風俗店がしてくれるアリバイ対策の内容

風俗店で働いてることを、家族や友達、彼氏などに知られたくないという女の子は多いと思います。ふう子の場合、デリヘルのお仕事は彼氏公認ですが、やはり両親には風俗のお仕事のことを知られたくないと思ってます。

 

中には「もし風俗の仕事をしてることが知られたらどうしよう」と心配になって、働きたくても働けない人もいるぐらいです。

 

そんな女の子の心配を解消するために、風俗求人広告には「アリバイ対策あり」とよく書かれています。これはどういうことかご存知ですか?

 

例えば、ふう子が勤めてるデリヘルでは、風俗店以外にも別の会社を運営していて、そこの社員のように見せかけてくれます。

 

飲食店やアパレル販売店、IT会社や不動産会社などがあって、そこの社員として勤務してることにしてくれるのです。必要に応じて社員証や名刺も発行してくれますし、給与明細もその会社名のものを発行してくれます。

 

もちろん、家族が名刺などをもとに会社に電話をかけてきても、席をはずしているとか、接客中で出られないと対応してくれて、勤務しているのは確実と思わせてくれるのです。

 

風俗で働いている女の子は家族や友達、彼氏などに内緒でお仕事をしてる方が多く、大抵は別の職業に就いてると嘘をついています。

 

でも、このように風俗店がアリバイ対策をしてくれるおかげで、風俗のお仕事のことがバレる確率を大幅に減らすことができます。例えば、学生さんなら「居酒屋でアルバイトをしてる」、OLさんなら「夜だけ友達の飲み屋を手伝ってる」ことにすることもできます。

 

また、ふう子が働いてるデリヘルだとNG番号を指定でき、この番号から電話がかかってきたときは他の女の子を派遣してくれる仕組みもあります。

 

両親や友達、彼氏だけではなく、職場の上司や同僚など、絶対にバレたくない相手の電話番号をNG番号に指定しておけば絶対にバレないという訳です。

 

両親や旦那さん、お見合い相手などが在籍証明などを求めた際には、その発行もしてくれます。そして、ふう子の同僚の中には、子供を保育園に入れるための就業証明書を風俗店名義ではなく、実在する別の運営会社名義で発行してもらってる女の子もいました。

 

もちろん、社員証や名刺などを発行してくれると言っても、両方で働く必要はありません。ふう子たちのお仕事はあくまでも風俗ですし、普通のお仕事をしてるように見せかけてくれるだけです。

 

もし他にも気になることがある方は風俗街にあるお店ではなく、デリヘルとか会員制の風俗店とか、オフィスビルや雑居ビルの中に入ってる風俗店に勤めるといいかもしれません。出入りの際も普通の会社に勤めているような感じになるので、もし誰かに見られても誤魔化しやすいです。

 

とは言っても、身内の不幸、事故や急病など、家族が緊急に連絡を取らなければならない事態が発生したときはどうなるのか気になりませんか?

 

実はこのようなときは家族が会社に直接電話をすることがあるかもしれませんが、大抵はお店側がうまく誤魔化してくれるので安心です。

PAGE TOP