「エッチなことが好き」な女の子は風俗の面接では好印象!

普通のお仕事に比べて、風俗業界は圧倒的に面接に通りやすい業種が多いです。ほとんどの場合、面接に履歴書がいらないというのもそれをよく表しています。

 

ただ、いくら面接に通りやすいからといって適当に受けるのもよくありません。風俗店の面接で、お店からの印象を良くするためにアピールして欲しいポイントについてご紹介しますので是非参考にしてください!

風俗店は「エッチなことが好き」という女の子を採用したい!

ふう子も含めて、風俗店で働く女の子たちの一番の目的はお金でしょう。お金を効率よく稼げるお仕事として、風俗業界を選んでいることだと思います。

 

まず風俗店の面接で履歴書がいらないことからもお分かりのように、お店側は最初からできるだけたくさんの女の子を採用したいと考えています。

 

当然礼儀や身だしなみなどの一般常識をクリアできていない女の子は、いかに風俗店であっても採用されることはありませんが、お店としてはできるだけエロいプレイができて、お客様に愛される女の子を獲得したいと思っています。

 

そのため、エッチなことが好きな女の子は大歓迎というわけです。

 

つまり、風俗店で働く一番の目的がお金であっても、面接では「自分はエッチなことが好きでこのお仕事を選んだ」ということをアピールしておけば、それだけで印象がグッと良くなります。

エロいプレイとは一体どんなプレイのこと?

風俗バイト初心者の女の子であれば特に「エロいプレイってどんなプレイのこと?」と疑問に思う人も多いですよね。

 

エロいプレイというのは簡単に言うと、女の子側も積極的に楽しんでいるプレイのことです。お客様を気持ち良くさせるのが一番の目的ではあるのですが、同時に女の子も性的サービスを含む接客を楽しんでいると分かれば、お客様の気分も良いですし「この子エロいな」と好意的に見てくれるようになります。

 

もちろん自分ばかりが楽しんでいてはダメですが、「お客様を楽しませることを楽しんでいる」と思ってもらえるような接客を心掛けてみてください。

 

また、本当にエッチなことが好きで風俗店でのお仕事を選んだという女の子の接客は、やはりどこかエロくて理想的なプレイになることが多いです。テクニックももちろん大事ですが、それ以前に女の子側も楽しんでいるかどうかということはお客様にも伝わりやすいようです。

本当にエッチなことが好きである必要はない?

とは言っても、本当にエッチなことが好きでなければ風俗店で働けないということではありません。

 

仮にエッチなことがそこまで好きではなくても、面接でアピールするのは決して悪いことではないとふう子は思います。いわゆる嘘も方便というやつです。

 

ただ、面接だけではなくて接客においても「エッチなことが好き」とアピールするためには、できるだけエロい雰囲気のプレイをする必要があります。言葉で説明するだけでは説得力が足りません。

 

この点については、風俗のお仕事を続けていくうちに少しずつエロい雰囲気のプレイができるようになっていけば良いだけのことなので、まずは面接のときに「エッチなことが好き」とアピールするようにしてみてください。

 

同じ採用されるとしても、できるだけお店のスタッフからの印象を良くしておくに越したことはないですよね。

PAGE TOP