風俗で働いてることがバレるときってどんなとき?

風俗で働くにあたっては何かとリスクがありますよね。その中でも一番大きなリスクが、知人や家族に風俗で働いてることがバレてしまうことではないでしょうか。実際、これはかなり痛い問題です。

 

ふう子も長年風俗業界で働いてますが、その間には色々と危機がありました。

 

ふう子が20歳のときに高校から付き合ってる彼氏がいました。その当時のふう子はファッションヘルスで働いていたのですが、やはり身に付けてるものや家に置いてるものが急にブランド品に変わったことで彼氏に疑われるようになったのです。

 

そこである日、いきなり彼氏に尾行され、ファッションヘルスで働いてることがバレてしまって結局別れることになりました。ちょっと稼ぎが良くなったからと言って、生活を急に派手にしすぎると疑われてしまう可能性があるので注意した方がいいと思います。

 

また、もう一つ気をつけたいのが、知り合いにバッタリ遭遇する可能性があることです。知り合いがお客さんとして来てしまえば、もう逃れようがありませんよね。

 

バッタリ会ったからと言って、接客を断れない風俗店がほとんどなので、もし遭遇した場合でも接客するしかないのです。ふう子は一度だけ高校のときの先生に出くわしてしまいましたが、かなり気まずい思いをしたものです。

 

結局、そのファッションヘルスはすぐに辞めてしまいましたが、あまり自宅の近くにある風俗店で働くのは良くないと思いました。

 

現在は彼氏公認でデリヘルで働いてるのであまり関係はありませんが、自宅から少し離れたお店で働いてるので知人に会うこともなく、今のところ彼氏以外には誰にも風俗のお仕事のことはバレてません。

 

もし誰にもバレたくないのであれば、これまでの生活に急激な変化を与えないように心がけて、自分の行動範囲内から少し離れた風俗店で働くのがオススメです。

親バレについて

風俗嬢がお仕事を辞める理由はいくつかありますが、何といっても彼氏バレや親バレが直接のきっかけになりやすいものです。特に親に風俗で働いてることがバレるのは手痛いものです。

 

アリバイ対策をしたり、友達と口裏を合わせたり、親を説得するための言葉を用意しておくといった対策を考えておきましょう。

 

彼氏にバレたときは、いざとなればその彼氏と別れればいいだけですが、一般的に親バレした風俗嬢は復帰する可能性が薄いと言われています。また、友達にバレたところで、とやかく言う人はあまりいないと思います。もしそんな人がいたとしても、そんな友達とは縁を切ってしまえばいいだけのことです。

 

しかし、彼氏や友達と違って、親だけは交換ができません。このページを読んでくれてる風俗嬢の皆さん、本当に親バレだけは気をつけてくださいね。

 

なお、最近では彼氏や夫に風俗のお仕事のことを認めさせている風俗嬢が着々と増えてきています。ふう子のお友達にも、「男と仕事のどっちをとるか」と聞いてみたら、迷うことなく「仕事」と答えていました。

 

「バレたらバレたとき」と悠然と構えてる風俗嬢が増えてきており、もしバレたとしても彼氏を説得し、説得できなければ彼氏を捨ててしまうのは、最近の女の子たちが強くなってきた証かもしれませんね。

PAGE TOP