ホテヘルの面接・実技講習を受けたときの体験談

現在、ふう子はデリヘルで働いていますが、以前ホテヘルで働いていたこともあります。

 

その当時のことを交えて、ホテヘルの面接や講習の内容をご紹介していきたいと思います。

ホテヘルの面接と講習内容

ふう子はホテヘルの面接に行ったら、「すぐに仕事に来ていいよ」と即採用してもらえました。

 

時間もあったのでその場で講習も受けました。

 

講習では、お客様との挨拶の仕方から接客の仕方、プレイ内容を詳しく教わりました。

 

ホテヘルのプレイではもちろん本番行為が禁止されているので、それに近い形でいかにお客様に楽しんでもらえるかという独自のスタイルを開発することが大切です。

 

彼氏とエッチするときにシックスナインをすることはよくあると思いますが、素股などは風俗で働いたことのない女の子はやり方を知らないはずです。

 

講習を受ける際には、素股などのやり方をしっかりと学んでおきましょう。

 

また、万が一お客様から本番を迫られた場合の拒否の仕方とか、断り方もしっかりとレクチャーしてもらいましょう。

 

講習では、お客様にそういうスキを見せないための1つ1つのプレイや話し方、身のこなし方なども教わることになりますが、その当時は奥が深いものだと思ったものです。

 

ただし、そういうケースはごくまれで、お客様の大半は紳士的だから大丈夫とのこと。

 

また、何かあれば直ぐにスタッフが駆け付けるから携帯で連絡するようにとも言われました。

 

プレイ前にお客様にしてもらう、うがいやボディ洗浄などのエチケットについても教わってから、プロフィール写真を撮影しました。

 

その当時のふう子は顔出しNGだったので雰囲気だけなのですが、自己アピールとともにホームページにアップされるとちょっと気が引き締まったものです。

 

あとはお客様からの指名やフリーのお客様が付くのを待つだけです。

 

ふう子はお店のホームページの新人紹介コーナーに掲載されてたので、かなり早めの段階で指名が入りました。

 

お客様から指名が入れば、一緒にホテルに向かい、後は教わった通りのプレイに自分らしさをプラスすればOKです。

PAGE TOP