リピート客を作るのに必要なこと

ふう子も現在では安定してナンバー入りするようになりました。ふう子自身が忘れないためと、これから風俗で頑張ろうと思ってる女の子のために、リピート客を作るのに必要なことをまとめておきたいと思います。

必ず決まった曜日や時間帯に出勤する
お客さんのデータベースを作る
男心を知ることは何より大事である
営業用のスマホを持つ

最初のうちはリピート客を作るために、お店を休まないということが大切だと思います。フリーのお客さんを優先して付けてもらえる、入店後の最初の一か月間は特にリピート客を作る大チャンスです。

 

お客さんに付く回数が多ければ、次回、またお客さんに指名してもらえる数も多くなります。もし接客が未熟だとしても、お客さんの母数が多ければ何とかなることも多いです。

 

次にふう子がやったのはお客さんのデータベースを作ったことです。接客したときにどんなプレイをしたら喜んだかとか、どんな会話をしたかというような内容です。

 

お客さんが自分の誕生日は〇月〇日だというようなことを言ったら絶対に聞き逃しません。しっかりメモをして、誕生日が近づいたら営業メールを出しています。ハンカチやネクタイなどのプレゼントをしたら、指名が返ってきて、プレゼントにかかった費用の何十倍もの収入になったことが多々あります。

 

また、リピート客を作るのに絶対に欠かせないのが男心を知ることでしょう。

 

よくお客さんと簡単にセックスをしてしまう風俗嬢がいますが、いかにセックスをせずにお客さんの恋愛感情を高めて引っ張るかに風俗嬢の力量の見せ所があると思います。この点はホステスやキャバ嬢のお仕事と似てるかもしれませんね。

 

ほとんどのお客さんがエロ目的で風俗店に来るので、一発やったら目的達成って感じで、おしまいになってしまうことが多いです。

 

相手が完全にハマってからなら、セックスをすることでダメ押しになったりしますが、その前にセックスしてしまうとそれっきりになってしまいます。この辺は恋愛の駆け引きと似てるかもしれませんが、せっかく風俗で働くからには男心を勉強してしっかりと指名に繋げたいものです。

 

最後になりますが、ふう子は営業用のスマホを何台か持っていて、できるだけ多くのお客さんとメルアド交換をするようにしています。

 

たまに24時間メールを送ってくるお客さんがいるので閉口するときがありますが、ふう子の場合、なるべく指名に繋がりそうなお客さんだけ返事をするようにしています。

 

ちなみにお店を介さずに直接ふう子に予約を入れることを姫予約と言います。そして、姫予約が決まったらふう子からお店に連絡をして正式な予約となります。もちろん、お店以外で会う裏引きとは違います。

 

ふう子が働いてるデリヘルでは、姫予約で予約を受け付けると、特別なバックが出るので、それだけお客さんに営業をかけるのも力が入るってものです。

PAGE TOP