風俗店の掛け持ちってバレるものなの?他店で働くときの注意点まとめ

あなたは自分が風俗で稼いでいる金額に満足していますか?

 

現在、働いているお店では稼ぎが足りない、空いた時間を有効に使って他店でも働きたいなどの理由から、風俗店の掛け持ちを考えている女の子は多いです。

 

しかし、風俗店の掛け持ちはトラブルの元になりやすく、最悪お店をクビになってしまうこともありえます。

 

そこで今回は、掛け持ちするときの注意点、お店にバレずに掛け持ちする方法などを詳しく解説していきますので、ぜひご覧ください。

風俗店同士の掛け持ちってしてもいいの?

風俗店同士の掛け持ちは、なんとなく禁止されているイメージがありますよね。

 

しかし、実際は掛け持ちに関するルールはお店によって違いますし、たとえ掛け持ちOKだとしても、更に細かいルールがかされていることもあります。

 

入店の際にサインする書類などに記載してありますので、自分のお店はどんな決まりになっているのかをチェックしておきましょう。

 

では、掛け持ちOKまたはNGの場合、それぞれどのようなルールが存在しているのかご紹介していきますね!

掛け持ちNGとしている店舗

実は、掛け持ちNGな店舗はたくさんあります。

 

しかし、NGとしつつも例外を設けていることもあるので、詳しいことはお店の人に聞いてみましょう。

昼職を含めて全面禁止の場合

どんなお仕事でも掛け持ちは絶対に許されません。

 

しかし、このような店舗は忙しく繁盛していて稼げるお店が多いです。

 

全面禁止と聞くと不自由に感じますが、女の子を稼がせる自信があるからこそ、掛け持ちをNGにしている場合があります。

同業種の掛け持ち禁止

同業種のみの掛け持ちを禁止にしている店舗もあります。

 

この場合、業種が違うと掛け持ちすることを許してもらえます。

掛け持ちOKとしている店舗

スキマ時間などを利用して、効率よくお仕事をしたい女の子のために掛け持ちOKとしている店舗もあります。

 

しかし、そんな店舗でも掛け持ちする際の条件は決まっていたりします。

昼職の掛け持ちならOK

昼職のみ掛け持ちが許されており、ナイトワークは禁止ということですね。

別業種なら掛け持ちOK

例えば、デリヘルとキャバクラなど、お店の業種が違う場合なら許されます。

姉妹店や系列店なら掛け持ちOK

現在働いているお店と繋がりのあるお店なら掛け持ちが許されます。

同業種の掛け持ちもOK

近隣の似たような店舗で掛け持ちをしても問題無いということです。

 

しかし、こういった自由な働き方ができるお店はまだまだ少ないです。

掛け持ちについての説明がない場合

この場合は、掛け持ち禁止の可能性が高いです。

 

たとえ掛け持ちに関するルールが明確になくても、風俗店は同業種・同エリアの他店と掛け持ちされることを嫌がるため、暗黙の了解とされていることがあります。

 

ですから、禁止と言われてなくても、勝手に掛け持ちをするのはやめておきましょう。

 

知らず知らずのうちにお店のルールを破ってしまうことになります。

風俗店が他店との掛け持ちを禁止する理由

最近は掛け持ちOKとするお店が増えつつありますが、掛け持ちを禁止している風俗店は依然として多いです。

 

では、なぜ風俗店は掛け持ちを禁止したがるのでしょうか?

 

それは、女の子が掛け持ちをすると、お店には以下のようなリスクがあるからです。

  • 女の子の出勤日数が減ってしまうと、お店の売上も下がってしまう
  • 他店とのトラブルの原因になる
  • お店の内部情報も女の子を通して他店に流れてしまう可能性がある

女の子からみれば、スキマ時間を有効に使えるなどメリットが多い掛け持ちですが、お店から見ればデメリットの方が大きいのです。

 

ちなみに掛け持ちOKとしていても、それは昼職限定という意味であったりと、結局制約があったりもします。

 

特に風俗業界内で、同業種の掛け持ちを許してくてる店舗は少ないのが現状です。

女の子からしたら、同業種の方がお仕事の勝手が分かるため、ほんとは掛け持ちしやすいですよね。

掛け持ちするとお店にバレるものなの?

掛け持ち禁止だけど、お店にバレなければ大丈夫と思って、掛け持ちをする女の子もいますよね。

 

しかし、掛け持ちがバレれしまったという話もよく聞きます。

 

では、どのような理由で、掛け持ちはバレてしまうものなのでしょうか?

 

実は、風俗店はネットなどで他店の情報などを常にチェックしています。

 

新人情報などは特に見られるため、ネットに掲載してある年齢やスリーサイズ、写真などから自分のお店に在籍している女の子であることがバレてしまうことがあるのです。

 

たとえ写真にボカシが入っていても、体や顔の輪郭、雰囲気などで個人は特定してしまえる場合があります。

 

この他店の情報チェックは、引き抜き対策や情報収集のために行われています。

 

女の子が思っているよりも、お店側は他店の情報に敏感です。

 

また、風俗店は近隣の店舗と横の繋がりをもっていることも多いです。

 

風俗業界は意外と狭い業界なので、店長同士やスタッフ同士が知り合いの関係にあったりします。

 

「今日うちの体験入店に来た女の子、そっちの店で働いてなかったっけ?」

 

って感じで、在籍している女の子の情報が筒抜けになっている場合もあります。

 

このような理由から掛け持ちはバレてしまう可能性が高いです。

 

お店に秘密で働くことは案外難しそうですね。

掛け持ちしているのがバレたときのリスク

では、掛け持ちがバレてしまったとき、どのようなことが起こるのでしょうか?

 

キツく注意されたり、罰を与えてられてしまうことも考えられますね。

お店同士のトラブルに発展することがある

2つの店舗で働くと、店舗同士を巻き込んだトラブルになってしまうこともあります。

 

その理由として、片方の店舗にお客様が流れてしまうことがあるからです。

 

そうなれば、お客様を取られた方のお店は黙っていませんよね。

 

悪質な店舗では、女の子に責任をとらせようと、高額な罰金を請求することもあります。

 

もちろん法的にも罰金に支払い義務はありませんが、怖い思いをすることになりそうです。

内緒で掛け持ちしたことでお店からの信頼を失う

勝手な行動をしてしまえば、お店からの信頼を失います。

 

たった一度の掛け持ちがバレただけだとしても、欠勤などをするたびに掛け持ちを疑われるかもしれません。

 

そんな状況だとお仕事を続けづらくなりますね。

仕事を干されてしまう可能性がある

お店からの信頼を失うと、新規のお客様を付けてもらえなくなる可能性があります。

 

フリーや新規のお客様は、今後お店の常連さんになる可能性があるため、お店にとっては大切なお客様です。

 

そのため、そのようなお客様は、サービスや勤務態度の良い子など、お店が自信をもってオススメできる女の子にまわします。

 

掛け持ちをしてしまった女の子には、当然フリーや新規のお客様は任せてもらえなくなります。

 

そうなると、指名客のみでお仕事を回さないといけなくなるため、仕事量も減ってしまいます。

スタッフや店長からの扱いが悪くなる

スタッフや店長とは、今まで通りの付き合いができなくなる可能性が高いです。

 

そうなってしまうと、何か仕事上の悩みができてしまったときなどにも相談しづらくなってしまいます。

 

また一から信頼関係を築くのはとても時間がかかることです。

 

一旦関係が悪くなってしまえば、気持ちよくお仕事をすることができませんから、結果的に女の子がお店を辞めてしまうことが多いです。

掛け持ちで働くメリットとデメリット

掛け持ちを禁止しているお店が多い中、それでも掛け持ちをする女の子は後を絶たちません。

 

リスクのある行為ですが、それ相応のメリットがあるからです。

 

それでは、次は掛け持ちをすることによって女の子にどんなメリットとデメリットがあるのかを見比べてみましょう。

風俗を掛け持ちするメリット

メリット
気分転換になる
1店舗あたりの出勤数が減るのでレア感が出る
2店舗で働くと稼ぎが安定する
気分転換になる

実は、気分転換を理由に掛け持ちをしている女の子も多いです。

 

「そんな理由で?」と思うかもしれませんが、1つの店舗で働き続けているとモチベーションを保つことも案外難しいものです。

 

他店舗に務めることによってそれが刺激になり、お仕事に熱が入るようになるということもあります。

1店舗あたりの出勤数が減るのでレア感が出る

稼ぐためには出勤数を増やすことが必要ですよね。

 

しかし、同じ店舗に毎日出勤していると、「いつでも会える女の子」としてお客様からの指名が入りにくくなります。

 

掛け持ちにより出勤数を減らすことによって、「今日は〇〇ちゃんがいる!」とお客様にレア感を持ってもらうと効率よく稼ぐことができます。

2店舗で働くと稼ぎが安定する

どんなお店で働くかによっても異なりますが、小さめの店舗やあまり質の良くない店舗に勤めてしまった場合、突然の営業停止などの不安はつきものです。

 

風俗という職種自体が不安定な職業でもあるので、2つの店舗を掛け持ちすることでお仕事の「保険」をかけることができます。

掛け持ちのデメリット

デメリット
お客様にバレないように気をつけなければいけない
店舗ごとの仕事の違いを覚えるのが大変
お客様にバレないように気をつけなければいけない

掛け持ちは働く店舗だけではなく、お客様にも隠さなければいけません。

 

悪質なお客様にバレてしまうと、他店でのプレイを強要されるなど、過剰なサービスを求められる可能性があります。

 

最悪、掛け持ちをバラすなんて言われて弱みを握られる場合も。

店舗ごとの仕事の違いを覚えるのが大変

他店舗で働くので、もちろんサービス内容や自分の使う源氏名が違います。

 

間違ってしまえばお客様やお店にもバレてしまう可能性があるので、それらを全て頭に入れてサービスをしないといけません。

 

電話やメールなどお店と連絡を取る際にも、2人分の自分の設定を使い分けないといけません。

 

これを完璧にこなせる女の子は、普通は少ないですよね。

掛け持ちで働きたいときの注意点

これまで風俗の掛け持ちがバレたときのリスクなどについて解説してきましたが、それでも掛け持ちをしたいという女の子もいると思います。

 

そこで、もし実際に掛け持ちで働く場合には、どのようなことに気をつければいいのかご紹介しておきます。

お店に掛け持ちしてもいいか確認する

お店に確認を取ることが、掛け持ちを考えたときの第一歩です。

 

しかし、入店の際などに掛け持ちについて説明を受けていないため、自分の働いている店舗がどのようなルールなのか知らない女の子も多いです。

 

掛け持ちがOKなのかNGなのか、さらに細かいルールまでお店の人に確認してみましょう。

同じエリア内の風俗店で働かない

同じエリアの店舗では、絶対に掛け持ちをしないようにしましょう。

 

店舗が近隣にあるということは、必然的にライバル店の関係の店舗が多いです。

 

そんな店舗はライバル同士、ネット情報などのチェックが盛んです。

 

また、揉め事の際も事が大きくなりがちなので、できるだけ遠くの店舗で働くことがオススメです。

掛け持ちするなら別業種のお店で働くようにする

デリヘルとキャバクラなど、別業種なら掛け持ちが許される場合もあります。

 

また、別業種だとピークタイムや客層がずれるため、お客様にバレる危険も減らすことができます。

同じ店舗の女の子には内緒にする

掛け持ちが店舗にバレる原因として、同じ店舗の風俗嬢など身内からのリークは意外と多いです。

 

特に指名が多い女の子は妬まれやすいため、他の風俗嬢がお店に告げ口をしたりすることがあります。

 

同じお店の女の子と仲良くなっても、掛け持ちについては話すべきではありません。

 

そのような話はどこで誰が聞いているかも分からないので、誰にも言わないようにしましょう。

生理中だけソフトサービス系の風俗店で働くのはオススメ

生理中はサービスの幅が狭まるので、普段通りのサービスは難しいところです。

 

ソープランドやファッションヘルスだと、お店側が生理休暇として女の子にお休みをとらせるようにしているところもありますよね。

 

その休暇を使って性感マッサージなどのソフトサービス店で働く女の子も少なくありません。

 

性感マッサージだと下着をつけてのサービスが可能なので、タンポンなどを使えばお仕事することができます。

 

実際に生理休暇中の掛け持ちについてはOKとしてくれてる店舗も多いです。

 

生理中でも働けるとなると、稼げるお金が増えますが、無理はせず体調に気をつけるようにしましょう。

掛け持ち先に現在のお店のお客様を呼ばない

お客様に掛け持ちをしていることを隠すため、同じお客様を呼ばないようにしましょう。

 

店舗への掛け持ちのリークはお客様からというとも多いからです。

 

お店の掲示板に、「あの子は〇〇店の〇〇ちゃんと同一人物」など書き込まれてしまう危険性があります。

 

新しい掛け持ち先では、今までのお客様などに頼らずに、新たな常連客を作るように頑張りましょう。

現在のお店と掛け持ちするお店で同じ源氏名を使わない

掛け持ちするときは別人を装う必要があるため、源氏名は変えましょう。

 

また源氏名だけではなく、掛け持ち先のお店のホームページに自分の情報を載せる場合は、年齢やスリーサイズなどの数字にも注意が必要です。

 

スリーサイズや年齢なんて皆似たり寄ったりと思うかもしれませんが、何がきっかけでバレてしまうか分かりません。

 

自分が思ってるよりも、他人は自分のことを見ています。

 

全ての数字を可能な範囲で偽装して、もはや別人として勤務するのがオススメです。

お店側にバレずに掛け持ちする方法

色々な注意点を守れば、お店にバレずに掛け持ちをすることは不可能ではありません。

 

しかし、絶対にバレないという保証もありません。

 

どんなに完璧に掛け持ちをしていたとしても、「運が悪かった」そんな理由でバレてしまうということもあるからです。

 

しかし、それでも「生活が苦しい」「短期間でお金が必要」「今の店舗を辞めれない理由がある」など、掛け持ちしなければいけない場合には「出稼ぎ」をするのがオススメです。

 

出稼ぎとは、主に短期間だけ遠方の風俗店で宿泊先を確保しながら働くことです。

 

思い切って遠方に行くことで、風俗店同士の繋がりがなくなります。

 

その分、バレるリスクは減りますよね。

 

そして、もともと勤めている風俗店には「旅行」などと言っておけば怪しまれません。

 

また、出稼ぎ中は稼ぐことに集中できるので、お金もしっかり稼ぐことができます。

 

ダラダラ掛け持ちを長引かせるよりかは、思い切って出稼ぎに行くことで、掛け持ちバレの心配をせず安心してお仕事をすることができます。

まとめ

風俗の掛け持ちをするということは、様々なリスクがあるということが分かったと思います。

 

そのため、どうしても掛け持ちが必要な場合は、「生理休暇中の掛け持ち」「出稼ぎに行く」という方法がオススメです。

 

しかし、風俗のお仕事の掛け持ちは、女の子にとっても負担のかかる働き方です。

 

中には、稼ぐために掛け持ちをしたのに、上手にこなすことができなくて、どちらのお店でも稼ぐことができていない女の子もいます。

 

掛け持ちをするときは、それが今の自分に最良の働き方であるかどうかということをしっかりと考えてからにしましょう。

 

それを怠り、軽い気持ちでお店のルールを破ってしまっては、今の職場を失うことになりかねません。

 

お店と良好な関係を保つことはお金を稼ぐためにも大切なことです。

 

なので、掛け持ちをしたいと思ったときには、今回お話したメリットとデメリットを踏まえ、まずお店の人にルールを確認し相談することから始めてみてください。

PAGE TOP