デリヘル嬢のためのお客さんからプレイ料金の貰い方

デリヘルで働いた場合、お客さんと対面した後に前金にて料金を貰うことになってます。店舗型の風俗店と違ってデリヘルは、女の子が直接お客さんからお金を受け取る形をとってます。

 

一部のデリヘルでは、後払いシステムのお店もあるので、そのようなデリヘルで働いてる女の子はお金を貰い忘れないように注意が必要です。今回はお客さんからお金の貰い方やプレイ中のお金の管理方法などについて詳しく見ていきたいと思います。

お客さんからお金の貰い方

お金の貰い方

ほとんどのデリヘルでは、お客さんと対面した後にプレイの時間を決めて頂き、前金にてお金を貰います。その際、ふう子が働いてるデリヘルでは、お客さんに料金表を見せながらシステムの説明をすることになってます。その後、お店に連絡してからプレイを開始します。

 

お客さんとのやり取りを簡単に説明すると以下のようになります。

お客さんと対面して簡単な挨拶を済ませたら、

嬢:「今日は、お時間はいかがなさいますか?」

客:「○○分で。」

嬢:「では、○○○○○円になります。」

と言ったら、普通ならこちら側が何も言わなくてもお金を支払ってもらえます。

このときに、もしお金を最初に貰ったり後で貰ったりしてると、貰い忘れてしまうことがあるので、必ずプレイを開始する前にお金を受け取るようにしましょう。

 

たまに前金でお金を貰おうとすると、お金を出し渋るケチなお客さんがいますが、そのときは「先にお願いしていいですか?後払いだとトラブルの元になりますから」と言えばいいと思います。

 

もしお客さんがプレイ料金を値切ってきた場合は、軽く受け流すか、それでもしつこく言ってきた場合は、ふう子はすぐにお店に電話するようにしてます。

 

なお、ふう子は後払いシステムのデリヘルでも働いたことがありますが、一度だけお金が足りないお客さんがいました。やはり後払いシステムはトラブルの元だと思いました。

お店によってお金の管理方法が違うの?

ふう子が働いてるデリヘルでは、お客さんからお金を受け取ったらテーブルの上に置き、最後の退出のときにお金を回収することになってます。お店によっては、お金を受け取ったらすぐに財布やポーチの中に入れてもいいお店もあるので、お金の管理の仕方については事前にお店のスタッフに確認しておきましょう。

 

ちなみに「テーブルの上にお金を置いていたらお客さんに盗まれないの?」って疑問に思う方もいると思います。

 

中には、そのような悪質なお客さんもいると思いますが、ふう子は今まで一度もお金を盗まれたことはありません。もし、お金を盗むようなお客さんがいた場合は、すぐにお店に電話して懲らしめてもらいましょう。

テーブルの上にお金を置いておくメリット
女の子からもお客さんからもあえて目立つ場所にお金を置いておくことで、逆に盗みにくくなり、仮にお客さんがお金を盗もうと思っても普通なら女の子がすぐに気がつくことになります。

また、すぐに財布やポーチにお金を入れてしまうと、悪質なお客さんにお金を抜き取られてしまっても、その場ではなかなか気がつかないものです。しかし、この管理方法だと部屋を退出するときに自然に受け取ったお金のチェックができますし、料金回収のトラブルも防ぐことができるのでおすすめの管理方法です。

もしお金を貰い忘れてしまったら

実はたまにお客さんからお金を貰い忘れてしまう女の子がいます。その際、お店にはお客さんの携帯番号の履歴が残ってるので、お店からお客さんに連絡を取ってもらうことが大切です。

 

万が一、お金を貰い忘れてしまうとタダ働きになってしまいますし、その後、お客さんと連絡が取れなかったときは、お店の取り分だった額のお金を負担させられる場合もあります。デリヘルのお仕事に慣れていない新人さんは特にお金の貰い忘れに気をつけましょう。

 

ふう子が働いてるデリヘルではなんと三回もお金を貰い忘れてしまった女の子がいましたが、当然ながら店長にこっぴどく叱られてました。

PAGE TOP