ふう子のデリヘル講習体験談

風俗店の講習と言っても、業種や店舗ごとによって講習内容が全く違います。そもそも最近では、講習自体を行わないお店も増えています。

 

でも、まだ風俗で働いたことのない女の子はどのように講習が行われてるのか気になってることだと思います。

 

そこでこのページでは、ふう子が現在働いてるデリヘルの講習内容を紹介していきたいと思います。実際にふう子自身が受けた講習の体験談を書いていくので、これからデリヘルで働いてみたい女の子の参考になるはずです。

 

なお、ふう子の働いてるデリヘルでは、お客さんから女の子に関する問い合わせを受けた際に、電話番でもある店長が女の子の体型やプレイ内容についてちゃんと知っておかなければ、女の子を的確にアピールすることはできないという考えなので、新人の女の子に対して店長自らが講習を行っています。

デリヘルの講習内容

ふう子が働いてるデリヘルの講習は、まず、お客さんが待つホテルの部屋に女の子が入る際、お客さんと自分の靴を揃えることから指導されます。

 

その後、お客さんへの挨拶、料金表の見せ方とシステムの紹介、本番禁止などの注意事項の伝達の仕方、そして受け取ったお金の取り扱い方などと続きます。

 

まだ風俗で働いたことのない方なら「お金の取り扱い方まで?」と思われるかもしれませんが、実は、女の子の隙を見て一度支払ったお金を盗んでしまう質の悪いお客さんがたまにいるのです。

 

店舗型の風俗店なら、お客さんは受付で料金を支払いますが、デリヘルでは女の子が直接お客さんからお金を受け取ります。

 

そのため、ふう子が働いてるデリヘルではお客さんから受け取った現金を料金表のパウチに挟み、テーブルの上の目立つ場所に置き、帰るときに回収するよう指導しています。

 

財布やカバンの中など、誰にも見えないところにお金を置くからトラブルになるのであり、お客さんからも女の子からも見えるところにお金があれば、逆にお客さんはお金を盗みづらいし、盗ろうとすれば女の子もすぐ気がつくという訳です。

 

その後はお客さんの風呂場への誘導の仕方、うがいのさせ方、体の洗い方、入浴時のお客さんとの密着姿勢の取り方、体の拭き方、そして、ベッドでのプレイの説明へと入ります。

 

具体的にはキス、全身リップ(お客さんの全身を舐める)、手コキ、フェラチオ、そして素股のやり方を学びます。

 

一言でフェラチオと言っても勃たせるフェラチオ、気持ちよくするフェラチオ、イカせるフェラチオではそのやり方が微妙に違うのをご存知ですか?

 

多くのデリヘルでは講習をせず、「彼氏相手にやっているのと同じでいいから」と説明するのみで肝心なことは教えていませんが、そもそもプライベートのセックスでは、多くの女の子は彼氏をフェラチオだけでイカせようとしたことはないのではないでしょうか。

 

また、素股については講習がなければ、何をどうしてよいのか分からない女の子がほとんどだと思います。

 

ふう子が働いてるデリヘルの素股の講習では、どの体位であっても、ペニスを女の子の肌と手で挟んでピストンするよう指導を徹底しています。

 

実はこの「手」の存在が重要で、手があることで、お客さんが間違ったふりをして挿入してくるのを阻止することができるのです。素股の技術などを身につけておくことは、安易な本番を防止することにも繋がります。

 

それが終わると、プレイ後のシャワー、うがい、テーブル上のお金を回収してホテルを出るところまでをキッチリ教え込まれ、最後に理解しているかどうかをチェックするため、一通り口頭で再度確認することになります。

更なるレベルアップを目指して

講習で学んだことを実践するだけでも最低限の接客はできますが、ここから本指名に繋げていくには女の子自身の努力や工夫が必要です。

 

最近ではサービスレベルの向上を目指し、講習をプロの誰習師に依頼してるお店もあります。

 

プロの講習師とは、外部からお店へ出向いて女の子に技術を教えたり、出稽古を希望する女の子を受け入れる人のことを指します。その多くは風俗を引退した女性ですが、現役の風俗嬢をしながら講習活動を続けている場合もあります。

 

実はふう子も定期的にプロの誰習師の指導を受けたり、風俗嬢向けの講習ビデオを見返したりして、今でも更なるレベルアップを目指して頑張っています。

 

最近の風俗業界では素人っぽい女の子がお客さんに好まれると言っても、やはり何の知識も技術も持たない女の子はすぐに稼げなくなってしまいます。そのため、日頃からこうした努力をすることが重要だと考えています。

PAGE TOP