風俗嬢と男性スタッフとの恋愛事情について

風俗嬢にとって最も身近な男性はお店の従業員です。男性スタッフとうまくやっていかないと、何かと不利になるということもあって、中にはここにつけ込む男性スタッフがいます。

 

その一方で、お互いに好き合っているのに、デートもできないということもあります。このページでは男性スタッフと風俗嬢の関係はどう考えればいいのか書きたいと思います。

風俗嬢と男性スタッフの恋愛を禁止してる理由

まず、ほとんどの風俗店では風俗嬢と男性スタッフとの恋愛を禁止しています。風俗店の男性スタッフが自分のお店の女の子と自由に恋愛し、セックスできたなら、人間関係がグチャグチャになりかねません。女の子同士の関係が悪化し、派閥争いを加速し、イジメが激化するからです。

 

「あの子、店長の女だからって、いばりやがってさ」とか「あの子、どうしてあんなに稼いでいるのかと思ったら、マネージャーの女なんだって。それで客を回してもらっているんだよ」とか「○○ちゃんがクビになったのは、あいつがベッドの中で店長に言いつけたからだよ」なんてことになってしまいます。

 

風俗店では、実際にはデキていないにも関わらず、こういう噂がよく出るくらいです。

 

二人の関係がうまくいってる間はまだいいですが、男女のもつれで女の子が辞めることがよくあります。これが三角関係にでもなったら、お店側にとってはいよいよ一大事です。

 

男性スタッフ同士が一人の女の子をめぐってケンカをしたり、女の子を取った取られたで揉めると、少なくとも片方はお店を辞めることもあります。女の子側も事情は同じで、あんなに仲のよかった二人が、男性スタッフを間に睨み合う。これらは仮想ではなくて、現実に起きていることです。

 

そこで、少なくとも表向きは、風俗嬢と男性スタッフとの交際を厳しく禁じている風俗店がほとんどです。特に古い体質の残るピンサロやソープランドほど厳しい傾向にあります。

何故、風俗店に厳しいルールが存在してるのか?

男性スタッフが飛ぶ(「飛ぶ」というのはバックレること)のは、お金の持ち逃げだったり、他店からの引き抜きだったり、お仕事が辛くてだったり、事情は様々ですが、中には自分のお店の女の子との駆け落ちもあります。

 

単に男性スタッフ一人がいなくなっただけならまだしも、女の子がいなくなった損害もあるため、系列店のみならず、関係の風俗店に「その人物を雇うな」という主旨の回状を出されることがあります。

 

どんな職場でもセックスやら恋愛やらのもつれがあるものですが、とりわけ風俗の世界では、裸商売であるが故に、そういった関係がより容易に生じやすいのが現状です。

 

すでに講習で裸を見せ、性器を触り合っている仲であれば尚更のことです。だからこそ、各風俗店には厳しいルールが存在しています。

 

風俗店で働こうという女の子は旦那さんや子供を食わせなければいけないとか、親を養わなければならないとか、友達の借金の保証人になって逃げられたとか、人それぞれ風俗で働かなくてはいけない理由があるので、腹をくくって働いてる女の子がほとんどです。

 

ところが、風俗店で働く男性は、ギャンブルの借金とか自分のだらしなさで作った借金を抱えている男性が多く、一般社会で使い物にならなくて風俗業界に来るのがほとんどです。元ホストとかもよくいます。

 

こんなことを書いたら悪いかもしれませんが、オツムの弱い男性ばかりのような気がします。中には、最初から女の子のヒモになろうなんて下心を持って来る男性までいます。

 

当然ながらそんな男性は、放っておくとスキあらば女の子を食い物にしようとします。そのため、各風俗店には厳しいルールが存在しています。

男性スタッフとの恋愛事情について

では、男性スタッフと恋愛をしたらダメなのかというと、それはお店の方針によって様々です。

 

どうしたってくっつく人はくっつくため、何らかの救済策を用意してる風俗店もよくあって、付き合い始めたことを申告をすれば、どちらかを系列店に移籍させるお店もあります。一般の会社でも、同じセクションの男女が結婚すると、いずれかを別のセクションに異動するのと一緒です。

 

職場でイチャイチャしたり、贔屓するのも困りものだし、前夜、ケンカをしたために仕事上で影響が出るのもお店側としては困りますよね。

 

ただし、男性スタッフと付き合うと、罰金をとってクビにする風俗店もよくあって、ふう子が以前働いてたお店で女の子と男性スタッフとが付き合いだし、しばらくは黙認されていたのですが、別件のトラブルがあったため、最後は男性スタッフが店長に殴られ、給料を罰金として取られてクビになったことがありました。

 

ふう子は男性スタッフと付き合うことは基本的には反対です。でも、どうしても好きになってしまうこともあると思うので、そのときはなるべくお店にバレないように付き合いましょう。

PAGE TOP