファンがついています。

 

お店自体に集客力があり、お客様のリピーターが多いので、ファッションヘルスは風俗で安定して稼ぎたい女の子に向いてる業種だと言えます。

 

また、店舗内には常にスタッフがいるため、本番行為を無理やり迫ってきたり、激しい指入れをしてくるお客様も少なく、風俗バイトが初めての女の子におすすめの業種です。

 

ちなみにファッションヘルスは、デリヘルみたいにお客様の自宅やホテルに出向いて接客する必要がないため、短時間で効率よく稼ぎたい女の子にも向いてます。

 

ただし、ファッションヘルスは店舗内の部屋数が決まっているため、女の子の遅刻や当日欠勤には厳しいお店が多いので注意しましょう。

現在では、女の子が遅刻や当日欠勤をしたときに、罰金を取るお店は少なくなりましたが、さすがに何度も繰り返してるとお店から干されてしまうことがあるので気をつけてくださいね。

ファッションヘルスで働くメリット

メリット
長時間の接客が苦手な女の子に向いてる
派遣型の風俗店みたいに移動する手間がない
お客様の回転率がいいので効率よく稼げる
受付に設置してるTVモニターで事前にお客様の顔を確認できる
スタッフが常に近くにいるので安心感がある
ホテル代がかからないので客入りがいい
メリット1:長時間の接客が苦手な女の子に向いてる

ファッションヘルスは、デリヘルやホテヘルよりも短い時間のコースがあるので、長時間の接客が苦手な女の子でも働きやすいというメリットがあります。

 

ファッションヘルスに来られるお客様も45分や60分といったショートコースを選ぶ人が多く、またファッションヘルスにはサービスタイムがあるので、サクッとプレイして帰るお客様がほとんどです。

 

そのため、接客時間が短く、プレイ前と後のシャワーの時間を除くと、実際にヘルスサービスを行う時間は30分前後となることが多いです。

メリット2:派遣型の風俗店みたいに移動する手間がない

ファッションヘルスは、お客様がお店に来店するタイプの風俗店です。

 

派遣型の風俗店みたいにお客様の自宅やホテルに移動する必要がないため、時間を有効に使うことができます。

 

お客様のお出迎えからプレイまでの全てが店舗内で行われることになります。

メリット3:お客様の回転率がいいので効率よく稼げる

ファッションヘルスは、店舗内の個室で接客するため、お客様を見送った後はすぐにまた次のお客様につくことができます。

 

風俗業界の中でも特にお客様の回転率がいい業種なので、効率よく稼ぎたい女の子はぜひ面接を受けてみてください。

 

人気のヘルス嬢になると、一日にたくさんのお客様を接客することになるので、短期間でかなりの高収入を稼ぐことができます!

メリット4:受付に設置してるTVモニターで事前にお客様の顔を確認できる

実はファッションヘルスは、受付にTVモニターを設置しているお店が多いです。

 

だから事前にお客様の顔を確認できる場合が多いですし、いざお客様と対面したら実は知り合いだったというリスクを回避することができます。

 

実際にお客様の自宅やホテルに出向くまで、どんな男性なのか分からないデリヘルとはこの点が違うところです。

 

風俗で働いてることを絶対に誰にも知られたくない女の子にとっては、とても大きなメリットだと言えますね。

メリット5:スタッフが常に近くにいるので安心感がある

ファッションヘルスは常にスタッフが近くにいるので、無茶なことをしてくるお客様が少ないです。

 

店舗内の個室で接客することになるので、盗撮や盗聴の心配がないのもメリットのうちの一つです。

 

もし無理やり本番行為を迫られたとしても、SOSボタンがあるので安心です。

 

SOSボタンを押せばすぐにスタッフが駆け付けてくれますし、部屋のインターホンを使えばすぐにフロントに繋がるので、何か困ったことがあってもすぐに対処することができます。

メリット6:ホテル代がかからないので客入りがいい

ファッションヘルスの場合、お客様は店舗内でサービスを受けることができるため、別途ホテル代を支払う必要がありません。

 

そのため、お客様は一回の風俗遊びの料金を安く抑えることができますし、お店にも通いやすくなるので、ファッションヘルスは集客が安定しているお店が多いです。

 

また、ファッションヘルスは実店舗を構えているため、仕事帰りにフラッと立ち寄るお客様も多く、デリヘルと比べるとフリー客が多いのが特徴です。

ファッションヘルスで働くデメリット

デメリット
勤怠管理に厳しくシフトの融通が効きにくい
デリヘルよりもお客様一人あたりの単価が低い
デリヘルよりも店舗数が少ない
女の子の出勤人数が多いときは好きな時間に出勤できない
24時までしか働けない
デメリット1:勤怠管理に厳しくシフトの融通が効きにくい

自由出勤制度を採用してるデリヘルとは違って、ファッションヘルスはシフト制を採用してるお店が多いので、完全に自分の好きな時間に出勤することができません。

 

しかもファッションヘルスは、勤怠管理をしっかりしているお店が多いので、無断欠勤をしたり時間を守ることができない女の子は、残念ながらこの業種に向いていないと思います。

 

お店によっては、急に休んだりすると罰金を取られることがあるので注意しましょう。

デメリット2:デリヘルよりもお客様一人あたりの単価が低い

ファッションヘルスはショートコースで遊んでいくお客様が多いので、デリヘルと比べるとお客様一人あたりのお給料がどうしても低くなってしまいます。

 

ファッションヘルスで高収入を稼ぐためには、お客様の数をこなさなければいけません。

 

お客様の回転率がいいので効率よく稼ぐことができる反面、ある程度体力がないと働くのが厳しい業種でもあります。

デメリット3:デリヘルよりも店舗数が少ない

現在、ファッションヘルスは新規にお店をオープンすることができないので、年々お店の数が増加しているデリヘルよりも店舗数が少ないです。

 

そのため、既存のお店の中から働くお店を選ぶ必要があり、デリヘルよりも自分のカラーに合ったお店を探しにくいというデメリットがあります。

デメリット4:女の子の出勤人数が多いときは出勤制限がかかる

女の子の出勤人数が多いときは、お店側が女の子の出勤を制限したりすることがあるのもファッションヘルスのデメリットです。

 

これはファッションヘルスの営業時間が決まっており、店舗内の個室の数が限られていることと関係しています。

デメリット5:24時までしか働けない

ファッションヘルスは風営法の関係上、24時までしか営業することができないので、どうしても働ける時間も限られてきます。

 

もし深夜の時間帯も稼ぎたいのなら、ファッションヘルスよりもデリヘルで働くことをおすすめします。

 

デリヘルなら24時間営業が許可されているので、深夜から早朝にかけての時間帯も働くことができます。

ファッションヘルスのお給料目安

お給料 お客様一人に付き5,000円〜10,000円+指名料+オプション料金
接客時間 お客様一人あたり30分〜90分程度
日給相場 50,000円前後

ファッションヘルスのお給料は「完全歩合制」となります。

 

一般的には、お客様が支払ったコース料金の50〜60%の金額が女の子にバックされることになり、もしお客様から指名が入れば、指名料は全額女の子の取り分となります。

 

お客様が有料のオプションをつけてくれた場合も、女の子にオプション料金が全額バックされることになります。

 

ちなみにファッションヘルスはデリヘルよりも接客時間が短いので、お客様一人あたりの稼ぎは少なくなりますが、その代わり集客力があるお店が多いので、安定してお客様につくことができます。

 

例えば、一日8時間出勤すれば平均5万円前後稼げることが多く、人気のヘルス嬢になると一日に8〜10万円ぐらい稼いでいる女の子もいるほどです。

 

ファッションヘルスは風俗未経験の女の子でも稼ぎやすい業種なので、風俗で稼ぎたい女の子はぜひ挑戦してみてくださいね(*^ー゚)b

PAGE TOP