早番と遅番、それぞれの時間帯で働くメリットとデメリット

風俗バイトには早番での勤務と遅番での勤務があります。一般的には夜の時間帯に働きたいと考えてる女の子が多いですが、主婦やシングルマザーの方など子供のいる方だと、昼間の時間帯にしか働くことができない方も多いです。

 

早番と遅番ではお客さんの数が違いますし、風俗店に来られる客層も全く違ってきます。また、昼間と夜の時間帯では稼げる金額も変わってきます。今回はそんな早番と遅番のそれぞれの時間帯で働くメリットとデメリットについて詳しく解説していきたい思います。

早番の特徴

風俗業界では、朝から夕方までの時間帯に勤務することを「早番」と言います。お店によって多少勤務時間が変わってきますが、通常は10時から17時頃までお仕事することになります。

 

早番の時間帯は酔っ払い客がいないので働きやすいですが、その代わりに夜の時間帯と比べるとお客さんの数が少ないのが特徴です。早番で働くメリットとデメリットについてまとめると以下の通りになります。

早番で働くメリット

メリット
○酔っ払い客がいないので客層が良い
○夜の時間帯より指名が取りやすい
○人妻系の風俗店だと昼間の方がお客さんが多い
○ロングコースで入ってくれるお客さんが多い

早番で働く最大のメリットは夜の時間帯より指名が取りやすく、お酒を飲みに行った後に風俗を利用する男性がいないので接客しやすいことです。

 

昼間と夜の時間帯では、風俗店のプレイ料金が違うのをご存知でしょうか?実は昼間の時間帯は、サービスタイムを設定してるお店が多く、夜より安いプレイ料金で遊べるお店が多いので指名が返ってきやすいというメリットがあります。昼間だとプレイ料金が安いのでロングコースで遊ぶお客さんも多いです。

 

また、この時間帯に風俗に来られるお客さんは、ある程度風俗で遊び慣れてる男性が多いので、がっついたり本番強要をしてくるお客さんが少ないのも特徴です。

 

ちなみに風俗に来られるお客さんはやはり昼間より夜の時間帯の方が多いですが、人妻系の風俗店に関しては逆に昼間の時間帯の方がお客さんが多いです。そのため、主婦やシングルマザーの方などは人妻店で働くことも視野に入れてみると良いと思います。

早番で働くデメリット

デメリット
×フリーや新規のお客さんが少ない
×風俗マニアや高齢者のお客さんが多い

早番の時間帯は、ほとんどの男性が会社で働いてる時間帯なので仕方ないと言えば仕方ないのですが、やはり夜の時間帯と比べるとどうしてもお客さんの数が少なくなってしまいます。もし常連客を持っていない女の子だと暇になってしまう可能性が高いです。

 

また、昼間だと特殊な性癖を持った男性や風俗マニアの男性が多いのも特徴です。このような男性は比較的キレイに遊んでいく方が多いですが、まだ風俗バイトに慣れていない女の子だと初めのうちは戸惑うかもしれません。

 

そして、夜の時間帯と違ってお年寄りの男性もたくさん風俗に来られます。お年寄りの男性はおちんちんが勃ちにくく、耳が遠い方も多いので苦手意識を持ってる女の子は結構多いと思います。もし高齢者のお客さんが苦手な女の子は遅番で働いた方がいいでしょう。

遅番の特徴

風俗業界では、夕方から深夜までの時間帯に勤務することを「遅番」と言います。店舗型の風俗店なら通常は18時頃から24時までお仕事することになり、デリヘルなら深夜0時以降の営業が許可されてるのでそれ以降の時間帯も働くことが可能です。

 

遅番の時間帯は昼間よりも客入りが断然いいので、稼ぎたい女の子は夜の時間帯に出勤するようにしましょう。その代わりに夜の時間帯は、昼間と違って飲みに行った後のサラリーマンがたくさん来られるのが特徴です。遅番で働くメリットとデメリットについてまとめると以下の通りになります。

遅番で働くメリット

メリット
○フリーや新規のお客さんが多い
○昼間の時間帯より客入りがいいので稼げる
○昼職との掛け持ちに向いてる

風俗業界は、夜の時間帯になるとお客さんの数が増えるのでまさに稼ぎ時となります。指名客だけではなくて、フリー客や新規客の数も増えるので昼間よりも稼ぎやすくなります。特に金曜日の夜は忙しくなるので、ふう子もこの日は必ず出勤するようにしてます。

 

これはファッションヘルスやソープランド、デリヘルなどに限らず、どの風俗店にも当てはまることだと思います。

 

また、夜の時間帯は、昼職と掛け持ちで風俗バイトをしたい女の子や学生さんが働くのにも向いてる時間帯です。遅番だったら昼間のお仕事が終わってから出勤しても十分に稼ぐことができますし、やはり風俗で稼ぎたければ、遅番で働いた方が効率よく稼ぐことができます。

遅番で働くデメリット

デメリット
×ショートコースで入るお客さんが多い
×昼間の時間帯と比べると客層が悪い
×酔っ払い客やがっつき客が多い
×ラストまで働くと家に帰る時間が深夜になってしまう

夜の時間帯は、お友達や同僚と飲みに行った勢いで風俗に来られる男性やお仕事のストレスを発散したいサラリーマンの男性が増えるので、昼間と比べると少し客層が悪くなってしまいます。

 

さすがに泥酔してるお客さんは受付時に断ってくれますが、中には酔った勢いでしつこく連絡先を聞いてきたり本番強要をしてくる方、激しく指入れしてくる方などもいるので、この時間帯に稼ごうと思ったら多少忍耐力も必要になってきます。

 

夜の時間帯はショートコースで入るお客さんが多いのも特徴です。ふう子の経験上、ショートコースで入るお客さんはどちらかと言うとセコい男性が多く、指名を取りにくいような気がします。

 

また、遅番での勤務はお仕事が終わる時間が遅いので、家に帰る時間が深夜になってしまいます。特にデリヘルで働いてる女の子だと終電がない場合が多いので、自分の希望する場所まで送迎してもらえるかお店に確認しておきましょう。

PAGE TOP