風俗店の面接に持っていく身分証について

風俗で働くときは必ず身分証の提出を求めれれます。お店側も18歳未満の女の子(ミテコ)を雇用してしまうと、営業停止処分と刑事処分を受けてしまうからです。

 

風俗店は従業員名簿と一緒にそのお店で働いてる女の子の身分証のコピーを3年間保管しなければいけません。これは法律で義務付けされてることです。

 

身分証の提出は法律で決まっており、もし身分証がいらないお店はその時点で違法な風俗店なので、そのようなお店で働いてしまうと摘発されるリスクが増えます。

 

もし身分証の提出やコピーをとられることに抵抗があるなら、風俗バイトはやめておいた方が無難です。

 

では、ここからは身分証に関して、ふう子がよく質問される内容について書いていきたいと思います。

絶対に身分証を出さないとダメなの?

風俗店に身分証を提出すると、悪用されそうで怖いという気持ちはよく分かります。風俗店側に自分の住所や本籍地などを知られたくないのが普通ですが、現在では身分証がないと、そもそも風俗バイトをすることができません。

 

お店側が身分証を確認するのは、あなたが未成年ではないというのを知りたいだけです。通常は「転免許証+住民票」を持っていけば大丈夫です。ちなみに学生証はNGになります。

 

どうしても身分証を出したくないのなら、本デリ・援デリ・DCとかなら身分証がなくても働くことはできますが、違法な風俗店になるので当然ながらふう子はオススメしません。

 

違法店の場合、普通の風俗店のように何かあったときも守ってくれず、いつ警察の摘発が入るのかビクビクしながら働くことになります。ちなみに違法な風俗店は約3年前後で摘発されることが多いそうです。

 

当サイトで紹介してる風俗求人サイトなら、きちんと審査をした上、営業許可書のある風俗店しか掲載していないので、まず身分証を悪用されることはないでしょう。

 

お店側も警察に捕まるリスクを起こしてまで、果たしてそのようなことをするでしょうか。風俗と聞くとマイナス面ばかり思い浮かべてしまう方もいるかもしれませんが、営業許可書のある風俗店ならしっかりと運営されてるお店がほとんどです。

 

もし気になってる風俗店があるのなら、まずはお店に問い合わせをして、実際に面接を受けてみることから始めてみましょう。

身分証のコピーは辞めるときに返してもらえるの?

デリヘルやファッションヘルスなどの面接に行くと、大抵そのまま体験入店することになると思います。そのときに普通は身分証のコピーを取られることになります。

 

実は風営法で、女の子が働き始めてから3年間、身分証のコピーを保管しておく義務が定められてます。そのため、退店したときに身分証のコピーを返してもらうことはできません。

 

もし1日だけ体験入店してみて、話が違ったり、雰囲気が合わなかったりしてそのお店で働くことをやめても身分証のコピーは返してもらえません。法律で体験入店した日から3年間の保管義務が発生するからです。

 

ちなみに身分証のコピーは警察官に求められた場合に提示する義務はありますが、提出する義務はありません。

 

もし体験入店のときにどうしても身分証のコピーを取られたくない方は、免許証や住民票の身分証を見せるだけ見せて、コピーは本入店するときに渡すと言ってみてください。もしかしたらお店によっては応じてくれるかもしれません。

本籍付きの住民票が必要な理由

面接時に本籍付きの住民票がいるのは、風営法で国籍の確認をすることが決まっているからです。以前は住民票は、日本国籍を持っている者にしか発行されませんでしたが、2012年7月に外国人も住民登録することができるようになり、住民票が発行されるようになりました。

 

そのため、あなたが日本国籍を有しているのを確認するために、本籍付きの住民票が必要になりました。本籍地記載の住民票はお近くの区役所や市役所で取得できます。

 

また、今では免許証もICカード化されて本籍地の記載が無くなったため、本籍付きの住民票やパスポートが必要になりました。面倒だと思うかもしれませんが、必ず有効期限内のパスポートか最新の日付けで取得した住民票を用意しましょう。

 

もし住民票の提出を求められない風俗店は、風営法の認可を受けていないお店の可能性があるので注意が必要です。国籍を確認しない風俗店は違法なお店であることが多く、逆に本籍地の確認が必要なお店はしっかりしたお店だと言えます。

 

ちなみに1年に1回とか更新する形で住民票を持っていかないとダメなのか、疑問に思う方もいると思います。

 

ふう子の場合は、入店時に1回提出したらその後は何も言われてません。もし気になる方がいましたらお店の方に確認してみましょう。

 

また、風俗店によっては住民票の現物を預かるお店もあります。住民票のコピーで大丈夫なお店がほとんどですが、中にはこのようなお店もあることを覚えおきましょう。

年齢確認できるものを持ってないけど働けますか?

もし年齢確認できる身分証を出せないなら、風俗どころか夜のお仕事自体することができません。

 

働けるとしても違法な風俗店だけになるので、まず身分証を用意してから面接に行きましょう。最近では本籍地の入った身分証明書も必要な店舗も多いです。

 

しっかりとした風俗店なら、18歳以下の女の子が他人の保険証などを借りてきて働きに来ないように、必ず写真付きの身分証で年齢確認をしてるはずです。もし警察のガサ入れが入れば、お客さんやそのお店で働いてる風俗嬢にも迷惑がかかることになるからです。

18歳未満の未成年でも働けますか?

当然ですが、18歳未満の女の子は風俗で働くことができません。もし年齢を偽って働こうと思ってる方は、危険過ぎるので18歳になるまで待ちましょう。

 

もしあなたが年齢を偽って働いたことにより、お店が摘発された場合は、あなたが損害を弁償しなくてはいけません。未成年の場合、当然その損害を支払うのは両親になります。両親に風俗で働いてたことを知られる上に、損害も賠償しなくてはならないので必ずトラブルの元になります。

 

中にはこのような未成年を利用して、実際には稼働していない風俗店を潰し、親からお金を取るためにわざと未成年を採用してる悪質な風俗店もあります。お店側はすぐに別名義の風俗店を作れば良いだけなのでダメージもありません。

 

そもそも、写真付きの身分証なしで雇うお店は風俗の営業許可を取得していない違法な風俗店です。最近では未成年者の売春などに関しても厳しくなってるので、摘発にあったときは前科を覚悟しなければなりません。このページを読んでくれてるあなたは決して甘く考えないでくださいね。

PAGE TOP