デリヘルの具体的なお仕事内容

ふう子が現在働いてるのが、今回ご紹介するデリヘルです。風俗業界では現在デリヘルが主流となっているため、名前ぐらいは聞いたことがある女の子もいると思いますが、デリヘルとは具体的にどのようなお仕事をする風俗店なのかご存知でしょうか?

 

今回は風俗バイトが初めての方でも分かるように、デリヘルのお仕事について詳しく解説していきますね。

そもそもデリヘルってどんな風俗店?

デリヘルとはデリバリーヘルスの略称です。デリヘルは店舗を持たない無店舗型の風俗店になります。ファッションヘルスやソープランドなどの店舗型の風俗店と違って受付所がないので、スタッフが電話で受付することになります。

 

では、お客さんはどこで女の子から性的サービスを受けるのかというと、自宅やホテルなどの二人きりになれる空間においてです。お客さんの自宅やホテルなどに女の子が出張してサービスを行うことから「出張ヘルス」と呼ばれることもあります。

 

お客さんは自宅やホテルからデリヘルに電話をして、お気に入りの女の子を指名したり、好みの女の子のタイプを伝えたりします。注文を受けたお店は、専属のドライバーが運転する車で女の子をお客さんの元まで派遣します。

 

店舗型の風俗店と違ってデリヘルは、深夜0時以降の営業が認められており、最も稼げるのが20時〜深夜にかけての時間帯です。朝から深夜まで営業してるので自由度が高く、24時間営業のお店がたくさんあります。

 

デリヘルは基本的には自由出勤制なので、自分の好きな時間に働くことができます。昼間のお仕事と掛け持ちで働いてる女の子が多いのもデリヘルの特徴のうちの一つです。

 

お客さんからの電話が入るまでは自宅やお店の待機所で待機しておき、お客さんから指名が入り次第、お店のスタッフが車でお客さんの元まで送迎してくれます。待機してる間はTVを見たり、雑誌を読んだり、睡眠を取ったりなど自由に過ごすことができます。

 

デリヘルは車での移動時間があるのでその分休憩ができ、店舗型の風俗店ほど体への負担もかからないでしょう。しかし、夜のデリヘルは移動距離が長い場合が結構あるため、その分時間的なロスがあるなどのデメリットがあります。

 

最近ではマットプレイ・コスプレ・マッサージ・SMなどに特化した様々な種類のデリヘルが増えてます。お昼はファッションヘルスやホテヘルを営業し、夜にはデリヘルを営業してる風俗店もたくさんあります。

デリヘルのプレイ内容

デリヘルは一般的には「自宅・ホテル入室→シャワー→プレイ→シャワー」という流れでプレイすることになります。お客さんの自宅やホテルに入室したら、すぐにお客さんに利用コースやプレイ内容を決めてもらいましょう。

 

60分〜120分、もしくはそれ以上の時間のコースもありますが、長時間のコースを申し込んでもらった方が当然稼ぐことができます。その後、お店に電話を入れてプレイ開始です。

 

プレイ内容はファッションヘルスとほとんど同じで、本番行為は禁止されています。もしセックスしたことが発覚すれば、厳しいデリヘルの場合だとお店をクビになってしまうことがあります。場合によっては、女の子やお客さんだけではなく、お店側も違法行為としての処罰の対象となることがあるので注意しましょう。

 

終了時間になったら女の子は部屋を退室し、再びドライバーとともにお店の待機場所に戻ることになります。これがデリヘルの基本的なサービスの流れとなります。

デリヘルで働くメリットとデメリット

デリヘルで働くメリットはなんといっても朝まで働くことができることでしょう。ファッションヘルスだと深夜0時までしか営業できませんが(条例によっては1時まで)、デリヘルは24時間営業することができるので、昼間のお仕事がある方でも稼ぐことができます。だから、OLとか学生さんのアルバイトがどんどんデリヘル業界に参入してきています。

 

ファッションヘルスだと、昼間のお仕事を終えて、20時とか21時から働いても、24時までしか働けないので、風俗で働くことができる時間が短すぎます。それにそんな出勤状況だとお店に雇ってもらえません。

 

その点、デリヘルの場合は午前4時や5時まで営業してるので、楽勝で7時間、8時間と働くことができます。この点はOLや学生さんにはすごいメリットだと思います。

 

なお、デリヘルが24時間営業してると言っても、さすがに朝はお客さんがいないので、だいたいどこのお店も午後から営業が始まって、午前3時とか4時までの受付で終了って感じで営業しています。

 

また、デリヘルは基本的に自由出勤制なので、お仕事が休みの前の日だけ働くという手もあります。

 

他のメリットは店頭でお客さんに写真を見せることがないので、知り合いにバレにくく、親バレや彼氏バレが怖い子にとっては、これも大きなメリットだと思います。

 

そして、デリヘルの事務所に看板が出ている訳ではないので、誰かに出入りするところを見られても平気だし、事務所に出勤せずに、最初から最後まで車の中で過ごすお店もあります。

 

お客さんがフロントで写真指名して、一緒に外出してホテルに行くシステムのホテヘルだと写真は見られるし、お客さんと歩いているところも見られる可能性があるので、デリヘルよりバレるリスクが高いですよね。

 

ちなみにデリヘルで働くメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

メリット
○自分の生活スタイルに合わせて働くことができる
○店舗型の風俗店よりお客さんの利用時間が長いのでお給料が高い
○求人数が多い
デメリット
×店舗型の風俗店みたいに事前にモニターでお客さんの顔を確認できない
×移動距離が長い場合は時間的なロスがある

デリヘルのお給料の目安

お給料 お客さん一人に付き5,000円〜20,000円以上+指名料+オプション料金。
お給料はその日のうちに全額支払われるのがほとんどです。
接客時間 お客さん一人あたり60分〜120分が主流。
日給相場 35,000円〜

PAGE TOP