風俗嬢のお仕事道具ってお店から支給されるの?

風俗店で働いてると様々なアイテムを取り扱うことになります。

 

例えば、ピンサロでは女の子がお客さんの前に出る際に、大量のおしぼりを小さなカゴに入れて持参します。このおしぼりに染み込ませたアルコールで、お客さんの手やペニスを拭いて、消毒するのですが、これらのおしぼりはお店側が用意してくれます。

 

ピンサロには基本的にシャワーなどの設備がないため、こうしたおしぼりが重要な役割を果たすことになります。ちなみに風俗で働く際のこうした「必須アイテム」は、実は全てお店側が用意してくれる訳ではありません。

ファッションヘルスの場合

店舗型のヘルスの個室にはボディソープやローションなどが備えつけられており、これらはお店の負担で設置されていますが、ボディソープを泡立てるナイロンタオルや大人のおもちゃなどは、女の子が自分の考えで購入し、使用していることもあります。

 

また、お客さんに提供する飲み物などは、個室に冷蔵庫がある場合は女の子が自分で買って持参しているケースがほとんどです。冷蔵庫がない場合でも、女の子が店内の自販機でジュースなどを買ってお客さんに提供することが多いです。

 

このように、基本的に個室内で飲み物を提供する場合は女の子の負担、待合室などで提供する場合はお店の負担となります。

デリヘルの場合

一方、デリヘルで働いた場合は、女の子がローションやうがい薬、バイブレーター、ピンクローターなどをカバンに入れて持ち歩くことになります。

 

お店によっては、この他にバスタオル、電動マッサージ機、紙パンツ、無香料ソープなどをお客さんの元に持参させることもあります。ほとんどの場合は、カバンを含めてお店の負担で女の子にこれらのアイテムを支給していますが、中には女の子がお店から購入するケースもあります。

 

このように女の子に消耗品などを買わせるお店は、在籍嬢がとても多かったり、女の子が自宅待機のために、女の子の持参品の管理をお店ができないからという理由が多いようです。

 

ただし、こうしたお店はバイブやローターなどを使う場合のオプション料の設定が高く、それは女の子の手取りに反映されるので、元は取れるようになっていることがほとんどです。

 

ちなみにサービス精神がとても旺盛な女の子は、必要なアイテムをすべて支給してもらえるお店に在籍していたとしても、ローションやボディソープを自分で購入していることがあります。実はふう子も他の女の子と差別化するために、お客さんごとに数種類のローションを使い分けています。

ソープランドの場合

ソープランドでは女の子がお店から個室を借りて個人営業しているという建前から、ボディソープ、ローション、うがい薬などの消耗品や、お客さんに提供する冷蔵庫内の飲み物は全て女の子が自分の負担で個室内に持ち込んでいます。

 

最近では喫煙者も少なくなってきましたが、以前は気を利かせて多数の銘柄のタバコを用意している女の子も多かったです。

 

また、ファッションヘルスでは着用するコスチュームもお店が女の子に無料で貸与するケースが多いですが、ソープランドではほぼ全て女の子の個人負担となります。

 

それに加えて、ソープランドではお店が用意するタオルも無料というわけではなく、女の子が1日に3000円程度のタオル代を支払っていることが多いです。ソープランドは稼ぎも多い分、女の子の負担も大きいのです。

 

ちなみにこれは全てのソープランドが行っている訳ではないのですが、女の子のお給料から2〜3万円徴収し、ボーイのボーナスを支払うというお店もあるそうです。

あわせて読みたい関連記事

よく分かるローションの使い方と活用法

PAGE TOP