風俗の面接の流れを解説!

風俗の面接の流れを分かりやすく説明したいと思います。これから初めて風俗バイトを始める女の子だと尚更、面接でどんなことをしたり、どんなことを聞かれたりするのかとても気になることでしょう。

 

まず風俗バイトと言っても、普通のアルバイトと同じで、自分の気になった風俗店に連絡して、面接日時を決めることになります。

 

お店に面接に行ったら、主に店長さんが面接してくれることになります。面接は何度もすることがなく、だいたいその日のうちに終わります。

 

そのときにお店側が準備してる面接用紙を記入して、店長さんにだいたい以下のようなことを聞かれることが多いです。ちなみに履歴書はいらないお店もありますが、身分証明書だけは必ず必要になるので用意しておきましょう。

  • どれくらい稼ぎたいのか
  • いつから働けるのか
  • 週何日くらい働けるのか
  • 風俗バイトを始めようと思った理由
  • 過去に風俗バイトの経験はあるのか
  • 彼氏や旦那さんはいるのか
  • 性感体はどこか
  • 得意なプレイは何なのか
  • オプションのNGの確認
  • 雑誌やネットでの顔出しが可能かどうか

面接時にバック、保証、雑費などの説明もあると思いますが、もしあなたの分からないことや気になることがあった場合は、面接時にどんどん聞いておきましょう。このときにあなたの希望をしっかりと伝えておくことも大切です。

 

もし無事に採用が決まれば、あなたの源氏名をつけてもらったり、営業用のホームページに載せるプロフィールを作成してもらったり、パネル写真の撮影をすることになります。

 

そして、最後に講習の日にちを決めて面接終了です。

面接は話を聞くだけでも大丈夫か?

いざ風俗店で働くことを決めても、面接に行くこと自体とても勇気のいることです。中には面接のときに詳しいお話だけ聞いて、実際に働くかどうかは家に帰ってからじっくり考えたい女の子もいることでしょう。

 

もし風俗店の面接に行って、採用されたときはすぐにお仕事をしないといけないのか、ここではその疑問にお答えしたいと思います。

 

結論から言うと、その心配は無用です。お店側も十分に納得した上で勤務して欲しいと思ってるので、話を聞くだけでも大丈夫です。

 

何店舗か面接を受けてから、一番良さそうなお店に入店するのもあなたの自由です。

 

お店のシステムを十分に理解せずに働き始めると、「聞いてた話しと全然違う!」とか「こんな内容は聞いていなかった!」となってトラブルの原因となり、また女の子がすぐに辞めてしまう原因となるからです。

 

そのため、どんな些細なことでも、自分の気になってることは聞いておきましょう。もしあなたが質問したことに答えられなかったり、答えを濁すようなお店は悪質な風俗店である可能性が高いです。

 

風俗店には一日体験入店という制度があるので、実際に一日だけ働いてみてから、そのお店で働き始めるか決めるのも一つの手です。

 

実際、面接を受けても即入店する女の子ばかりではないので、話を聞いたからと言って、すぐに仕事を始める必要もないので安心してください。しかし、もしあなたにピッタリの風俗店を見つけたときは、できるだけ早めに入店日を決めましょう!

 

風俗で働く女の子の中には、至急お金が必要な方も多いはずです。いつまでも悩んでいては、どんどん日にちだけが過ぎていくので、「このお店なら良さそう!」と思ったときは思い切って働いてみることが大切です。

 

まずは実際に風俗求人サイトを見てみて、条件の良さそうなお店がないかチェックするところから始めてみましょう。

PAGE TOP