営業許可を取っている合法な風俗店で働こう!

風俗店を営むには風営法という国の法律に基づいて、営業許可を取らなければいけません。

しかし、極まれに無許可営業の風俗店が存在しています。

 

もしそのようなお店で働いてしまうとどうなるのか、今回はご紹介していきます!

合法な風俗店で働いた方がいい理由

もし無許可営業の風俗店で働いてしまうと、ある日突然、警察の摘発に合うことがあり、自分は悪いことをしていなくても警察に連行されて、事情を聞かれたり嫌な思いをしてしまうことがあります。

 

さらに、そのお店が法律のルールを破って、中学生や高校生を働かせていた場合は特に注意が必要です。

 

もしあなたもその女の子たちが18歳未満であることを知っていた場合は、法律違反として捕まってしまう可能性さえあります。

 

そのようなことになったら大変なので、絶対に自分が働きたいと思っている風俗店の営業許可の有無は確認しておきましょう。

 

ちなみに当サイトでご紹介してる風俗求人サイトは、営業許可を取っている合法的な風俗店しか掲載されていないので安心してくださいね。

違法な風俗店は売春行為を勧めてくるお店もある

営業許可を取っていない風俗店は、本来提供できないサービスを行っているところが多々あります。

そうなると、やはり女性として辛い行為を強いられる可能性も否定できません。

 

例えば、法律では本番行為が禁止されています。

 

風俗は裸でのプレイもサービス内容に含まれているため、本番行為もあると誤解している女の子がたまにいますが、それは大きな間違いです。

 

そういう意味では女性の権利や体が、法律によって守られていると言えますね。

 

いわゆる売春行為を勧めるお店があれば、明らかに法律違反を犯しているので直ぐに逃げるようにしましょう。

 

法律違反のサービスを提供しているお店では、一見、お給料が他の風俗店よりも高く見えるお店も少なくありませんが、実際にはお給料の支払いが悪かったり、なんだかんだ理由をつけてペナルティーを取られ、利益を巻き上げるお店も多いみたいです。

 

衛生管理も徹底されておらず、性病に感染する女の子も多いので、風俗で働くにあたって営業許可と衛生管理の有無を確認することは必須です。

PAGE TOP