寮に入るメリットとデメリット

風俗店に勤めている風俗嬢は、自宅に住んでいる方もいれば、お店で用意されている寮に入っているケースもあります。

 

ちなみにふう子は今は一人暮らしをしてますが、風俗業界で働き始めた頃はお金がなかったので、お店から用意されていた寮に入ってました。

 

今回は寮に入るメリットとデメリットについてお話していきましょう。

寮に入るメリット

まず、寮に入るメリットとしては、お店から非常に近い距離にあるので、大変通いやすいのがメリットです。寮への往復も楽ですし、夜遅くなっても安心です。

 

また、入居時の初期費用を負担してくれる風俗店がほとんどです。ふう子が昔住んでいた寮も初期費用は一切かからず、毎月の家賃や光熱費を支払っているだけでした。風俗店によっては初めから家電や家具も備えつけられていたり、家賃の一部を負担してくれるお店もあるのでとてもありがたいですね。

 

ふう子の場合は、退去時の費用も負担してもらえたのでかなり助かったのを覚えています。これはお店によって違うので、一度面接時に尋ねてみるといいでしょう。

 

ふう子は高校を卒業してから間もなく風俗嬢になったのですが、賃貸探しする必要がなかったのが本当にありがたかったです。もし住むところでお困りの方がいれば、寮が完備されてる風俗店で働くことを検討してみてはいかがでしょうか。

寮に入るデメリット

一方のデメリットとしては、お店から寮まで近いため、お客さんに住まいを知られてしまう危険性があることです。

 

また、何かあったときのためにお店側が合い鍵を持っているので、なんだかずっとお店から見張られているような気がするのが少し気になるくらいでしょうか。

 

ふう子が昔働いてた風俗店はしっかりプライバシー面も配慮されていたので問題ありませんでしたが、他の風俗嬢の話を聞いてると、合い鍵を持って、お店の人が部屋の中に入ってチェックされるようなところもあるみたいです。

 

そして、寮に入ってるとシフトの融通が利きにくくなるのもデメリットだと思います。どういうことかと言うと、女の子の人数が足りないときなどに出勤させられることがどうしてもあります。

 

お店から安い家賃で部屋を借りてるので仕方ないと言えば仕方ないですが、もし自分のペースで好きに働きたい女の子はやはり自分でアパートやマンションを借りた方が良いと思います。

PAGE TOP