イメクラバイトの特徴!会話が苦手な女の子にもおすすめの風俗店!

イメクラは他の風俗店とは違い、ただ普通にプレイをこなすのではなく、お客さんの好みのシチュエーションに合わせたプレイをするというサービスを用意しているのが特徴です。他の風俗店の接客とは一味違うサービスで、慣れないうちは戸惑ったり照れたりする女の子も多いのですが、実は慣れてしまえば人によってはとてもやりやすいお仕事でもあります。

 

デリヘルなどの風俗店と比べると、なんとなくイメージがわきにくいという女の子も多いイメクラの特徴についてご紹介していきます。

イメージプレイが優先なので接客しやすい!

イメクラでのサービスは、お客さんが希望するシチュエーションに当てはまる女の子になりきってのイメージプレイが一番のメインで、それ以外のサービスはあくまでおまけのようなものです。

 

一般的な風俗店であれば性的なサービスが一番大事な部分になるのですが、イメクラでは性的なサービスもイメージプレイの一部でしかありません。重要なのはお客さんがシチュエーションに感情移入して楽しめるかどうかなので、性的な面から言えばあくまでサービスはごくソフトなものが多いのが特徴です。

 

そのため、ハードなサービスが苦手な女の子でもイメクラなら問題なく働くことができるはずです。

 

お客さんの希望する通りに演技することが最初はちょっと恥ずかしかったり照れくさかったりはしますが、シチュエーションにどっぷり浸かるのはお客さんの方でも同じ。羞恥心さえ乗り越えれば、とてもやりやすいお仕事とも言えます。

イメクラではコスプレが基本

他の風俗店と違うポイントとして、服装が基本的にコスプレになるということも挙げられます。

 

デリヘルなどの風俗店では、接客の際に着ている服はほとんどの場合が私服です。コスプレのオプションが付く場合にはお着替えすることもありますが、基本的には自分でお客さんが喜ぶようなお洋服を用意しなければいけません。

 

その点イメクラでは衣装がその都度決められているので、男性が好む服装について考える手間が省けるのが嬉しいところです。

 

プライベートでは好きな服を着て過ごしたい!と思う女の子にとっては、私服とお仕事着の境目が曖昧になりがちな他の風俗店よりもおすすめです。

会話が苦手な女の子でも大丈夫!

イメクラではイメージプレイが基本のため、他の風俗バイトと比べるとお客さんとの会話量が少ないことも特徴です。お客さんもせっかく「女子高生」「女教師」「OL」などの設定に合わせてきているのに、自分自身の話をしてしまったら興醒めですよね。

 

男性の方も女の子の役に対して自分の立ち位置をある程度イメージしてプレイしているので、下手にお互いの情報を知ることになる会話は最低限に控えることが多いのです。

 

「イメージプレイ」とか「演技をする」と考えるとハードルが高いようにも思えますが、他の風俗店では台本なしで風俗嬢として働くのですから、会話があまり得意ではない口下手な女の子は最初から設定が決められているイメクラの方が合っているのかもしれません。

PAGE TOP