悪質な風俗店で行われている「すげ替え」ってどんな手口?

風俗店の客寄せのテクニックに「すげ替え」や「チェンジ」と言われる手法があります。

 

悪質な風俗店でよく行われている手法ですが、過去にお店に在籍していた女の子の写真を勝手に使うことがあるので、私たち風俗嬢にとっても迷惑な話です。

 

今回はそんな悪質な手口について詳しくご紹介していきます!

すげ替えの具体的な手法について

すげ替えやチェンジとは、お客様がインターネットの広告や雑誌の名鑑に出ている女の子を予約して、直前の電話確認もしているのに、いざお店に行ったら「その子は急病で今日は帰ってしまいました」と言われ、別の女の子をつけられてしまうことです。

 

もちろん本当に急病ということもありますが、実際にはその女の子が在籍していないにも関わらず、インターネットや雑誌の広告に写真を載せているケースがあります。

 

そして、女の子がまだ帰っていなかったとしても、予約を二重、三重にとって、別の女の子にお客様を振り分けるということも行われています。

 

中には、「だったらいいよ」と怒って帰るお客様もいますが、気が弱かったり、いまさら勃起したおちんちんを持ち帰るわけにもいかないお客様はお店の言いなりになってしまうことが多いです。

 

今でも一部の風俗店でこのようなことが行われているのは、同じ風俗業界で働く者としてはとても残念なことです。

他にはどんな手法が行われているの?

風俗業界では、以下のような手口も実際によく行われています。

 

お客様から問い合わせの電話があったときやお目当ての女の子を目的に来店したお客様がいたときに、「その子は辞めてしまいました」と断った上で、すかさず「他にもいい子がおりますよ」とか「彼女に似たタイプの新人が入りましたよ」と営業して興味を持たせることがあります。

 

お店側からしたら、5人に1人でもお客様を捕まえることができればこっちのものというわけです。

 

また、店頭に辞めた女の子の写真を出し続けながら、指名したお客様がいると、「今日はお休みです。この子は出勤が安定しないので、また暇なときに寄ってみてください」と言って気をもたせ続けるというのも悪質な風俗店がよくやる手です。

お客様は違う女の子が来たときは断ることもできる!

実はすげ替えが行われた場合、お客様は店頭で説明を受けている段階で断ることもできます。

 

そのため、すげ替えは「好ましくない」くらいのことは言えても、「悪質」とまでは一概に言えないところもあるのが現状です。

 

しかし、いまだにすげ替えをやっているお店の広告や記事を載せている雑誌も多く、すげ替えを行うためにとっくに辞めて在籍していない女の子の写真を広告に出し続けている風俗店もあります。

 

現在の風俗業界は悪質なお店を排除する方向にありますが、どう考えてもすげ替えは悪質なので、ふう子はこのようなことを行っているお店は風俗情報誌などからいち早く排除すべきだと思っています。

 

わざわざ予約を入れてお店まで行ったのに、指名していた女の子とは違う女の子が出てきたとなればボッタクリ店と同じ手口ですよね。

人気AV女優をお店の看板に使うケース

もしお店を辞めた女の子が勝手に写真を使われていることにクレームをつけたり、雑誌に載せないでくれと依頼することがあったときは、お店側はその辞めた女の子の写真をそれ以降は使い続けることができません。

 

当たり前と言えば当たり前のことですよね。

 

そこで、きちんとギャラを払って写真を撮らせてもらう手も使われます。

人気AV女優をお店の看板に使うケースがこれです。

 

実際問題として、その人気AV女優が本当にそのお店に出勤しているかどうかをお客様が確かめることは難しいです。

 

仮に二ヶ月に一回しか出勤していなくても、在籍しているのは嘘ではなく、アリバイ的にたまにお店に出させることもあります。

 

こうなるとすげ替えを露骨にしているわけでもないので、お客様としても文句をつけにくいのが実情です。

PAGE TOP